1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

オデュッセイア

トロイア戦争後、オデュッセウスの帰郷の際の10年間の数々の冒険と、帰ってからの妻ペネロペイアへの求婚者を殺すまでを歌ったホメロスの叙事詩。

【第5歌】前編:オデュッセウス、カリュプソ島からの船出

【第5歌】前編:オデュッセウス、カリュプソ島からの船出

オデュッセウスの帰国がかなうという、我らの決定をカリュプソに伝えよ。それは、神も人も手をかさぬ帰国でなければならぬ。筏に乗って20日間の苦難の末に...
(2016.09.16)全文へ
【第5歌】後編:オデュッセウス、カリュプソ島からの船出

【第5歌】後編:オデュッセウス、カリュプソ島からの船出

ポセイドーンの怒り「え〜い、なんたることだ!わしがアイティオペス人の国へ行っている間に、オデュッセウスめについて、神々は考えを変えたらしい」
(2016.09.24)全文へ
【第6歌】前編:オデュッセウスを助けるナウシカア

【第6歌】前編:オデュッセウスを助けるナウシカア

オデュッセウスを見ると、女中はみんな馬車の陰に隠れました。が、ナウシカアだけは逃げなかったのです。それも女神アテネが王女に勇気を吹き込んだからです。
(2016.09.25)全文へ
【 第6歌】後編:オデュッセウスを町へ案内するナウシカア

【 第6歌】後編:オデュッセウスを町へ案内するナウシカア

「この方がわたしの国に住み、私の夫と呼ばれたら、どんなにかよいでしょう」とナウシカア。オデュッセウスの帰国を助けるアドバイスをしつつ、町のそばまで彼を案内します。
(2016.09.26)全文へ
【第7歌】オデュッセウス、アウキノウス王と対面

【第7歌】オデュッセウス、アウキノウス王と対面

オデュッセウスは周りの人々を通り越して、アルキノオス王と妃アレテの近くまで来ました。かがんで、アレテの膝に手をかけると神秘の霧は消え、オデュッセウスの姿が現れました。
(2016.09.27)全文へ
【第8歌】前編:オデュッセウス、トロイア物語に落涙

【第8歌】前編:オデュッセウス、トロイア物語に落涙

楽人がトロイアの物語を歌うと、オデュッセウスは顔を着物で隠し、涙を流します。誰にも気づかれることはありません。が、アルキノオス王だけはそれに気付きます。
(2016.09.29)全文へ
【第8歌】後編:オデュッセウス、トロイア木馬物語に落涙

【第8歌】後編:オデュッセウス、トロイア木馬物語に落涙

オデュッセウスは楽人デモドコスに所望します「今度は趣を変えて木馬の場面、オデュッセウスが将兵を腹に潜ませ、のちにトロイアが陥落した話を歌ってはくれぬか」
(2016.09.30)全文へ
【第9歌】前編:キュクロプス(ポリュペモス)

【第9歌】前編:キュクロプス(ポリュペモス)

オデュッセウスはこの洞窟の主を一目見たかったので、部下の意見を取りあげません。この主が、部下にとってとんでもない疫病神になろうとは思いもしませんでした。
(2016.10.01)全文へ
【第9歌】後編:キュクロプス(ポリュペモス)

【第9歌】後編:キュクロプス(ポリュペモス)

キュクロプスの頭に登っていくと、眼球に錐のように回しながらつき刺しました。主は身の毛もよだつ大きな悲鳴を上げて、仲間たちを呼びよせました。
(2016.10.04)全文へ
【第10歌】前編:魔女キルケ

【第10歌】前編:魔女キルケ

オデュッセウス一行はテレピュロスの町を離れ、やっとの思いでたどりついたのが魔女キルケの住むアイアイエの島。キルケは、魔女メーデイアの従妹です。
(2016.10.15)全文へ

一望百景