1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈絵画で分かりやすい旧約聖書・新約聖書

ペネロペイアの独白 その2

オデュッセウスとペネロペイア
フランチェスコ・プリマティッチオ〈オデュッセウスとペネロペイア〉

まだ、心も体もついてきてないのよ

20年ぶりの夫との床入り。えっ、私の顔が嬉しそうじゃないって!そうでしょうね。だって20年、しかも後半の10年は何の連絡もなく、消息も分からなかった夫ですよ。
「もう、オデュッセウスは死んだのよ」と言う人々が多かった。正直、わたしもそう思っていた。それが、帰ってくるなんて......まだ、心も体もついてきてないのよ。

ところで、夫オデュッセウスがどんな言い訳をしたと思う?
聞いたら、あなただって呆れると思うわ。口達者な夫ですもの、何も考えなくても、いくらでも話を作り出せるのよ。

夫オデュッセウスの寝物語

トロイア陥落時、神をうやまわない小アイアースが不祥事を起こした。それは、女神アテーナ像にすがりついていたカッサンドラーを強姦したらしいの。それを怒った女神が小アイアースを難破させた。そんなことから、ギリシャ勢がすんなり帰れなくなったとか。これは、どうも本当のことみたい。

でも、その後からが、奇想天外な話だったのよ。

「巨人ライストリュゴネス族には、半分の船と家来を海に沈められた。とにかくヤバかったのが、一つ目巨人の島。ポセイドーンの息子ポリュペモスの洞窟で部下が無残にも食われ、わしも危ないとこだった。が、わしの知略で逃れ、あいつの目を潰してやった。これが、ポセイドーンの怒りをかって、たびたび帰国の邪魔をされたというわけだ。

冥界にまで、予言者テイレシアスに助言を求めて行ったんだぞ。あのアガメムノン、妻と間男に殺された大王が『オデュッセウスよ、そなたの妻は貞淑で、本当に羨ましい!』と嘆いていたよ。悲しかったのは、母上アンティクレイアと会ったこと。冥界で会ったということは、死んでしまったことだからな」

魔女キルケ、仙女カリュプソ、女神アテーナ、ナウシカア姫

「魔女キルケには数年とらわれていた。仙女カリュプソは「夫になれば、不死の神にする」と約束までしてくれた。が、わしはな、ペネロペイアよ、『妻が待っているので、早くイタケに帰りたい』と、きっぱり断ったのだ。

仙女カリュプソの島から出発した時は、やっとこれで帰れると思った。が、ポセイドーンの怒りで、船は木っ端微塵。かろうじて、パイエケス国の海岸に漂着。女神アテーナの計らいで、ナウシカア姫に助けられ、やっと彼らの船で帰国できたんだ.....」

夫オデュッセウスの女遊びの10年間

魔女キルケや仙女カリュプソは、魅惑的な女性に違いありません。また、女神アテーナだって貴族の女、ナウシカア姫は乙女ね。10年間、たくさんの女性とよろしくやっていたに違いありません。

困るのは、きっと子供もいること。いずれ「わたしは、オデュッセウスの息子です、娘です。財産分与お願いします」と何人出てくることか、わかったものじゃない。わたしの息子テレマコスのために、財産をしっかり確保しておかなくては......。ああ、だんだん、イライラしてきた。

また、この海(地中海)は荒れることもありますが、比較的穏やかな日々が多いのですよ。帰ろうと思えば、10年間のたった1ヶ月でも努力すれば帰れるはずでしょ。

一緒にトロイアに出かけた家来の誰一人帰ってきていないので、夫の話しかありません。嘘かどうかの確認のすべがない。たとえ、家来が生きて帰ってきたとしても、自分も楽しんだのに違いありませんから、領主オデュッセウスの言うことに追従するだけしょ。真実なんて、どこにもないのです。

オデュッセウスが求婚者達を倒す
モロー〈オデュッセウスが求婚者達を倒す〉

えっ!神話と違うペネロペイアの決断

それに驚いたのは、帰ってきたと思ったら、無法者の求婚者を一人残さず、殺してしまったこと。正直、再婚してもいいかなという殿御もいました。皆殺しにすることはないのに。付き人を含めると100人以上にもなりますよ。広間は血だらけ、やっと掃除が終わったところ。

この後の床入りだもの。とても、そんな気分になれないでしょ。でも、男って人を殺すとかえって高ぶるのね。おかげで、わたし、もうクタクタ。20年間も処女でしたから、女の部分がヒリヒリして......あら恥ずかしい。

まだまだ、無法者の求婚者の一族との解決も残ってますし、苦労も絶えないわ。世間では「賢明な、淑女ペネロペイア」って言われていますが、そんな評判はもうたくさん。これからは、自分のために、自由に生きていきたい。

「さらば、口達者なオデュッセウス。口は災いの元ですよ」
闇にまぎれて、夜明けに向かって、旅立ちするペネロペイアであった。

ペネロペイアの独白 その1