1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

コロノスのオイディプス 中編[ソポクレス作]

オイディプスの娘たち
〈オイディプスの娘たち〉

アンティゴネの妹イスメネ、登場

イスメネ
お父様、お姉様、やっとお二人を見つけましたが、涙でよく見えませぬ。
オイディプス
我が子よ、わが兄妹よ。
お前の血を分けた二人の若者はどこで何をしているのだ。

※オイディプスとイスメネ(アンティゴネも)は、親子であり、兄妹なのです。
※二人の若者とは、オイディプスの子でポリュネイケスとエテオクレスのこと

オイディプス
おれがテーバイから追い出された時、イスメネよ、この身に関する神のお告げを知らせてくれた。今度は、何を父に知らせに来たのだ?
イスメネ
「死んでも、生きていても、テーバイの民たちは、幸福のために、お父様をを求めるであろう」とのご神託です。
オイディプス
しかし、おれのような人間がなんの役に立つというのだ。
イスメネ
今こそ、神はお父様を立たせようとなさっています。お父様のお墓をお守りせねば、兄弟には恐ろしいことが起こりまする。兄たちどちらもご自分の近くにお父様をおきたいと願っているのです。その件で、叔父クレオン様がこちらに向かっています。
なぜなら、お父様の後はクレオン様が王位をついでいましたが、今や弟エテオクレスが兄ポリュネイケスを追い出し、王座についています。兄はアルゴス王アドラストスの娘と結婚し、反逆のため仲間を集めています。
オイディプス
それでは、おれをテーバイの地に葬ってくれるというのか?
イスメネ
いいえ、流された血縁の血はそれを許しませぬ。だから、テーバイの城壁の外がお父様のいる場所になってしまいます。
オイディプス
何、それでは、けっしておれを二人の兄弟の自由にはさせぬ。
イスメネ
それでは、お父様のお怒りはテーバイの住民の禍いとなりましょう。
オイディプス
それでは、おれが国を追われる時、止めようとしなかった二人の兄弟には破滅が訪れることを。
おれはその時に死を望んでいたのだ。けっして国を追われることを自ら望んだのではなかった。死んでいれば、諸国を放浪することもなかったのだ。兄弟は父のことより、王笏を選んだのだな。
この街の老人たち(コロス)よ、もしおれを助けてくれるならば、この国は大いなる救済者を得ることになろう。
コロス
気の毒なオイディプス。そして、娘さんたち。今は、女神たちへの祓いの儀を行うが良い。

(コロスが教える祓いの儀を、オイディプスの代わりにイスメネが行い、アンティゴネは父のそばに。
それから、オイディプスはコロスの求めるままに、自らの禍い(望んだことではない父の殺害、母との密通)を話します。

アテナイの王テセウス、登場

テセウス
不運なオイディプスよ。何をこの国に、私に求めて来られた。
オイディプス
今はみすぼらしいが、この体を与えるために来たのだ。あなたの国に利益をもたらすために。
テセウス
どんな利益をもたらすと言うのか。
オイディプス
おれが世を去り、この体を葬ってくれる時に。今は、詳しくはまだ言えぬ......。
コロス
王よ、このお人は前からこのような約束を果たすつもりだと言っている。
テセウス
ならば、この人をこの国に受け入れよう。お前たちにこの人の守護を命じよう。あるいは、この私と一緒に来たいならばそうしても構わないが。
オイディプス
許されるなら、ここがおれのいる場所だ。
テセウス
ここでどうされるつもりか。
オイディプス
おれの息子たちがおれを連れにやってくる。それを恐れている。あなたにいてもらいたいが。
テセウス
何人もあなたをここから連れ出すことはさせない。私がいなくても、禍いからあなたを守ってくれるだろう。
(テセウス、退場)

クレオン、従者と登場

クレオン
この土地の人々(コロス)よ、私を恐れることはない。私はオイディプスの血縁だから、テーバイの国中の民に連れ戻すよう言われているのだ。不幸なオイディプスよ、あなたに付いている一人の娘(アンッティゴネ)は、物乞いに、夫もなく不幸せに陥っている。
オイディプス
クレオン、いまさら何を言うか。お前の魂胆はわかっている。俺をテーバイの国境に住まわせ、テーバイがこのアテナイからの禍いから逃れようとしているだ。その望みは与えられぬ。いや、これがお前の運命だ。永劫にテーバイに取り付くおれの呪いだ。
され、私がこの地に住まうのを邪魔立てするな。
クレオン
その返答は、いつかおまえに痛い目として帰ってくるぞ。二人の娘のうち一人(イスメネ)はさっき引っ捕えて送り出した。もう一人(アンティゴネ)も、今連れて行くことになる。
オイディプス
おお、町の人々よ、俺を見捨てようとするのか、この瀆神の輩をこの地から追い払おうとはしないのか。
コロス
立ち去れ、他所者よ。お前が今していることも、前にしたことも不正な行いだ。
クレオン(従者たちに)
何をぐずぐずしている。早く、この娘を連れて行け。
コロス
他所者め、何をする。娘を離さぬか。お〜い、みんな来てくれ。わしらの国が暴力で犯されている。
オイディプス
わが子よ、どこにいるのだ?
アンティゴネ
無理やり連れて行かれそうです、ああどうしよう。
オイディプス
娘よ、手をつかめ。
(従者に連れられアンティゴネ、退場。クレオンも捨て台詞を言いつつ退場しようとするが)

コロス
待て、他所者。
クレオン
おれに手を出すな。
コロス
娘二人を取られたからには、お前を返すことはできぬ。
クレオン
ならば、オイディプスも連れて行け。

前のページへ 次のページへ

【ギリシャ悲劇関連記事】