1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

ギリシャ悲劇

ギリシャ神話を題材にした悲劇。三大悲劇作者はアイスキュロス、ソホクレス、エウリピデス。「オイディプス王」の悲劇は有名。ビアズレーの挿絵が斬新で笑えるアリストパネースの喜劇「女の平和」もあります。

アイアス【3】アキレウスに次ぐ英雄の最後

アイアス【3】アキレウスに次ぐ英雄の最後

妻や部下に本心を告げず自害したアイアス。アキレウスに次ぐ英雄の最後としては実に悲惨な死というほかはありません。最後にオデュッセウスがアイアスを称賛。
トロイアの女たち【1】敗戦国の女たちの悲嘆

トロイアの女たち【1】敗戦国の女たちの悲嘆

古代の女性は、物と同じ扱いを受けていました。だから、敗戦国の女たちは戦勝国の男たちの奴隷や夜伽の相手として扱われます。特に悲惨なのが、王妃や王女...
トロイアの女たち【2】カッサンドラー

トロイアの女たち【2】カッサンドラー

ヘカベの娘カッサンドラーとポリュクセネー。ポリュクセネーはアキレウスの墓の前で犠牲にされ、誰にも理解されないカッサンドラーはアガメムノンのものに。
トロイアの女たち【3】ヘレネ vs ヘカべの論争

トロイアの女たち【3】ヘレネ vs ヘカべの論争

ヘレネ vs ヘカベ。ヘレネの言い分は独りよがり。ヘカベは敢然と反論します。今まで悲嘆にくれていたのが嘘のよう。ヘカベはいざという時には凄い力を発揮!
バッコスの信女【1】情け容赦ない神の処罰

バッコスの信女【1】情け容赦ない神の処罰

ディオニュソス(バッコス)はゼウスとテーバイの祖カドモスの娘セメレーの子。ディオニュソスが、母セメレーの故郷テーバイに自分の信女を連れて帰ってきました。しかし、ペンテウス王は、神ディオニュソスを認めようとしません。
バッコスの信女【2】取り憑かれた女たちの狂気

バッコスの信女【2】取り憑かれた女たちの狂気

神ディオニュソスはペンテウス王を言いくるめます「まんまと、網にかかったぞ。王は信女のところに行き、命を落とし、罪を償うことになるのだ」。これが、ギリシャ神話の神。神は非礼を働く人間には、情け容赦もありません。
バッコスの信女【3】ペンテウスの死と一族の運命

バッコスの信女【3】ペンテウスの死と一族の運命

「母上、私です。倅のペンテウスです...」アガウエ様は王様の胴に足をかけて左腕を引きちぎると、イノ様は右腕を、アウトノエ様も他の女どもも肉を引きちぎり、王様はバラバラにされてしまった。
キュクロプス【1】オデュッセウス一行の漂着

キュクロプス【1】オデュッセウス一行の漂着

『オデュッセイア』第9歌の題材キュプロプスをサチュロス劇にしたエウリピデス。しかし、『オデュッセイア』には、サチュロス族やその一人シレノスは出てきません。また、かなり卑猥なサチュロス族を登場させて笑わせています。
キュクロプス【2】神酒で酔いつぶし作戦

キュクロプス【2】神酒で酔いつぶし作戦

グイド・ロマーノ〈キュプロプス(ポリュぺモス)〉 エウリピデス作【キュクロプス】中編 (コロス(合唱隊)=半人半獣のサチュロス。シレノスもその一人。 主人・酒神ディオニュソス(バッコス)を探していて...
キュクロプス【3】俺を盲目にしたのは「誰でもない」

キュクロプス【3】俺を盲目にしたのは「誰でもない」

エウリピデス作【キュクロプス】前編 (コロス(合唱隊)=半人半獣のサチュロス。シレノスもその一人。 主人・酒神ディオニュソス(バッコス)を探していて、キュクロプスに捕われ奴隷にされている。 悲劇ではな...
前の10件 1  2  3  4  5  6