1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

ギリシャ悲劇

ギリシャ神話を題材にした悲劇。三大悲劇作者はアイスキュロス、ソホクレス、エウリピデス。「オイディプス王」の悲劇は有名。ビアズレーの挿絵が斬新で笑えるアリストパネースの喜劇「女の平和」もあります。

オイディプス王【1】アポロンの神託

オイディプス王【1】アポロンの神託

スフィンクスの謎を説き、王となったオイディプス。悪者がたった一人も出てこない中で、人の思いやりに王が怒り、悲劇になっていくギリシャ悲劇の最高傑作。
オイディプス王【2】前王を殺したのは誰だ⁉︎

オイディプス王【2】前王を殺したのは誰だ⁉︎

オイディプス王「神託は私がもらい子かどうかは答えず『父親を殺し母と交わり忌わしい子をなすだろう』と。私は恐ろしさから、コリントスに帰らず逃げた」
オイディプス王【3】王の悲惨な出自と運命

オイディプス王【3】王の悲惨な出自と運命

父と思っていたコリントス王が死に、オイディプスを王に迎えたいと使者。しかし、神託「自分の母親と交わり、この手で父の血を流す定めにある」に恐怖する王。
オイディプス王【4】王妃の自死と両眼を潰す王

オイディプス王【4】王妃の自死と両眼を潰す王

王妃イオカステは狂気にとらわれ、寝室で嘆き悲しみ自死。オイディプス王は妃の着物の留針を引き抜くと、自分の眼の奥底深く突き刺します。
〈喜劇〉女の平和 前編[アリストパネース作]

〈喜劇〉女の平和 前編[アリストパネース作]

アクロポリス城門の前に、アテナイの若く美しい婦人が立っています。リューシストラテーは「ある決意(Sexボイコット)」を胸にギリシャ中の女の代表を待っていたのです。
〈喜劇〉女の平和 後編[アリストパネース作]

〈喜劇〉女の平和 後編[アリストパネース作]

キーネシアース「家に帰ってくれ、神聖な男女の儀式もしていないじゃないか」。ミュリネー「平和を結び、戦争をやめない限り、いやですよ」。かくてギリシャの男たちはやつれはて...
アガメムノン【1】トロイアからの凱旋の日

アガメムノン【1】トロイアからの凱旋の日

トロイア陥落がアガメムノンの王妃クリュタイメストラに伝令よりも早く、松明の火によって知らされます。彼女の心には邪心があり、夫の帰還の日を知りたかったからです。そんな中、アガメムノンが凱旋。
アガメムノン【2】カッサンドラーの不吉な予言

アガメムノン【2】カッサンドラーの不吉な予言

アガメムノンの奴隷となったトロイア王妃カッサンドラーには、アトレウス家の忌まわしい過去、アガメムノンの運命、さらに自分の死も見えてしまいます。
アガメムノン【3】妻と情夫アイギストスに殺害される

アガメムノン【3】妻と情夫アイギストスに殺害される

ついに、アガメムノン暗殺。カッサンドラ―も一緒に殺されます。クリュタイメストラとアイギストスのアルゴス支配がはじまります。彼らに制裁を加えるオレステスは今どこに。
供養する女たち【1】オレステスと姉エレクトラの再会

供養する女たち【1】オレステスと姉エレクトラの再会

オレステスは親友ピュラデスと共に帰郷し、父アガメムノンの墓前に。そこへ母親から形だけの供養を命じられたエレクトラと侍女たちがやってきます。再会するオレステスと姉エレクトラ。
1  2  3  4  5  6