1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

アルケスティス 後編[エウリピデス作]ヘラクレスと死神

屋敷の中の沈んだ空気を吹き飛ばそうとするヘラクレス。酒をストレートで飲み、下手な歌をがなりたてます。そんな姿、なんとなく想像ができます。典型的な英雄ですね。ギリシャ神話史上、最強の英雄です。アキレウス以上でしょう。
アルケスティスの夫アドメトスも人の良い誠実な夫。妻の死を嘆き、後妻をもらおうとは思っていません。しかし、自分のために妻を死なせたことを忘れてはいけません。

アルケスティスのために死神と戦うヘラクレス
〈アルケスティスのために死神と戦うヘラクレス〉

ヘラクレスの醜態

召使
まったくなんという礼儀知らずの客だ。
殿様が嘆き悲しんでいるのを知っていながら、館に入り、もてなしを受ける。その飲み方、食べ方の礼儀のなさには困ったものだ。ぶどう酒は水で割らないで飲むし、下手な歌もがなりたてる。

※古代ギリシャでは、酒は水で割って飲むのが習慣でした。

この客をもてなすために、泣くことも叶わず、奥様への別れの挨拶もお見送りすることもできなかった。涙も悲しい顔をしてもてなしてはならぬ、とのアドメトス様からの言いつけであったからだ。

(酔ったヘラクレス登場)

ヘラクレス
おい、こら、客に向かってそんな不景気な顔するんじゃない。俺の言うことをよく聞け。人間、誰しも死ぬものなのだ。しかも、この館の死人ではなく縁故の者だというではないか。だから、無理をして景気良く飲め。そうすれば、ふさぎ込む気持ちもなくなるだろう。

召使
今のわしらの立場は、冗談言ったり、酒盛りをする気分じゃないんだ。

ヘラクレス
死人というのは、よその女なんだろう。ご主人の命に関わることじゃないなら、そんなにふさぎ込むなよ。

ヘラクレス、真相に気づく。

召使
ご存知ないんですか。

ヘラクレス
アドメトス殿が、俺に嘘を言ったりしてなければな。

召使
じつは、奥方が亡くなられたのです。しかし、旦那様はあなた様を普通にもてなすようにと。

ヘラクレス
なんとしたことだ、縁故の女の死だとしても、ふさぎ込んだ気分を吹き飛ばそうと、景気をつけて大いに飲んだのだ。君もそうなら、はっきり言ってくれればよかったんだ。ところで、どこに埋めに行ってるんだ。

召使
ラリッサの道をまっすぐ行って、町はずれを出ますと、切石の墓があります。

ヘラクレス
さあ、ゼウスとアルクメネが生んだ息子が、どんなものか見せてやろう。どうあっても、亡くなった奥方アルケスティスをこの館にとり戻してやる。

死神めがやってきても締め付けて、けっして奥方を連れて行かせない。もし、それができなければ、冥界に下りていって、ハデスとペルセポネー夫妻より貰い受けてこよう。

(ヘラクレス退場)

葬式後も嘆き悲しむアドメトス

(アドメドス、コロス(長老たち)、従者、葬式より帰ってくる)

アドメトス
まったく、私はつらい運命に生まれたものだ。悲しい、いっそ死んでしまいたい。いっそ、アルケスティスを妻にしなければよかったのだ。共に暮らさなければ、子もなく妻もなく、無事に一生を過ごせたろうに。

長老たちよ、なぜ、妻と並んで横たわり、死なせてくれなかったのか。そうすれば、冥界の王とて、一つの魂ではなく二つの真実の魂を得たことで喜んだであろうに。

コロス
アドメドス様は、生きながらえた。奥方は愛情を残して、死なれました。それに何の不審がありましょうか。

アドメトス
この館へはもう入れぬ。あれが座っていた椅子、寝室。子は、母を求めて泣き叫ぶ。召使も女主人の尊さを思い嘆き悲しむ。
その上、私に悪意あるものはこう罵るだろう。

「見ろ、生き恥をさらす男を。自分の妻を身代わりにして、死を免れた者、あれでも男と言えようか。両親を罵倒して、自分は死ぬのが嫌だと言いくさる」

ヘラクレスの無茶な願い

(ヘラクレス、布で頭と顔を隠した女と登場)

ヘラクレス
アドメトス君、親しい友には真実を言うべきだ。ところが、奥さんが死んだのに、縁戚の女が死んだと嘘をついてまで、僕をもてなしてくれた。だから、僕は頭に花の冠をしてまで、楽しく振る舞い、もてなしを受けていたのだ。君の家が喪中だと知らないでな。こういう目にあわされては、苦情を言わなければな、苦情をな。

だが、君を苦しめるつもりで帰ってきたわけではない。この女を預かっておいてほしい。けっして、この女はさらってきたわけでもない。競技の正当な褒美としてもらったものだ。僕が難業の一つ、ディオメデスの悍馬を連れてくる間でいい。もし、戻ってこない場合は、君が世話をしてほしい。

アドメトス
けっして、隠していたわけではない。真実を話したら、君は他の家に泊まっていただろう。私にとって、それは悲しみの上に悲しみを付け加えることだ。

ただ、この女は、他の友人に預けてくれないだろうか。私の不幸を思い出させないでくれ。
それに、若そうな女を、館のどこに置けばいいのか。若い者同士が、きっと過ちを起こすだろう。そうでなくても、もう新しい女を家に入れたと非難されるだろう。

それに......、その女は背丈といい、身なりもアルケスティスとそっくりではないか。ああ、私の目の届かぬところに連れて行ってくれ。

ヘラクレス
あまり度を越して嘆き悲しむなよ。アルケスティスが立派な奥方とはわかっている。だが、いずれ他の女が君を慰めてくれよう、そしたら新しい結婚をすればいい。

アドメトス
黙りたまえ、なんということを君は言うのか。
アルケスティスがもう世にいないにしろ、裏切るくらいなら死ぬ方がましだ。

ヘラクレス
まったく君は大したもんだ。だが、ともかくこの女を君に屋敷の中へ迎え入れてくれよ。

アドメトス
やめてくれ、君の父上ゼウスにかけて、お願いだ。

アルケスティス、現る。

ヘラクレス
だが、そうしないと君は間違いを犯すことになるよ。ちょっと見てくれたまえ。
(ヘラクレス、頭と顔を隠した布を取ると、アドメトスにその手をとらす)
このご婦人を見てくれ、君の奥さんと似てないか。

アドメトス
おお、神様。望んでもいなかった驚きだ。正真正銘の家内なのか、何か偽りの喜びではないのか。

ヘラクレス
間違い無く、君の奥さんだよ。

アドメトス
さっき埋めてきたばかりの家内が目の前にいるのか。でも、どうやって冥界から連れ戻したのか。

ヘラクレス
ちょっくら墓のそばで、死神と取っ組みあってな。

アドメトス
でも、どうして家内は何も話さないのだ。

ヘラクレス
地下の神々からの禁断がとけ、三日目の朝が来るまでは奥さんの声を君は聞くことができないのだ。ともかく、奥さんんを屋敷の中へ入れたまえ。僕はこれから難業に行くからね。では、ごきげんよう。

アドメトス
ヘラクレス君、しばらく我が屋敷に泊まってくれ。

ヘラクレス
急いでいるんで、そういうわけにはいかないんだ。

アドメトス
では、うまくやってきてくれ、そして帰りには必ず寄ってくれ。

アルケスティス[エウリピデス作]終

アルケスティス[エウリピデス作]

前のページへ