1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈絵画で分かりやすい旧約聖書・新約聖書

オイディプス王 中編

王妃イオカステ
〈王妃イオカステ〉

コロス:長老たちが集まっているところに、宰相クレオン登場)
クレオン
「オイディプス王が私に罪を着せたのは、真実か?」
コロス
「王は感情のままに、あなたを非難したにすぎません」

(オイディプス王登場)
オイディプス王
「クレオン、目しいのテイレイアスと謀り、私が先王ライオス殿の殺害者であると言わせたな!」
クレオン
「王様には、私の姉(王妃)ともども良くしてもらっています。宰相の身分より上の王の位は、煩わしいことばかりで、私は望みません」
オイディプス王
「その裏で、何を謀っているか、分かったものではない」

しばらく、オイディプス王と宰相クレオンはお互いの意見を言いあい、堂々めぐりをしていました。

(王妃イオカステ登場)
王妃イオカステ
「王様、クレオンよ、なにを口論していらっしゃるのですか?そのようなことは止めて、お館にお入りくださいませ」
(クレオン退場)

王妃イオカステ
「王様、弟クレオンが何をしたと言われるのですか?」
オイディプス王
「予言者テイレイアスに前王ライオス殿の殺害者が私だと言わせたのだ」
王妃イオカステ
「予言者の言は信じなくてもよいものです。前王ライオス殿は、我が子に殺されるとの予言がありましたが、私たちの子は生まれて間もなく両足のくるぶしを刺され、山の羊飼いに殺させました。ですので、予言は当てになりません」
オイディプス王
「おお、それは不安なことだ!」
オイディプスとは、「腫れた足を持てる」という意
オイディプス王
「して、ライオス殿は3筋の道が交差している処で殺されたとか?また、それは何時のことか?」
王妃イオカステ
「その地はポーキス、デルポイ、ダウリアからの道が合うところ。あなた様がこの地の支配者になられた少し前のことでございます」

オイディプス王
「おお、ゼウスよ。あなたは私に何を計られたのか?」

その後、王は王妃に、ライオスの風貌、従者の数などを聞き、さらに不安を高めていきます。

オイディプス王
「その消息を伝えてきた者は誰か?」
王妃イオカステ
「従者として行った家の羊飼いです。あなたが王になられたの見て、私の許しを得て、田舎の牧場に帰りました」
オイディプス王
「はて?では、その者をここに来るようにしてほしい」
王妃イオカステ
「そういたしましょう。が、なぜにそうなさるかお聞かせください」

オイディプス王
「話そう。私の父はコリントス王ボリュポス殿、母はメロペ殿。
ある時、私がもらい子だとの噂がたった。父母は怒って否定した。私はその事を確かめるため、アポロンの神託を受けに行った。
神託はもらい子かどうかは答えず、『父親を殺し、母と交わり忌わしい子をなすだろう』と。
私は恐ろしさから、そのままコリントスに帰らず逃げた。その途中あの3筋の処で、ライオス殿らしき一行に出くわし、いざこさから一行を殺してしまった。
だが、まだ望みはある。ライオス殿の一行を殺害したのは盗賊どもと聞いている。だとすれば、私ではない。多勢と一人は同じではありえぬであろう」
(オイディプス、イオカステ退場)

オイディプス王 後編