1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

ペルセウスとアンドロメダ

アンドロメダを救うペルセウス
パオロ・ヴェロネーゼ 〈アンドロメダを救うペルセウス〉レンヌ美術館

あの美女は生け贄(いけにえ)に違いない!
メドゥーサを倒したペルセウスは、母が待つセリポス島へ飛んで帰るところでした。その時、裸の美女が鎖で岩場に括り付けられているが見えました。また、その岩場から少し離れたところを、海獣がまさに美女を目指して泳いでいるのも見えました。美女はエチオピアの王女アンドロメダといい、エチオピアのケフェウス王とカシオペア王妃の娘でした。

王と王妃もこの場におりましたが、うろたえているばかり。ケフェウスの弟のフィネウスというアンドロメダの婚約者もいましたが、なんということでしょうか!岩場のかげに隠れている臆病者です。ペルセウスはアンドロメダの両親に「娘さんを助けたら、私の妻にもらい受けたい」と言い、二人の了承を得ました。フィネウスは快く思いませんでしたが、どうすることもできません。

しかし、どうしてアンドロメダは生け贄にされたのでしょうか?

王妃カシオペアの失言と海獣ティアマト
かつて、王妃カシオペアが口をすべらせて言いました。
「私やアンドロメダの美しさには、海のニンフですらかなわないでしょう!」
この海のニンフは海神ポセイドーンの50人の孫娘で、ネーレイデスと言います。この言葉を聞いた彼女らは腹を立て、ポセイドーンに苦情を言い、カシオペアに罰を与えることを要求したのです。

ポセイドーンは、海獣ティアマトを放ちました。このティアマトは星座の鯨座です。鯨といっても鋭い牙を持った化け物なのです。

ペルセウスは飛び立つと、海獣ティアマト目指して飛んで行きます。ティアマトに近づくと、その固い鱗(うろこ)のすきまから、女神アテーナから借りた剣で急所を刺し殺してしまいました。一説には、ペルセウスがメドゥーサの首をかがげて石に変えたとも言われています。

ペルセウス、フィネウスとその家来と戦う
ルカ・ジョルダーノ〈ペルセウス、フィネウスとその手下と戦う〉ナショナル・ギャラリー

ペルセウスの結婚式とメドゥーサの首
ペルセウスとアンドロメダの結婚式の時、元婚約者のフィネウスが手下とともにアンドロメダを取り戻そうと宴の席に乗りこんできました。が、ペルセウスがメドゥーサの首で彼らをみな石に変えてしまいました。

ペルセウスとアンドロメダはセリポス島に戻り、ポリュデクテスにメドゥーサの首をつきつけて石にすると、恩義あるディクテュスを新たな王にしました。その後、ペルセウスはアンドロメダと母ダナエーと共にアルゴスに帰国。神託を恐れたアルゴス王アクリシオスは逃亡し、ペルセウスがアルゴスの王となったのです。

ペルセウスの母ダナエー〉参照

ペルセウスはラリッサの競技会に出場し、円盤を投げたところ、老人に当たってしまいました。なんとこの老人こそアクリシオス王で、こうして神託は実現したのです。

ペルセウスとアンドロメダ
ギュスターブ・モロー〈ペルセウスとアンドロメダ〉

前のページへ 次のページへ