1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

アルケスティス前編[エウリピデス作]愛する人のために死ねますか?

あなたは、愛する人のために死ねますか?
アポロン神はアドメトスへのお礼として、アドメトスが死ぬ時、誰かが身代わりになれば本人は生きながらえるようにしました。
しかし、実の老いた両親をはじめ、親しい誰もが身代わりになろうとはしなかった。そんな中で、妻アルケスティスが身代わりを申し出ました。
そして、今日この日、アルケスティスは死ぬ運命なのです。

アドメトスとアルケスティス(ポンペイ壁画)
〈アドメトスとアルケスティス(ポンペイ壁画)〉

アポロンと死の神

(テッサリアのペライ市、領主アドメトスの館の門前、右高台にアポロン神)

アポロン
我はアポロン神。今日のことは、息子のアスクレピオスが死者を生き返らせたことが発端であった。冥界の王ハデスが父神ゼウスに苦情を言いにきたのだ。

「誰であろうと、死人を生き返らせては私の面目が立たない」

ゼウスはハデスの要望を受け入れ、雷火を落とし息子アスクレピオスを殺してしまった。私は怒り、雷火を作ったキュクロぺス(単眼鬼)をやっつけてしまった。その罰として、人間の使用人として1年間、このアドメトスの館で過ごすこととなった。

そのお礼として、運命の女神モイライをなだめすかし、アドメトスが死ぬ時、誰かが身代わりになれば本人は生きながらえる、としたのだ。しかし、アドメトスの実の老いた両親をはじめ、親しい誰もが身代わりになろうとはしなかった。

そんな中、アドメトスの妻アルケスティスが身代わりを申し出た。そして、今日この日、アルケスティスは死を迎える運命なのだ。おや、死の神がやってきた。

(死の神登場)

死の神
アポロンさん、アドメトスの寿命を運命の女神をだまくらかして変えただけでなく、その細君アルケスティスの運命をも変えようとなさるのですか?
アポロン
安心しろ、そんなつもりはない。黄泉の国に連れて行けばいいさ。
しかし、アルケスティスを生かすわけにはいかないかね。神々に感謝されるよ。
死の神
若くて死んだ人の魂は、立派な褒美ってもんさ。
アポロン
今のうちに僕の頼みを聞いてくれれば、僕や神々に嫌われることがないのにね。いずれここにやってくる者がアドメトスのもてなしを受け、君の手から細君を奪い取るだろうよ。
死の神
何を言ってもムダさ。これから、あの女アルケスティスのところに行って、死の儀式、髪の毛をこの剣で切れば、冥界の神への供物と定るのさ。

(アポロン、死の神退場)

コロス(町の長老たち)、館の侍女に状況を問う。

(コロス:町の長老たちが、門前に集まってくる)

コロス
やけに静まりかえっている。
確かに、今日がその日、奥方が黄泉の国へ行かれるはず。
奥方アルケスティス様はもう亡くなられたのであろうか。
館の前には、清めの水が入った器も見えぬ。
習わしの亡き人を悼む髪の毛も見当たらぬ。

※こめかみの垂髪を切るのが服喪のしるし。その髪の毛を死者の墓前に捧げます。

(館より一人の侍女登場)

コロス
まだ、奥方は生きておいでなのか。もはやお亡くなりになったのか。教えて欲しい。

侍女
どちらとも申し上がられません。

コロス
奇怪なことを言う。どういうことだ。

侍女
今が、その息をひきとる瀬戸際なのです。
奥方様がなさったことを、聞いたら驚きでしょう。

まず河へ出て行かれると、真っ白な肌をお清めになり、身なりをお整えになりました。家にある女神ヘカテーの祭壇とすべての社にお祈りあそばされました。

「女神さま、私はこれから黄泉の国に行きますので、これが最後のお願いです。どうか、親を亡くした子供たちが、このテッサリアで楽しい一生を過ごせますように」

涙を流すことも、お嘆きになることもありませんでした。しかし、居間から寝室に入るとわっと泣き伏したのでございます。
「この閨(ねや)は、私が良人に処女を捧げたところ、今、夫の身代わりとなり死んでいく。さようなら。きっと、誰か幸せな女がここにはやってくるのだろう」

寝室と居間に何度も行ったり来たり、しばらくは気が抜けてぼんやりしてらして......。それから、泣いているお子様を抱きあげて、別れを告げられます。私たち侍女も、もらい泣きしてしまいました。そんな私たち一人ひとりに手を差し伸べられ、優しい声をかけてくださいました。

コロス
さぞかし、アドメトス様もお嘆きになっていらっしゃることでしょう。

侍女
もちろんです。奥様を優しく抱きかかえて「捨てていってくれるな」と無理をおっしゃって。奥様の息はだんだん細くなり、旦那様の手にも重みが増していきます。それでも、旦那様はまだ望みを捨て切れません。
では、皆様がおいでになったことをお知らせしてきます。

(侍女、退場)

コロス
ああ、ゼウス様、何かこの不幸から抜け出す道がないものでしょうか。
おお、医師の神様、救いの方法を見つけてくだされ。
あれ、奥方と殿様が館から出てこられる。

黄泉の国の渡守カロン
ギュスターブ・ドレ〈黄泉の国の渡守カロン〉

ぐったりしたアルケスティスと嘆くアドメトス

(アルケスティス、侍女に助けられて登場。夫アドメトスと二人の子供もその後から登場)

アルケスティス
見えますわ、黄泉の国の渡守カロンの姿が、私を呼んでます。
「何をぐずぐずしている、早くしろ、お前のために船出が遅れる」
もうすぐです、私を死神が連れて行きます......

アドメトス
ああ、私たちは不幸せな、何という目にあうのか。

アルケスティス
離して、もう足に力がないので、寝かしておくれ。
私の子供たち、元気よくこの世で暮らして、母はもういなくなるのです。

アドメトス
ああ、何という悲しいことを。どうか、お願いだ。私を見捨てないでおくれ。お前の愛こそ、私らの宝、命なのだから。

アルケスティス
アドメトス様、私はあなた様の身代わりで死んでいきます。
それなのに、あなたのお父上もお母上もあなたを見捨てました。息子を助けて、立派に死んで名誉を残してもいいお歳なのに。あなたは一人息子、亡くなったとしたら、もう子をもうける望みはありませんのに。

アドメトス様、お願いです。子供らを愛おしく思うなら、この子を後継にしてくださいませ。後添えはもらいませぬように。後添えは、前妻の子供たちを憎んで殺そうとするのが世の常。

アドメトス
そなたの言うとおりにする。そなた以上の妻は、国中を探してもおらぬ。喪に服するのは30日から1年にしたが、私は生きている限り喪に服する。それも、口先ばかりの愛しか示せない両親を憎み続けながらだ。

それから、ありし日のそなたの像を作り、寝室にそっと寝かしておこう。さすれな、そなたの夢を見よう。たとえ夢であっても、私には、楽しいひと時だ。

私にオルフェウスの竪琴の力があれば、黄泉の国の王ハデスと妃ペルセポネーの心をまどわせ、そなたを連れ戻せよう。黄泉の国の番犬ケルベロスも、河の渡守カロンさえ、そなたを地上に帰らせるのを邪魔しないであろう。
また、私が死んだら、そなたと同じ棺に入る。そなたも、冥界で私を待っていてくれ。そなたといつも一緒にいたいと思っている。

アルケスティス
子供たちよ、お父様のお言葉をお聞きでしょう。新しい母は娶らず、私に恥をかかせないとおっしゃったことを。

アドメトス
いかにもその通りと宣言しておく。

アルケスティス
では、子供たちをお受け取りください。
もう、まぶたが重くなってきました。暗闇が......

アドメトス
連れて行ってくれ、私も一緒に黄泉の国へ連れて行ってくれ。

アルケスティス
私だけで十分です。あなたの代わりに死んでいく......

(アルケスティス、死す)

前のページへ 次のページへ