1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

【ヘラクレスの難業】6・7・8

(更新日:2021.11.17)

功業6 ステュムパリデスの怪鳥
功業7 クレータの牡牛
功業8 ディオメデスの人喰い馬

どの難業も、あまりにあっさりとしか書いてないので、ちょっと物足りないですね。いつか機会があったら、想像を駆使して書き直したいです。

ステュムパリデスの鳥
デューラー〈ステュムパリデスの鳥〉

難業6 ステュムパリデスの怪鳥

翼、爪、くちばしが青銅でできているステュムパリデスの鳥たちは、かつて軍神アレースのペットでした。人間を襲ったり、田畑に毒性の排泄物を撒き散らしたりしていました。

アテーナとヘーパイストスは、巨大な青銅製の鳴子(ガラガラ:とりおどしの一種)を鍛造し、ヘラクレスに貸し与えました。彼は青銅製の鳴子で大きな音を出すと、驚いた鳥たちが飛び立ちました。すかさず、ヘラクレスはヒュドラーの毒矢でつぎつぎと射殺しました。

難業7 クレータの牡牛

クレータ島の王ミーノースを罰するために、ポセイドーンが送り込んだ牡牛。神はこの牡牛にミーノース王の妃パーシパエーが恋するよう狂わせました。この牡牛こそ、あの怪物ミノタウロスの父であり、美しいが猛々しく、極めて凶暴でした。

ヘラクレスはミーノース王に協力を求めましたが拒否され、結局素手でこの牡牛と格闘し、エウリュステウス王の館まで連行しました。

クレタの牡牛
マルコ・マルケッティ〈クレタの牡牛を殺す〉

難業8 ディオメデスの人喰い馬

トラーキア王ディオメデスはアレースの子で、旅人を捕らえては自分の馬に喰わせていました。ヘラクレスはディオメデス王軍と戦い、勝利すると王を馬に食わせて、馬をつれて帰りました。

別説では、ヘラクレスが馬を奪った後にディオメデスが軍勢を率いて馬を奪還しようとしたため、ヘラクレスは少年に馬の番をさせて戦いに応じました。ディオメデス王軍を倒して帰ってくると、少年は馬に喰い殺されていたといいます。

ヘラクレスの難業9 アマゾン女王の腰帯/難業10 ゲーリュオーンの牛

ディオメデスの人食い馬
モロー〈ディオメデスの人喰い馬〉別説の少年でしょうね

前のページへ 次のページへ

【ギリシャ神話の本を集めました】