1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈アートバイブル〉も、絵画でわかりやすい聖書です。

ミノタウロスの誕生

ミノタウロス
ジョージ・フレデリック・ワッツ〈ミノタウロス〉テート・ブリテン

クレタ島の王ミーノースは、ゼウスとエウロペの子供。

王は何か王位を象徴させる証がないか考えていました。そして、神ポセイドーンに白い立派な牡牛を所望しました。神は生け贄としてこの与えた牡牛を捧げることを条件に王の望みをかなえました。

ミーノース王は、その白い牡牛があまりに素晴らしいので、ポセイドン神との約束を別の牡牛を捧げることでごまかしました。神は怒りました。なんと、ミーノース王の妃パーシパエーにその白い牡牛を恋するよう、狂わせたのです。

「あの美しい白い牡牛の子供が欲しい!、しかし、どうしたらいいのだろう」
相手は牛ですので、愛し合うことは難しいことです。パーシパエーは悩んだすえ、あのダイダロスの知恵をかりることにしました。

「王妃さま、牛と愛し合うなどとんでもない!」と諌めるのが普通の家臣、いや人間です。しかし、ダイダロスは生粋の科学者であり・発明家です。難問を与えられると、つい事の善し悪しを問わず、解決に突っ走ってしまうのです。

「王妃さま、それでは私が愛らしい牝牛のハリボテをつくりますので、その中にお入りください」と言いました。

しばらくして、牝牛のハリボテができ上がりました。
「なんと可愛らしこと!さすがダイダロス。これなら必ず望みがかないます」王妃は喜んでその中に入り、四つん這いになりました。

白い牡牛は王妃の入った牝牛のハリボテを見つけると、狂ったように飛んできました。すぐさま後ろから襲うように結合しました。

こうして生まれたのが、牛頭で人間の体を持ったミノタウロスです。ことは公にできません。ミーノース王はこれまたダイダロスに命じ、あのラビリンスをつくらせ、中にミノタウロスを閉じ込めたのです。

ミノタウロスは、テーセウスに退治されてしまいます。

ミノタウロスを退治するテーセウス
ポンペイ壁画〈ミノタウロスを退治するテーセウス〉