1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

テーバイ攻めの7将 後編[アイスキュロス作]

ついに決着。エテオクレスとポリュネイケス両者は死亡。父オイディプスの呪詛が成就。ライオス、オイディプス、エテオクレスとポリュネイケスの三代は不幸の連続です。
アンティゴネとイスメネはまだ生きていますが、ポリュネイケスの埋葬をテーバイ市は許しません。その悲劇は『アンティゴネ』へと続きます。果たして、二人の姉妹の運命はどうなっているのでしょうか?

ポリュネイケスを弔うアンティゴネ
ニキフォロス・リトラス〈ポリュネイケスを弔うアンティゴネ〉

テーバイ攻めの7将、戦いの結果

コロス:町の乙女たち)

コロス
三代までもつづいている
この争いはお子たちの破滅でございます。
父オイディプスの呪い、その復讐の女神が
怒りの呪誼を果たしはせぬかと。

オイディプスの父ライオス様が三度まで
『国を救うつもりならば、子なくして世を去らねばならぬ』
と宣べられたアポロン様に逆らって、
おのれの勝手な欲望に負けて、イオカステ様と
オイディプスをもうけたことがすべての原因でした。

(使者、登場)

使者
町の娘たち、ご心配なさるな。この町は、負けずに済みました。
城壁が、守ってくれました。我らの頼もしい将たちが守ってくれました。
6つの門は上々でしたが、第7の門だけはアポロン様が、ご兄弟を懲らしめました。
コロスの長
おお、聞かなくても、私たちにはその不幸がわかります。
使者
町は救われましたが、ご兄弟エテオクレス王とポリュネイケスは父の呪詛にたおれました。

コロス
おお、大いなるゼウス様、テーバイの守護の神様、
この町をお守りくださいました将たち
喜びに、に勝どきをあげましょうか?

それとも、悲しいご不運なご兄弟を歎きましょうか?

一族にからまるオイディプスの呪い!
冷たい痛みがわたくしたちの胸を貫きます。
不幸にも血だらけの骸となって、死んで行かれたことを聞いて。

(エテオクレスとポリュネイケスの死体、運ばれてくる)

コロス
ご兄弟に歎きの歌を唱えるために、
ほれ、あそこに悲しみを湛えた表情の、
アンティゴネとイスメネ様が見えまする、

(アンティゴネとイスメネ、登場)

アンティゴネとイスメネ、登場

アンティゴネ
おお、この苦しみ。
イスメネ
おお、この禍い。
アンティゴネ
おお、人の中でも一番の悲しいお二人!
イスメネ
おお、狂愚につかれた私たちの兄たち!
アンティゴネ
おお、どこの地にお二人を葬りましょうか?
イスメネ
いちばん大事にされるところに。
アンティゴネ
おお、父上のお側に眠る悲しみとなりましょう。

(布告使、登場)

弟エテオクレスは国葬、兄ポリュネイケスは鳥葬

布告使
このテーバイの町民の意見と評決とを布告するのがわたしの役目。
これにあるエテオクレス殿は、国に対する忠誠ゆえに、この地に手厚く葬ることにあいなった。敵を憎み、この国での死を選び、父祖の神殿をけがすことなく、名誉の死に場所で死なれたからだ。

だが、ご兄弟のポリュネイケスの骸は葬らず、犬の餌食にほうり出すときまった。この男がよその国の軍勢を率いて、この国を取ろうとしたからだ。テーバイの神々への汚れは死んでも消えぬであろう。それゆえ、この者は鳥葬の礼に、恥さらしの報いを受け、いかなる手もその身に土をかけてはあいならぬ。歎きで礼もつくさず、近親者の野辺の送りの礼も許さぬ。これがこのテーバイの支配者の取り決めだ。

アンティゴネ
フレデリック・レイトン〈アンティゴネ〉

アンティゴネ
これが、わたくしの支配者たちへの言葉です。誰一人ほかに一緒に兄ポリュネイケスを葬ってくれる者がなくとも、わたくしは葬ります。どんなに危い目にあっても構いませぬ。国命に背いても、恥とも思いませぬ。
お気の毒な母上、ご不幸な父上、そこから生れ出たわたくしたちの同じ腹の絆は不思議なもの。ポリュネイケスの埋葬とお墓は、女であってもこのわたくしが、亜麻の衣の懐に土を運んでも、造ってみせます。誰にも反対はさせません。
布告使
国の布告をないがしろになさらぬよう。
アンティゴネ
無慈悲な布告を、わたしに押し付けないで下さい。
布告使
破滅を遁れたばかりの民衆は厳しく、ポリュネイケスに対して無慈悲でございますぞ。
アンティゴネ
無慈悲でも構いません。きっと葬ってみせます。
布告使
それでは、国が憎む男に葬礼の誉れを与えようとするのだな?
アンティゴネ
兄はひどい仕打ちをうけて、ひどい仕返しをしただけのこと。
布告使
とはいえ、一人の代りにテーバイ人に仕返ししようとした。
アンティゴネ
復讐の女神は、最後にロを閉じまする。わたしはこの人を葬ります。
布告使
よろしい、お好きなようになさるがよい。ですが、おれは「ならぬ」とはっきり申しましたぞ。

コロス
(エテオクレスの死骸に)
あなたには、きっと、大勢の歎いてくれる人がありましょう。
しかし、哀れなポリュネイケス、
たった一人の妹の挽歌の声に送られて、
黄泉の国へお立ちになりましょう。

ポリュネイケスを歎く者を、お上が仕置きしようとしまいと、
わたくしたちは野辺の送りに従いましょう。
これはわれらテーバイ一族の悲しみ、
それにお国の決定事項は、その時によって正義が変わますから。

【ギリシャ悲劇関連記事】