1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈アートバイブル〉も、絵画でわかりやすい聖書です。

プロメテウス

ギリシャ神話のティターン神族の神プロメテウス。天界の「火を」盗んで人間に与え、文明を築かせる。「先に考える者」で、未来を見通す。弟がパンドラの夫エピメテウス。「後で考える者」で、後悔や後知恵など悪い意味がある。

パンドラの壷

パンドラの壷

オリンポスの神々は、飾りや着物、手芸や料理の技術、悪い心までもこの女に贈りました。それで、「パンドラ」(すべての神々からの贈り物)と名付けられたのです。そして、大神ゼウスは、"壷"をパンドラに授けました。
プロメテウス

プロメテウス

プロメテウスは岩山につながれて、毎日肝臓をオオワシについばまれます。次の日には肝臓は元通りになり、またついばまれる苦しみ。不死であるがゆえに、この苦しみは永遠に続くのです。
世界の起源

世界の起源

この円盤のような世界の周りには、大洋河が流れ、中央は西から東へ海によってわけられていて、その海が地中海です。地中海の東の果てが黒海です。