1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

ひまわりになったクリュティエ

このギリシャ神話でわからないことが二つあります。
一つは、なぜレウコトエの父王オルカモスが娘レウコトエと太陽神アポローンの恋に激怒したのか?ギリシャの神であるアポローンはペルシャ(バビロン)の神とは異なるからでしょうか。
もう一つは、なぜアポローンはもっと早くレウコトエの父の激怒に気づかなかったのか?また、それに対処しなかったのか。あるいはできなかったのか。

アポローンとレウコトエ
アントワーヌ・ボワゾ〈アポローンとレウコトエ〉

恋に乱れる太陽神アポローン

女神アフロディーテと軍神マルスとの密通を女神の夫ヘーパイストスに告げたのは、太陽神アポローン(「ヘーリオス」とも)です。
これを根にもったアフロディーテは、アポローンに仕返しを果たします。またも、息子エロースの矢を使って。

アポローンは太陽神。毎日きちんと日の出と日没の時間を決めて、太陽の二輪車を乗り天を駆けます。それが今や、日の出の時刻に遅れたり、冬なのに日没の時刻を遅らせ、長く西の空にいます。また、その心の陰りが日食という形で表われています。この乱れは、すべてレウコトエへの恋のためです。

絶世の美女エウリュノメーの娘、レウコトエ

レウコトエは、ペルシャ王オルカモスの妃・絶世の美女エウリュノメーの娘。娘の美貌の方が、母に勝っていたということです。

ある日、大空を朝から日没まで二輪車を駆けおえたアポローンは母のエウリユノメに変身して、レウコトエの部屋を訪れました。彼女は12人の侍女にかしずかれて、糸を紡いでいました。母親に変身したアポローンは、彼女に接吻すると侍女たちに言いました。
「娘と大事な話がありますので、みなさんは部屋から出てください」

侍女たちが部屋を出ていくと、
「私は、一年の基準となる神だ。いつも大空から万物を見下ろしている。また、私の放つ明るさによって、万物全てが見分けられるようになる。いわば、私は世界の眼(まなこ)なのだ。その私が、お前に恋をしてしまった」

レウコトエはびっくりして、手にしていた糸巻棒を落としてしまいました。その可憐な姿にアポローンは本来の姿に戻り、彼女を抱きしめました。レウコトエも、その神々しさに抗うこともなく、身を任せてしまいました。

クリュティエのレウコトエに対する嫉妬

このことを知ったアポローンの恋人である水のニンフ・クリュティエは嫉妬に燃えました。
「今までの私への愛は、どこは行ってしまったの!人間の分際で私を押しのけるとは、けっして許せない!」

クリュティエはレウコトエの父王オルカモスのところへ出向き、あることないこと告げ口します。
「お前の娘は淫らだ。その色気で太陽神を誘惑し、密通している。いつになっても、神を私に返してくれない!」

気性の荒い父王オルカモスは、怒りからレウコトエを深い穴に生き埋めにしました。

天空を駆けていた太陽神。すぐに気付いて駆けつけると、穴からレウコトエを救出しました。が、もはや彼女には生気はありません。体を光線で温めたりして生き返らそうとしましたが、無駄でした。アポローンは、息子パエトーンの死以来の悲しみに襲われました。
アポローンはレウコトエの墓にネクタルとアンブロシアを注ぐと、美しい香木が生えてきたと言います。
しかし、決してクリュティエのもとには戻りませんでした。

クリュティエは、失恋の痛みにやせ細っていきました。9日の間、姉妹の顔を見るのもいやで、食事もとらず、化粧もせず、地面に座っていました。ただただ、朝から晩まで大空をゆく太陽神に自分の顔を向けているだけです。そして、いつのまにか大地に根を生やし、「ひまわり」になっていました。

※「ひまわり」ではなく、「ヘリオトロープ(太陽の方を向くもの)」という説(オウィディウス:変身物語)もあります。

クリュティエ
イーヴリン・ド・モーガン〈クリュティエ〉

前のページへ 次のページへ