1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

第五歌前編:ディオメデス、アフロディテを傷つける

ディオメデス(ルーヴル美術館)
〈ディオメデス〉ルーヴル美術館

(イリアス 第五歌 前編)

ディオメデス、鬼神のごとく奮戦する

アテネは、テュデウスの子ディオメデスに手柄を立てさせようと、力と勇気を授けました。兜と盾からは火炎が燃え上がるような勢いです。次々にトロイア軍の名だたる武将を倒していきます。ギリシャ軍の総大将アガメムノンはじめ、他の武将もトロイア軍を圧倒していきます。

ディオメデスの活躍を見ていたのは、トロイア軍の弓の名手パンダロスです。彼は弓矢を取り出すと、ディオメデに矢を放ちました。矢は肩に刺さり、肩からは鮮血が流れ落ちます。
「ギリシャ軍第一の勇者は傷ついたぞ」
しかし、ディオメデスは死ぬことはなく、友ステネロスに矢を抜いてもらいました。

この時、ディオメデスが祈って言うには、
「アイギス持つゼウスの姫神アテネよ、あの矢を放った男を近くに来させてください」
アテネは祈りを聞き入れ、傷を和らげると
「テュデウスの子よ、父親譲りの闘志を吹き込んでやったぞ。また、神と人間とを区別できるように、そなたの目からモヤを払ってやった。だから、神がそなたを試そうと近づいても、相手にしてはならぬ。ただし、あのアフロディテだけは別だ。その槍で刺しても良い」

かくして、ディオメデスは最前線に戻っていった。その戦いぶりは獅子の如く、トロイアの武将を一人、また一人と倒して行った。

弓の名手パンダロス、死す

敵のディオメデスの戦いぶりを目にしていたアイネイアスは、パンダロスに告げた。
「弓の名士パンダロスよ、あの暴れまわる勇者を射止めよ。ひょっとして神であるかもしれぬがな」
「アイネイアスよ、さきほど彼ディオメデスの肩を射抜いたのだ。冥府に送ってやったと思ったのだが、さすれば神の仕業に違いない。矢は逸れたのだ。メネラオスといい、あのディオメデスといい、わしの矢で死なぬとは。もはや、槍で戦うしかない」
「では、パンダロスよ、わしの戦車に乗り、わしかそなたがディオメデスと戦おう」
「アイネイアスよ、そなたが手綱を取ってくれ、わしが槍で戦う。万が一逃げるような事態になれば、そなたが慣れた馬を操った方がよかろう」

迫ってくる二人の姿を見たディオメデスと友ステネロスは
「パンダロスと女神アフロディテの息子アイネイアスがやってくるぞ、ここはひとまず引き下がろうではないか」
ィオメデスは答える。
「何を言ってる、逃げはせぬ。女神アテネが許しては下さらぬ。それにな、二人を倒して、あのアイネイアスの名馬を奪うことができたら、これほどの名誉はない。セウスがガニメデスを奪った償いに父トロスに与えた名馬の子なのだ」
話している間にパンダロスとアイネイアスは近づいてきた。
そして、パンダロスとディオメデスは、同時に槍を互いに向けて投げた。パンダロスの槍は外れたが、ディオメデスの槍は見事にパンダロスの鼻に命中し、彼は戦車から落ちて息絶えた。


ディオメデス、アフロディテを傷つける
A・H・V・フィッター〈ディオメデス、アフロディテを傷つける〉

ディオメデス、アフロディテを傷つける

死んだパンダロスの体を守るため、アイネイアスは彼の前に立ちはだかった。ディオメデスは二人がかりでもあげられぬ重い石を持ち上げ、アイネイアスに投げつけた。石はアイネイアスの腰下に命中。死の闇が彼の目をおおう寸前、女神アフロディテが抱き上げ、息子アイネイアスをその衣で槍や矢から防いだ。

ディオメデスはアフロディテに近づくと、その槍で女神の腕の先をついた。女神は大声で悲鳴をあげ、我が子アイネイアスを腕から落とすと、アポロンが受けとめた。ディオメデスは、
「女神よ、肉弾相撃つ戦いから手を引かれるがよい。さもなくば、戦いと聞いただけで身震いなさるようにするぞ」
女神は痛みに耐えかね立ち去ると、アレスの馬車をかりた。すると、虹の神が手綱をとり、オリュンポス山へ引き上げていった。

ディオメデスはアイネイアスを仕留めようとしたが、アポロンに阻まれた。
「落ち着け。神々と対等であると自惚れるな。神と人は種族が違うのだぞ」
そう言うと、アポロンはアイネイアスを自分の神殿に連れて行った。アポロンの母レトと妹アルテミスが彼を介抱ししている間に、アポロンはアイネイアスの姿になり戦場に戻った。

軍神アレス、参戦する

アポロンはアレスのところに来ると
「アレスよ、テュデウスの子ディオメデスを戦場から引き離してはくれぬか。神々にも襲いかかるほどの勢いだ」
そう言うと、アポロンは城壁の上に腰を下ろし戦況を見守った。
アレスはトロイア軍を叱咤鼓舞しはじめた。そばには争いの女神エリスも付き従っていた。

その頃、トロイア軍の中では、サルペドンがヘクトルを激しくなじっていた。
「ヘクトルよ、このままギリシャ軍をのさばらせておくのか。トロイアにはわれら助っ人が守るものは何もない。それでも戦っている。このままでは、トロイアは滅びてしまうぞ」
ヘクトルはその言葉が胸に刺さり、トロイア軍を鼓舞し始めた。こうして、両軍はさらに激しい戦いになだれ込んで行った。

〈イリアス 第五歌 後編:ディオメデス、軍神アレスに傷を負わせる〉

【イリアス】一覧へ