1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

テーセウス物語 中編 アリアドネーの糸

(更新日:2021.03.04)

テーセウスとアリアドネー
ジャン・バプティスト・ルニョー〈テーセウスとアリアドネー〉

王女アリアドネーの恋とダイダロスの助言

テーセウスたちはクレータ島に到着すると、ミーノース王の前に連れて行かれました。側にいた王女アリアドネーはテーセウスに一目惚れ。それ以来、彼女は眠ることもできず、いつも彼のことを考えていました。

「あの方を助けたい。ミノタウロスに殺されてしまったら、いやミノタウロスを退治してほしい。でも、退治しても、あのラビリンスからはけっして出られない。どうしたらいいの......」
ミノタウロスは、牛頭と人間の身体を持つ怪物。そのおぞましい出生からダイダロスが作った、決して出られないラビリンス(迷宮)に閉じ込められていました。

アリアドネーはダイダロスに相談します。
「ねえ、ダイダロス、ミノタウロスを倒した後、ラビリンスを出る方法を教えて」
「王にはわからぬよう、テーセウスに剣を渡しなさい。入り口で王女様が糸の端を持って、彼にこの糸玉を持たせなさい。ミノタウロスを倒したら、その糸をたどって出口に戻るよう伝え、一緒にお逃げください」
ダイダロスはそう言うと、アリアドネーに糸玉を渡しました。

ミノタウロスを退治するテーセウス
〈ミノタウロスを退治するテーセウス〉

テーセウス、ミノタウロス退治後アリアドネーと逃亡

その夜、テーセウスはラビリンスに侵入し、ミノタウロスを倒してしまいました。すぐさま、アリアドネーと13人の生贄とともに逃亡。必ず追いかけてくるクレータの船の底には、穴を開けておくことも忘れません。

夜が明けると、城中が大騒ぎになりました。
「ギリシャの生贄がいない!」
「王妃アリアドネー様もおりません!」
王妃の乳母が、ミーノース王に伝えました。
真相が分かると、怒った王はテーセウスたちを追跡させます。船の穴を直すのに時間を取られ、かなり遅れています。その頃、テーセウスたちは、ナクソス島(ディオニュソスの島)で、しばし休憩をしていました。

「クレータの船が追ってきたぞ〜」
しばらくして見張りが大声で叫びました。テーセウスたちは大急ぎで出発。その時、アリアドネーは眠っていて、船に乗り遅れてしまいました。テーセウスは悲しみましたが、どうすることもできません。
(アリアドネーは、後にこのナクソス島で酒神ディオニュソスの妻になります)

アリアドネー
〈アリアドネー〉

父アイゲウス王の自殺と盟友ペイリトオスとの出会い

「もし生きて帰れば、目印に船に白い帆を掲げること」父アイゲウス王との約束でした。
アリアドネーを置いてきてしまったテーセウスは、悲しみのあまり父との約束を忘れていました。王は崖の上から船の帆が黒いままなのを見て嘆き、崖から飛び降りてしまいました。

アイゲウス王の自殺の後、テーセウスはアテナイの王に即位。彼はアマゾンに遠征し、王女アンティオペー(一説にはヒッポリュテー)をさらい、妻にしていました。

ある日、ラピテース族のペイリトオスはアテナイの牛の群れを奪おうと、マラトンの丘に侵入してきました。すぐに防衛に駆けつけたテーセウスを見た瞬間、ペイリトオスはその姿に敬服してしまいました。
「私が悪かった。どんな刑罰をも受け入れます」
「では、君の友情をくれ!」
テーセウスもペイリトオスの姿に感服し、以後二人は盟友となりました。

アンティオペーの死後、テーセウスはミーノース王の娘アリアドネーの妹パイドラーを妻としました。パイドラーの兄弟デウカリオーンによってです。このころは、ミーノース王はすでに死んでいて、ミノタウロスも退治されていましたので、アテナイとクレータは友好関係を築いていたのかもしれません。

なお、このデウカリオーンは、ギリシャ神話の「大洪水」の主人公とは違います。

前のページへ 次のページへ

【ギリシャ神話の本を集めました】