1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

【第2歌】後編:テレマコスの旅立ち

アテネはテレマコスに姿を変え町中を歩き、水夫ととなる若者を集め、船もノエモンに手配を頼みました。
「テレマコスよ、そなたに随行する若者はすべて船に集まっている。出発を遅れさせてはならぬ。さあ、出かけるとしようか」

テレマコスとメントル
〈テレマコスとメントル(女神アテネ)〉

(オデュッセイア 第2歌 後編)

オデュッセウスの僚友メントル、イタケの人々を非難

それを聞いたオデュッセウスの僚友メントル(アテネではない人間)は嘆きました。
「イタケに住む人々よ、もはや正義はないに等しい。だから、求婚者たちが狼藉を働いているのは別に怪しいこととは思わね。彼らはオデュッセウスが帰らぬと思い、命をかけてそうしているのだ。
私が許せぬのは、イタケの人々よ、そなたたちだ。数にすぐるそなたたちが誰も彼も口をつぐんで、求婚者らを制止できないとは、何たる醜態であろう」

レオクリトスが憤慨して、
「無礼だぞ、メントルよ。求婚者たちの飲み食いのことを言いがかりにして、我らを咎めるのか。数においてもすぐる彼らと戦うのは容易なことではない。たとえオデュッセウスが帰ってきて、求婚者たちと戦っても勝ち目があるとは思えぬ。
ペネロペイアにしても、20年間待ちわびたのだからすぐに喜べぬだろう。さあ、もう散会してそれぞれの仕事に戻ろう。テレマコスの支度は、オデュッセウスと親しいメントルとハリテルセスがすることになろう。果たして、テレマコスが旅に出られるかどうかわからぬがな」

こうして、集会は終了。求婚者たちは今日もオデュッセウスの屋敷に飲み食いに行きます。テレマコスは女神アテネに祈ります。
「昨日私に助言してくださった神よ、どうかお聞きください。傲慢無礼な求婚者たちは、何かにつけ私を妨害いたします」

メントルに姿を変えた女神アテナ降臨

すると、女神アテナが降臨して、メントルに姿を変え話します。
「テレマコスよ、今や求婚者どもの企てや思惑は一切忘れなさい。彼らは思慮もなく、正義を忘れた乱心者です。すでに黒き死の運命が迫っています。やがて一日のうちに全員討ち果たされる運命に気づいておらぬ。
酒と食料を準備しておきなさい。すぐにも旅立つことになりましょう。私が船を選び、水夫になる若者に声をかけ、同船いたします」

テレマコスが屋敷に帰ると、アンティノオスが近づいてきました。彼はテレマコスの手を取ると、
「テレマコスよ、もう大口を叩かず我らと共に飲み食いしよう。そなたが旅に出られるよう、誰かイタケの人が準備してくれるだろうからな」

「アンティノオスよ、もはやそなたたちと共に飲食をするつもりはない。小さい頃は何もわからなかったが、成人した今となっては旅に出ようが出まいが、そなたたちに死神を差し向けるつもりだ。私はこれから旅に出るつもりだ。船が調達できなければ、誰かの船に便乗してな」

そう言うと、テレマコスはアンティノオスの手を振りほどきました。酒と食料を用意するために、貯蔵室に降りると、乳母であり侍女である老女エウリュクレイアを呼びました。
「これから旅に出るが、母には気付かれるまでは内緒にしていてくれ」

テレマコスに姿を変えた女神アテナ、水夫と船を手配

一方、アテネはテレマコスに姿を変え町中を歩き、水夫ととなる若者を集めはじめました。また、船もノエモンに手配を頼みました。

陽が落ちると、女神アテネは必要なものをすべて船に積み込みました。声をかけた若者たちが集まってきました。その後、アテネはメントルに姿を変え、テレマコスの屋敷へやってきました。たむろしている求婚者たちには眠りをふりかけ、屋敷から各自の家へ帰るよう仕向けると、
「テレマコスよ、そなたに随行する若者はすべて船に集まっている。出発を遅れさせてはならぬ。さあ、出かけるとしようか」

テレマコスは船に着くと、若者に声をかけました。
「さあ、準備した食料と酒を取りにわが屋敷へ行こう。そして出発だ!」

前のページへ 次のページへ