1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈絵画で分かりやすい旧約聖書・新約聖書

デウカリオーンとピュラー

デウカリオーンとピュラー
ジョバンニ・マリア・Bottala〈デウカリオーンとピュラー〉

大洪水の後
パルナッソス山で生き残ったのはプロメテウスの息子デウカリオーンとその妻ピュラーだけでした。ピュラーはあのパンドラとエピメテウス(プロメテウスの弟)の娘です。二人とも正直な人間であり、神々を敬っていたので、ゼウスもこの夫婦だけは殺すつもりはなかったのです。また、プロメテウスがバルナッソス山に避難するように教えていたからです。

大洪水の水がひいてから、デウカリオーンは言いました。
「私たち二人しか生きのびてはいないようだ。なんらかの使命があるのだろうか?この先、どうしたらよいのか?あそこに見える神殿に行って、神々に伺ってみることにしよう」

神託「母の骨を背後に投げよ」
「目をおおい、衣を解きて神殿を去り、汝らの母の骨を背後に投げよ」
この言葉を聞くと、二人はびっくりしました。特にピュラーは、青ざめて言いました。
「このお告げに従うことはできません。母の遺体を汚すなど、私にはとうていできません」

二人は森の中へ入り、この神託の意味をあれこれ考えてみました。

新しい種族「英雄の時代」
やがて、デウカリオーンは言いました。
「このお告げは、けっして間違ってはいないはずだ。つまり、大地こそが大いなる母であって、石はその骨なのだ。だから、石を背後に投げれば良いのではないだろうか。試してみようではないか」

二人は目隠しをし、衣を脱いで、石を拾い、背後に投げました。すると、石はどんどん柔らかくなり、むくむくと人の形になり、起き上がったではありませんか。

デウカリオーンから投げられた石は男になり、ピュラーから投げられた石は女になりました。

これが新しい種族「英雄の時代」の始まりです。

デウカリオーンとピュラー
アンドレア・デル・ミンガ〈デウカリオーンとピュラー〉ヴェッキオ宮殿