1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

その他

ギリシャ神話:イカロスの翼、テーセウス物語、アルゴー船の遠征、ミノタウロス、運命の3女神、ベレロポン、スキュラ、エンデュミオーン、ロミオとジュリエットの原作「ピューラモスとティスベー」などなど。

【プロクネとピロメラ姉妹3】テーレウス子を食べる

【プロクネとピロメラ姉妹3】テーレウス子を食べる

「お呼びの息子は、あなたの中にいますわ」不気味な顔をしながら、ついにプロクネはさっきから言いたくてたまらないことを夫テーレウスに言いてのけました。
ボレアスとオレイテュイア

ボレアスとオレイテュイア

粗暴のボレアス「俺たち兄弟の衝突で、稲妻が光り大音響が響き、大地を揺るがす。この本来の俺の力で、オレイテュイアを妻にするべきであったのだ」
【世界初の娼婦】プロポイトスの娘たち

【世界初の娼婦】プロポイトスの娘たち

ピグマリオンの女嫌いがわかったギリシャ神話(ローマ神話)。それにしても、不敬罪に問われても、女性の裸は罪をも消してしまうのでしょうか?
【冥界の河】ステュクスと渡し守カローン

【冥界の河】ステュクスと渡し守カローン

冥界の河ステュクスの渡し守は老人カローン。そして、冥界の河ステュクスに誓うと、神々さえもその誓いは破れません。この水を運ぶのは、美しい虹の女神イーリスです。
【アンダーワールド】狼男ライカンはリュカオン

【アンダーワールド】狼男ライカンはリュカオン

アルカディアのゼウス・リュカイオス祭には人身御供が行われ、それに参加したものは犠牲にされた人間を食って、狼になります。その後、8年人肉を食って...
【永遠の罰】神々に愛されたタンタロスの奇妙な行動

【永遠の罰】神々に愛されたタンタロスの奇妙な行動

タルタロス(地獄)では、タンタロスは沼の上に枝を広げた樹に吊されています。沼の水は増えてくると、タンタロスは沼の水を飲もうとし口を出します。すると、あっという間に水は引いてしまいます。
イカロスの墜落

イカロスの墜落

、父ダイダロス「イカロスよ。必ず中空を飛ぶのだぞ。低すぎると海の水しぶきで羽が重くなる。高く飛ぶと、太陽の熱でロウが溶けてしまう」
【3処女神】へ力テー、アテナ、アルテミス

【3処女神】へ力テー、アテナ、アルテミス

アテナ、アルテミスとともに珍しい処女神です。ヘカテーは冥界と関係付けられていたり、月の女神とも思われ、魅力的な絵画が多くあります。
【巫女の聖性】岩の上のサッフォー

【巫女の聖性】岩の上のサッフォー

モローは、サッフォーの衣裳について次のように記しています。「私の作品《サッフォー》の場合、私は彼女に巫女の聖性、巫女といっても詩人である巫女が持っている聖性を付与しようと考えた」
アリオン、オルペウスに次ぐ詩人で音楽家

アリオン、オルペウスに次ぐ詩人で音楽家

アリオン「放浪の生活こそ、詩人の自由な心にはふさわしいものです。神に授けられたこの才能を、ほかの人々にも喜びの源にしてもらいたいのです」