1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

ギリシャ神話ホームイリアス|【第5歌】後編:ディオメデスvs軍神アレス

【第5歌】後編:ディオメデスvs軍神アレス

(更新日:2021.04.23)

『イリアス』を読むまでは、神々は人間同士の戦いには直接参加することはないと思っていました。天上で、サイコロを振りながら人間の愚かさを笑って操っているだけだ、と。
ところが、『イリアス』では、オリュンポスの神々がかなり地上で動き回っていました。さらには、ディオメデスvs軍神アレス、人間vs神。トロイア戦争では、こんなとんでもない戦いもあったのです。

ベルリン王宮橋のディオメデスとアテナ
ベルリン王宮橋〈ディオメデスとアテナ〉出典

【イリアス 第5歌 後編】

ヘクトルと軍神アレスの最強コンビ

アポロンがアイネイアスを再び戦場に送り出すと、トロイア軍は彼の無事な姿に歓喜します。
一方、ギリシャ総大将アガメムノンと弟メネラオスも戦場にいます。
アガメムノンがアイネイアスの部下デイオコンを倒せば、アイネイアスもクレトンとオルティロコスを打ち取ります。さらに、アイネイアスはメネラオスを倒そうとしましたが、メネラオスのそばにはネストルの子アンティロコスが従っていたので、あきらめざるをえません。

メネラオスとアンティロコスには、今度はヘクトルと軍神アレスが向かって行きます。アレスがヘクトルの前後を行き来していたので、ディオメデスは神アレスの姿を確認すると、ギリシャ軍に叫びます。
「ヘクトルは、単なる勇者ではなかった。彼には神が必ず一人付いている。今は、軍神アレスだ。けっして、アレスと戦おうとしてはならぬ」
そのため、軍神アレスとヘクトルに多くの武将を倒されながらも、ギリシャ軍はじりじり後退していきます。

別の場所では、ゼウスの子トロイア軍のサルペドンと孫でありヘラクレスの子であるギリシャ軍のトレポレモスが槍を投げあっています。サルペドンの槍は、トレポレモスの首を刺し貫きました。サルペドンの腿にも槍が刺さりましたが、死ぬほどの傷ではありません。
その間にも、オデュッセウスは、サルペドンの家来を多数倒します。しかし、軍神アレスとヘクトルが近づいてきたので、それ以上倒すことはできませんでした。

アテナとヘラ、オリュンポスを下る

下界の様子を見ていたゼウスの妃ヘラは、アテナに
「なんたることであろう、厄病神アレスが荒れ狂っている。このままでは、ギリシャ軍が勝つことはなくなってしまうぞ」
ヘラは馬を用意し、女神へべは車を準備します。黄金の兜と鎧をつけたアテナは、恐るべき盾アイギスを持ち、そのふちには「潰走」「争い」「勇武」「追撃」が寄りそっています。また盾の中央には、あの恐ろしいゴルゴンの首もあります。

ヘラはゼウスに苦言を言いいます。
「ギリシャ武将を倒しているアレスの所業、それをただ見ているアポロン。あなたは、あのアレスを戦場から追い出したら、ご立腹なさいますか」
「いいとも、アテナを彼に立ち向かわせるが良い。アテナなら、いつもアレスをやり込めている」

ヘラは馬に鞭を当て、アテナとともにオリュンポスから駆け下りました。二人は、トロイアのシモエイスとスカマンドロス河の間に降り立ちます。ヘラは武将の姿をかりて叫びます。
「ギリシャの者ども、恥を知れ。アキレウスがいた頃は、トロイア軍は我らギリシャ軍の船場まで攻めてこなかったではないか」

軍神アレスと戦略の神アテナ
ダヴィッド〈軍神アレスと戦略の神アテナ〉

一方、アテナは傷口を癒しているディオメデスのところにやってきました。
「そなたの父テュデウスは情けない子を産んだものだ。彼は戦うなと言っても、戦った。今のそなたは怖気づいたのであろうか」
「アイギス持つゼウスの姫君よ。私にはあなたが兵士の姿をしていても女神とわかります。私はあなたの言いつけに従っただけです。アフロディテなら立ち向かえ、他の神とは戦うなとのお言葉でした。いま戦場をわがもの顔で戦っているのは軍神アレス、あなたが戦うなといった神です。だから、私は部下たちに引き下がるよう命じたのです」
「そなたは可愛い男じゃ。言いつけなど気にせず、他の神であろうと、ましてやアレスなど構うことはない。すぐさま、アレスに向かって行き傷つけても良いぞ」

ディオメデスvs軍神アレス

アテナは戦車に乗り込み、ディオメデスの傍らに座るとアレスのところに駆けつけました。アテナ自身はアレスには見えないように「ハデスの兜」をかぶっています。アレスもディオメデスに気づくと、さっそく槍を投げてきました。その槍の先をアテナがそらします。今度はディオメデスが槍を投げます。槍はアテナに導かれ、アレスの下腹を傷つけました。アレスは両軍が震え上がるような悲鳴をあげ、オリュンポスへと帰って行きました。

ゼウスの傍らに来るとアレスは、
「父上よ、神々はあなたに皆服従しているが、皆あなたに不満を抱いている。あのじゃじゃ馬アテナのせいだ。父上はアテナには甘く、好き勝手にさせている。今回もディオメデスに女神アフロディテの手首を傷つけさせ、私にさえも鬼神のごとく襲いかからせた」

そんなアレスに、ゼウスは言い放ちます。
「お前ほどわしが憎いと思う奴はいない。お前が好むのは戦い、争い、ケンカばかり。ワシでさえ手に負えぬ強情な性分を母ヘラから受け継いでいる。お前を傷つけたのは、そもそもヘラの差し金だ。しかし、おまえが苦しんでいるのを黙って見てるわけにもいかない。おまえもわしの子だからな」
こう言うと、医者を呼んでアレスの治療をさせました。すると、神であるアレスの傷はすぐ癒えました。その頃には、ヘラとアテナもゼウスの館めざして、オリュンポスへの帰途についていました。

前のページへ 次のページへ