※本ページにはプロモーションが含まれています。

ポリュメストル、ポリュドロスを殺す〈ポリュメストル、ポリュドロスを殺す〉

トロイア最後の王子ポリュリュドロスの死

「娘よ、おまえに捧げられるものは、母の涙とひとつかみの異国の砂だけ。私は敵の生け贄のために、娘を生んだのか? 私は何のために、生きながらえているのか? 神よ、何のためにわたしを生かしておくのか?

そうだ、私には最愛の末息子ポリュドロスがいる。さいわい、この浜辺の地、トラキアの王ポリュメストルの元ヘあずけてある。
ともあれ、娘のむごい傷と血を洗ってやらねば」

ヘカベーはポリュクセナの体を抱きかかえると、老いの足を引きずりながら海岸へ行きます。

「さあ、だれか水瓶を渡してちょうだい」
その時です。最後の望みポリュドロスの遺体が、母親ヘカベーの目に入りました。彼の傷ついた遺体が、岸辺に打ち上げられていたのです。ヘカベーは、声も出ません。トロイアの女たちは、大きな叫び声をあげました。

トロイア陥落の知らせが届くと、トラキア王ポリュメストルは、残酷にもポリュドロスを剣で刺し崖からつき落としたのです。多額の持参金目当てでした。

ヘカベー、ポリュメストルを殺すクレスピ〈ヘカベー、ポリュメストルを殺す〉

ヘカベーの怒り

ヘカベーは、遺体の傷を見ると、顔をあげ空を見上げました。悲しみは怒りへと変わ理、今や王妃の誇りを取り戻し、彼女は報復を誓います。

そのまま、ポリュメストルの館に向かいました。「ポリュメストル殿、隠していた黄金を息子に渡してはもらえまいか」
欲のはったトラキア王は、彼女の言葉を疑いません。

「ヘカベー様、ようこそおいで下さった。今回の黄金も前に預かっている持参金も、みなご子息にお渡しいたします。ご安心くだされ。神々にかけて誓います」

目の前の恥知らずな男の言葉を聞くと、ヘカベーはにらみつけます。怒りを静めなければと思いながらも、怒りは頂点に達しそのまま彼に躍りかかっていました。すかさず、トロイアの女たちも王妃に加勢し、唖然としたトラキア王をおさえつけます。

ヘカベーは、両眼に指を突き刺すと、目の玉をくりぬきました。彼女の怒りは、それほどまでに凄まじかったのです。

ヘカベーの変身

トラキア王の近臣は、ヘカベーとトロイアの女たちに剣で斬りかかり、石を投げつけます。ヘカベーはうなり声を上げながらも、飛んでくる石にさえ噛み付こうとします。その声は、もはや人間の声ではありません。神が、彼女を犬に変身させのです。

ヘカベーの運命はトロイアの人々だけでなく、ギリシャの人々さえも、神々の心さえも動かします。ギリシャ勢に加担していたゼウスの妃ヘラさえ、「なんと可哀相なヘカベー!」と言ったといいます。

別説では、ヘカベーはオデュッセウスの奴隷になった後、彼に呪いをかけようとして発覚し、神が彼女を犬に変えて逃がしたともいわれています。

トロイア戦争後、ギリシャのスパルタにに帰ったヘレネが、元の夫メネラオスと幸せに暮らしていることを思うと、ヘカベーの哀れさが涙を誘います。

トロイア戦争後、幸せに暮らしていたヘレネ[第4歌 前編]

ヘカベ[1]女の中で一番不幸なプリアモス王の妃[ギリシャ悲劇]