1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

ケパロスとプロクリス

突然、勘違いで愛が終わってしまうのはよくあることです。しかし、悲しいことに変わりはありません。ここに、『ロメオとジュリエット』を思わせる、悲しい恋の物語があります。それが、ケパロスとプロクリスです。
けっして、憎み合った家柄の間での恋ではなく、ささいな勘違いが二人を永遠に引き離してしまったのです。曙の女神エーオースの予言がなければ、とも思ってしまいます。

アウロラとケパロス
フピエール=ナルシス・ゲラン〈エーオースとケパロス〉

曙の女神エーオースの予言
エーオースは、朝早く狩りに出ている若者に恋をし連れ去りました。この女神は恋心がうずくと、止めることができないのです。今度の恋の相手はケパロスです。

彼は新婚で、その美しい妻の名はプロクリス。女神アルテミスのお気に入りの処女でした。アルテミスは彼女に足の速い犬ライラプスと、絶対に的をはずさないという槍を与えました。

妻を愛していたケパロスは女神エーオースを拒否し、怒った女神は予言しました。

「なら、戻るがいい。だか、戻ったことが
後悔をうむことになるであろう」

いたずらキツネと足の速い犬ライラプス
ある日のこと。腹の虫が暴れたある神が、いたずらキツネを野に放ちました。そこで、村人はケパロスの腕を見込んで、彼にキツネ退治を頼みました。

ケパロスはキツネを見つけると、ライラプスを放ちました。犬は風のようにキツネを追いかけます。しかし、神のキツネです。ライラプスをしても捕まえることができません。二匹とも、凄い早さで追いかけっこをしています。

いらだったケパロスは、的を外さぬ槍を投げようとしました。その時です。二匹とも素晴しい動きのまま止まったかと思った瞬間、石に変えられてしまいました。神が二匹の走る姿に感動して、石として残したのです。

プロクリスの死
ヘンリエッタ・レイ〈プロクリスの死〉

ケファロスの浮気?
いつものようにケパロスは狩りに出かけました。夕方になると泉のそばの草むらで服を脱ぎ、仰向けに寝転びました。

「さぁおいで、甘いアウラー(そよ風)よ。
この熱くほてった胸をさましておくれ。
私の愛がどれほど深いか知っているだろう」

悪いことに、通りかかった村人がその声を聞き、プロクリスに伝えてしまいました。

「夫が、けっして浮気するはずがない」
プロクリスは信じていましたが、次の日こっそり泉のそばの茂みに隠れることにしました。そこへいつものように狩りを終えたケパロスがやってきて、服を脱ぎ、仰向けに寝転びました。

「さぁおいで、甘いアウラー(そよ風)よ。
この熱くほてった胸をさましておくれ。
私の愛がどれほど深いか知っているだろう」

プロクリスの死
その声を聞いたプロクリスは、うめくような声を出してしまいました。ケパロスはその声を野獣と勘違いして、絶対に的をはずさないという槍を茂みに投げてしまったのです。
「キャ〜」
彼はその叫び声が誰であるかすぐ気づき、駆けつけました。彼女は血を流しながらも、槍を胸から抜こうとしていました。

「あなた、私を愛しているのなら、
決してその憎らしいアウラーとは再婚なさらないで!」

もう手遅れですが、急いでケパロスは説明しました。プロクリスは彼の顔を憐れむような、許すような目をしながら見つめていました。その顔は、また安堵した顔でもありました。が、死からは逃れられません。プロクリスは、ケパロスの腕の中で、安らかに息を引き取りました。

この結果を、曙の女神エーオースはどのように思ったことでしょうか?
「そら、みたことか」との言い伝えはありません。
また、ケパロスに再度アタックしたこともなかったようです。

曙の女神エーオース

ケパロスとプロクリス
フラゴナール〈ケパロスとプロクリス〉アンジェ美術館

前のページへ 次のページへ