1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

【第21歌】前編:アキレウスの残虐に怒る二柱の河神

アキレウスは、何人のトロイア兵を殺したのだろう。『イリアス』の記述から、私は2、300人は殺していると思う。特に、クサントス河に追い込んでからの虐殺は凄まじい。わからないのは、アキレウスの周りはトロイア兵だけで、ギリシャ兵は一人もいない。それでも、トロイア兵はアキレウスを恐れて、逃げるだけで戦わないのだ。
結果、おびただしい死体が重なり、河の流れは止まってしまう。これではクサントス河神が怒るのは無理もない。ましてや、トロイアの人々は河神にとって地元のお隣さんなのだ。

アキレウス、クサントス河神とシモエイス河神
〈アキレウス、河神クサントスと河神シモエイス〉

(イリアス 第21歌 前編)
※神々を数える単位は、「柱」です。1柱、2柱、3柱と数えます。

クサントス河でのアキレウスの虐殺

トロイアの城内に逃げることを許さないアキレウス。トロイア兵の半分をクサントス河に追いつめ河の中に落とします。この時、女神ヘラは逃げるトロイア勢の前に濃い霧を立ち込め、アキレススを援護していました。

神は「クサントス河」と呼び、人間は「スカマンドロス河」と呼びます。

槍を太刀に持ちかえたアキレウス。水の中に躍りこんでいくと、トロイア兵をなぎ倒していきます。みるみる河は、血で赤く染まっていきます。そんな中、アキレウスは後のパトロクロスの葬儀で殺すべく12人の若いトロイア兵を捉え、部下に陣屋に送らせました。その時、アキレウスは幻を見たような気がしました。

「ああ、なんたる奇怪なことを目にするのか」

プリアモス王の息子リュカオンを見つけたのです。リュカオンを捕えるのは、今回で二度目なのです。彼はアキレウスの膝にすがり、助けをこいます。
「アキレウスよ、情けをかけてくれ。かつて、私はあなたに果樹園にいるところを捉えられ、レムノス島に売られた。その時、あなたは牛100頭分の金を儲けたはずだ。その後、私はその三倍の身代金を親戚に払ってもらい、12日前にトロイアに戻ったばかり。それが、またあなたに捕まってしまった。私の兄弟ポリュドロスは、すでにあなたに討たれた。どうか、殺さないでくれ。私はヘクトルと同じ母から生まれたわけではないのだから」

「愚か者め。もはや、パトロクロスが死んだ以上、断じてトロイア人は誰も許すわけにはいかぬ。この私とて、いずれここで死ぬ運命にある」
そう言うと、アキレウスはリュカオンを刺し殺し、河の中に投げ込みました。

クサントス河神の怒り、アキレウスを襲う。

アキレウスの残酷な仕打ちを見ていた河神クサントス。アキレウスに戦いをやめさせ、いかにしてトロイア兵を守ってやるか考えていました。その間にも、アキレウスはトロイア兵を殺し続けています。

殺された兵の中には、河神アクシオスの子アステロパイオスもいました。彼を殺すと、アキレウスは言いました。
「河神の子といえども、ゼウスの血を引くものと争うのは容易なことではない。ゼウスの子アイアコス、その一子ペレウスの子、それが私なのだ。すべての河、海、泉の神、そしてオケアノス河ですら、ゼウスの雷鳴には恐れをなすのだ」

とうとう腹を立て始めた河神クサントスは、アキレウスに怒ります。
「アキレウスよ、おぬしの残虐な行為は人間の領域をはるかに超えている。私の麗しい流れは死体で埋まり、流れは止められ、海に注ぐこともままならぬ。もう、これ以上殺すのは止めてくれ。私は呆れ果てている」
「河の神よ、仰せの通りにいたしましょう。だが、私は止めるつもりはない」

アキレウス、波で身動き取れず。

河神クサントスはアポロンに苦言を呈します。
「なんたることか、アポロンよ、ゼウスはあなたにトロイアを護ってやれと命ぜれれたのではなかったか」
アポロンは、答えません。
河神は波をおこし、アキレウスに討たれた死体を陸地に放り出します。

河神はアキレウスの周りにも大波をおこし、アキレウスは足をしっかり踏みとどまることもできません。必死で水の渦から脱出し陸を目指しますが、河神はさらに襲いかかり、トロイア勢を護ろうとします。波はアキレウスを追い、彼は逃げようとしますが、果てしなく波は追いかけ彼を襲今す。とうとう、悲痛な声で、神に助けを呼びました。

「ゼウスよ、どなたの神も助けて下さらぬとは、どういうことでしょう。私は波の中で死ぬのではなく、どこかの武将のアポロンの矢で死ぬのではなかったのですか。それが今、大河の中で最後を遂げる運命にあるのですか」

ポセイドンとアテネ、アキレウスを励ます。

ポセイドンとアテネが人間の姿で、アキレウスに語りかけます。
「アキレウスよ、怯えて逃げ腰になってはならぬ。河はまもなく鎮まる。トロイア勢を城門の中に閉じ込めるまでは、戦いを止めてはならぬ。そなたはヘクトルを倒してから船陣へ引き上げる運命なのだ。われらがそうなるよう計らってやる」

この声にアキレウスは勇気を出して、平野を目指し歩き始めました。しかし、河神クサントスは手を緩めず、さらに高波で彼を襲うと、
「シモエイス河よ、手を貸してくれ。さもなくば、アキレウスはトロイアを壊滅させてしまう。二人で、あの乱暴者を抑えよう。砂利と泥で深く埋めてやろう。そこが彼の墓となるのだ」
こういうと、二人の河神は激しくアキレウスに襲いかかり、大波は彼を押し流そうとします。アキレウスは、とうとう身動きが取れなくなってしまいました。

ルーベンス作ヘパイストス
ルーベンス〈ウゥルカヌス-ヘパイストス〉

ヘラとヘパイストス、火を起こす。

ヘレは、わが子ヘパイストスに命じます。
「せがれよ、アキレウスを助けよ。火炎を燃え上がらせ、河を火で焼いておやり。河神の言葉に手を抜いてはならぬぞ。私が大声で合図したら、止めるのだ」
ヘパイストスは火を起こしました。水は乾いて、水の流れは止まりました。河神も強い火に沸き立って、たまらずヘパイストスに声をかけます。
「ヘパイストスよ、ワシはあなたと戦うつもりはない。すぐ止めてもらいたい。そもそも、トロイア人を助けてやる義理は、私にはないのだ。水が血で汚れ、死体が流れを止めるからアキレウスを襲ったのだ」

河神はヘレにも懇願しました。
「ヘレよ、なぜワシの流れを止め、苦しめようとなさる。トロイアの味方になっているの他の神々ほどの罪は、私にはない。あなたの命令ならば、すぐにも止める。だから、あなたの方も止めていただきたい」

ヘレは、息子に言い渡しました。
「せがれよ、もうお止め」
ヘパイストスが火を消すと、川の波も消えて、元の穏やかな美しい流れになっていきました。

今度は、神々自身の戦いが始まろうとしていました。

【イリアス】一覧へ

前のページへ 次のページへ