1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈絵画で分かりやすい旧約聖書・新約聖書

神の怒り、女神ネメシス

ネメシス
アルフレッド・レーテル〈ネメシス〉

エコーの愛を拒んだナルキッソスに罰を与えたネメシス

ネメシスは、人間の思い上がった無礼な行為に対する神の怒りから罰を与える女神です。ネメシスの語は元来は「義憤」の意味ですが、よく「復讐」と間違えられます。有翼の女神で、夜の女神ニュクスの娘とされます。

エコーの愛を拒んだナルキッソスに罰を与えたのは、ネメシスであると言われています。

ネメシスがトロイア戦争のヘレネーの母とされる一説

ゼウスはネメシスと交わろうとしましたが、ネメシスはいろいろな姿に変身して逃げました。ネメシスがガチョウに変身した時、ゼウスは白鳥となって交わりました。ネメシスは2つの卵を生んで、この卵を羊飼いが見つけました。羊飼いは、この2つの卵をスパルタの王妃レーダーに献上しました。この2つの卵から、1つはアガメムノンの妻クリュタイメストラ、もう1つからディオスクーロイが生まれたとされます。

しかし、この2つの卵の両親は、ゼウスと女神レーダーとされる説の方が有力です。

ふたご座:ディオスクーロイ〉参照

ネメシス(モロー)
モロー〈ネメシス〉

ネメシスの二面性

ネメシスは二面性を持ち、呵責のない復讐の面とその復讐をなだめ恩恵をほどこす面があります。

ネメシスは運命の女神とよく間違われることから、砂時計を持っている姿で絵画に描かれます。しかし、ネメシスと砂時計との関係を説明している神話は見つかりませんでした。

一般的には、運命の女神はクロートー、ラケシス、アトロポスの3人です。クロートーは運命の糸を紡ぎ、ラケシスはその糸の長さを決め、アトロポスが最後に糸を断ち切ります。

運命の3女神〉参照

ギリシア悲劇においては、復讐の女神は「エリーニュス」として、神罰の執行者としてしばしば登場します。アテーナイではネメシスの祭「ネメセイア」が行われました。これは十分な祭祀を受けなかった死者の恨みが、生者に対して悪いことをしないように、とりなしをすることが主な目的です。

復讐の女神エリーニュス
ジョン・シンガー・サージェント〈オレステスと復讐の女神エリーニュス〉