1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

ギリシャ悲劇

ギリシャ神話を題材にした悲劇。三大悲劇作者はアイスキュロス、ソホクレス、エウリピデス。「オイディプス王」の悲劇は有名。ビアズレーの挿絵が斬新で笑えるアリストパネースの喜劇「女の平和」もあります。

テーバイ攻めの7将 【3】[アイスキュロス作]

テーバイ攻めの7将 【3】[アイスキュロス作]

テーバイ攻めの7将、ついに決着。エテオクレスとポリュネイケ死亡。父オイディプスの呪詛が成就。ライオス、オイディプス、オイディプスの子三代は不幸の連続でした。
アンティゴネ【1】テーバイ攻めの7将後

アンティゴネ【1】テーバイ攻めの7将後

町を護って戦ったエテオクレスをねんごろに弔い、攻めてきたポリュネイケスは野ざらしにして鳥獣の餌食に、弔う者は死刑に。アンティゴネの新たな苦難が始まる。
アンティゴネ【2】神の法 vs 人間の法

アンティゴネ【2】神の法 vs 人間の法

アンティゴネ vs クレオンは、「神の法」vs「人間の法」です。アンティゴネは神の法により、兄ポリュネイケスを葬ろうとしました。クレオンの人間の法を破ってまで。
アンティゴネ【3】予言者テイレシアス

アンティゴネ【3】予言者テイレシアス

アンティゴネは、町外れの岩窟へ閉じ込められます。テーバイの大予言者テイレシアス、クレオン王を諌めるためにやってきます。しかし、クレオンは自分の頑迷さから拒否します。
アンティゴネ【4】クレオン王の悲劇

アンティゴネ【4】クレオン王の悲劇

気丈なアンティゴネは自ら首をくくり、婚約者クレオン王の息子ハイモンも命を絶ちます。その知らせを聞いたクレオン王の妃エウリュディケも命を絶ちます。オイディプス王の悲劇はこうして幕を閉じます。
テセウスの子ヒッポリュトス【1】[エウリピデス作]

テセウスの子ヒッポリュトス【1】[エウリピデス作]

私アフロディテに向かって思い上がった振る舞いをするものは、神であろうと人であろうと必ず打ち倒す。テセウスの息子ヒッポリュトスは、私を忌まわしい神と呼び、愛の喜びを卑しめている。
テセウスの子ヒッポリュトス【2】[エウリピデス作]

テセウスの子ヒッポリュトス【2】[エウリピデス作]

乳母からお妃・パイドラの自分への想いを告げられたヒッポリュトス。激しく激怒し、乳母とパイドラをののしります。ついに、パイドラは死を選びます。パイドラの死を目の当たりにしたテセウスは......。
テセウスの子ヒッポリュトス【3】[エウリピデス作]

テセウスの子ヒッポリュトス【3】[エウリピデス作]

息子ヒッポリュトスに、テセウスの呪い(ポセイドンの雄牛)が襲いかかります。死にひんしたヒッポリュトスとテセウスに、狩と月の女神アルテミスが真実を教えます。
アイアス【1】アキレウスに次ぐ英雄の最後

アイアス【1】アキレウスに次ぐ英雄の最後

アキレウスの死後、神ヘーパイストスが造ったアキレウスの武具を誰に譲るかでアイアスとオデュッセウスが争い、オデュッセウスが勝ちます。ここからアイアスの悲劇が始まります。
アイアス【2】アキレウスに次ぐ英雄の最後

アイアス【2】アキレウスに次ぐ英雄の最後

自分の過ちに気づいたアイアス。その姿は、トロイア戦争の大英雄とは思えない有様。かつてヘクトルから贈られた剣は彼にとっては名誉の証です。しかし...
前の10件 1  2  3  4  5  6