1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

[Profile]ギリシャ神話との出会いはニーチェ『悲劇の誕生』

ギリシャ悲劇の屋外劇場

ニーチェ『悲劇の誕生』とギリシャ悲劇

高校の時、プラトン、ソクラテスからはじまり、ニーチェまでたどりつきました。そして、ニーチェの著作『ツァラトゥストラはかく語りき』の次に『悲劇の誕生』を読みました。

ニーチェは、ギリシャ悲劇はディオニュソス的なるもの、特に音楽をベースにしてアポロン的なものを融合したものとしました。だから、ギリシャ悲劇には、合唱し、踊り、語る合唱隊=コロスが出てきます。

コロス=劇の合唱隊(ニンフ、市民、長老などのグループ)で、劇の背景や要約を伝えたり、劇中の一般大衆の気持ちを合唱やセリフで表現したりします。劇中解説の役割もあります。

ディオニュソス的なるものとは?
音楽的な情念をベースにした陶酔する世界観を持ちます。ニーチェは、ワーグナーの音楽がギリシャ悲劇を復活させようとしていると絶賛しました。

想像してみてください、あのフランシス・コッポラ監督の『アポカリプス - 地獄の黙示録』の「ワルキューレの騎行」。私にとってR.シュトラウスの交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」の不協和音から始まる冒頭が、まさにギリシャ悲劇の世界感を感じます。

アポロン的なるものとは?
美的ソクラテス主義。造形芸術の夢(イデア)・秩序の世界観で「生」を肯定します。

ギリシャ悲劇の三大作者

アイスキュロス、ソホクレス、そしてエウリピデスです。20代初めに、ギリシャ悲劇・現存32作品すべて読みました。悲しいかな!今ではほとんど記憶になく、時々また読みかえしています。そのうち、17作をこのサイトでも取り上げています。

ニーチェは、エウリピデスがギリシャ悲劇を堕落させたと言います。

なぜなら、エウリピデス劇の最後に現れるデウス・エクス・マキナ(機械じかけの神)が原因です。登場する神が問題を解決してしまうことで、登場人物は何も考えず、成長することもなくなってしまと考えたのです。つまり、生きること、実存を自ら考えないと。それでも、読み返してみると、神が単純に解決するわけではありません。

また。アイスキュロスの劇でも、アテーナが解決する劇『慈みの女神たち 後編』があります。

オレステスの母親とアイギスト殺し
ディーノメイ〈オレステス、母親とアイギストを殺す〉

【ギリシャ神話の本を集めました】