1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈絵画で分かりやすい旧約聖書・新約聖書

エロースとプシュケー3

プシュケー第3の試練
エヴァリスト・バイタル Luminais〈プシュケー第3の試練〉

第1の試練(神殿の穀物倉にて)
小麦、大麦、えんどう豆などが、まじったまま大量にありました。
「それぞれを選り分けて、夕方までにそれぞれの山にしておくように」
プシュケーはどうして良いか分からず、ただぼう然とすわっているしかありません。そこで、エロースはアリの王とその家来にその仕事をさせました。帰ってきた女神アフロディテーは言いました。
「これは、あの子(エロース)がやったことだな。あの子にまでお前の仕事をさせるのか!」

第2の試練(羊毛がり)
「あの森の水辺にいるヒツジの毛を取ってきて、私に羊毛の見本として持ってくること」
プシュケーは川岸に向かいました。すると、河の神が言いました。
「陽の登っている午前中は、ヒツジたちはとても残忍なので、群れに近づいてはいけない。真昼時になると、ヒツジたちも木かげに入り、また河の精がヒツジたちの心をなだめてくれるので、その時この川を渡りなさい。そして、ヤブや木立についた羊毛を集めるがよい」

プシュケーが羊毛を持っていくと、女神アフロディテーは言いました。
「これもお前一人でやったことではない。まだ、お前を認めるわけにはいかぬ」

第3の試練(冥界)
「冥界の女王ペルセポネーから、肌のツヤが出る化粧品をもらってくること」
ここにきて、プシュケーはついに自分の死を覚悟しました。生きたままでは、冥界にはいけないからです。プシュケーは高い塔から身を投げ、冥界へ行こうと決心しました。そして塔を登っていくと、声が聞こえてきます。

「哀れな不幸な娘よ、なにゆえ、そのような生涯の閉じ方をするのか?今までだって、奇跡的に助けてもらったではないか!」その声はまた、冥界へいく道、冥界の番犬ケルベロスの脇を通り抜ける方法、冥界の河の渡し守カローンの説きふせ方も教えてくれました。
「だが、女神の美の化粧品の箱はけっして開けてならぬぞ!」

地獄の眠りがプシュケーを包む

こうして、プシュケーは無事冥界ヘ行き、冥界の女王から化粧品をもらって帰ってくることができました。が、危険な試練が終わったと思うと、彼女はホッとしました。心にスキが生まれた瞬間です。
「どうして、試練を終えた私が、ほんの少しだけ化粧品をもらってはいけないのだろう?愛する夫に化粧をした私を見てもらいたい」と思ったのです。あの〈パンドラ〉のように、プシュケーは化粧品の箱を開けてしまいました。

すると、〈地獄の眠り〉がプシュケーをつつみ、彼女は死んだように倒れてしまいました。これこそ、女神アフロディーテがしくんだワナだったのです。それを察知したエロースはプシュケーの元に飛んで行き、〈地獄の眠り〉をあつめて箱に戻しました。
「またしても、お前は好奇心から身を滅ぼすところだった!だか、母の試練を全うするがよい。あとは私に任せなさい」

エロースとプシュケーの結婚

エロースは、大神ゼウスに二人の結婚をお願いに行きました。ゼウスは、女神アフロディーテを説き伏せると、女神もとうとう「3試練」にたいするプシュケーのひたむきさに、許しを与えることにしました。

ヘルメースがエロースとプシュケーをゼウスの前に導いていくと、ゼウスはプシュケーにアンブロシアーを飲ませ、彼女を不死にし、神々の仲間にしました。ここにめでたく、2人の結婚式が行われることになりました。

※プシュケーとは、「魂」を意味し、エロース(愛)との間に「喜び」と「若さ」の双子をもうけることになります。また、サナギから蝶が生まれ、体から魂が抜けだすことから、プシュケーは「蝶」にたとえられます。そこから、絵画では彼女のそばに「蝶」が描かれるようになったのです。

エロースとプシュケーの結婚
エロースとプシュケーの結婚
〈エロースとプシュケーの結婚〉