1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

ギリシャ神話ホームオデュッセイア|【第6歌】前編:オデュッセウスとナウシカア

【第6歌】前編:オデュッセウスとナウシカア

(更新日:2021.04.23)

女神アテナはオデュッセウスのためには、助力を惜しみません。まるで、パートナーか恋人のようです。こんなにも、神が一人の人間を助けることは、ギリシャ神話の中でも珍しいことです。
女神アテナは、自分は神々の中でも知恵者だと自負しています。人間界の中の知恵者、それがオデュッセウス。【オディッセイア 第13歌】で、「われらは似た者同士だな」と発言しています。

ナウシカア
リュシアン・シモン〈ナウシカア〉

【オデュッセイア 第6歌 前編】

オデュッセウスは数々の苦難を乗り越え、パイエケス人の住む島に着きました。彼は河が海に流れ着く岸辺の茂みの中に、くたくたの体を横たえました。そんなオデュッセウスのために、女神アテナは眠りをふりかけてやりました。また、女神はパイエケス国の王女ナウシカアに、彼を発見させることにしました。

女神アテナ、ナウシカアを河へ洗濯に行かせる

女神アテナはナウシカア王女の友デュマスの娘に化け、まどろんでいる王女の夢枕にたちました。
「ナウシカア、あなたの母はどうしてこんなにもだらしない娘をお産みになられたのかしら。たくさんの立派な衣装は放ったらかしのまま。国中の貴公子があなたを妻にと望んでおられるのです。夜が明けたら、すぐに洗濯に出かけましょう。わたしもお手伝いいたしますわ」

ナウシカアは目が覚めると、父親アルキノオス王にたのみました。
「お父さま、弟たちの着物を洗いに河に行きたいの。だから、しっかりした馬車を用意してくださいませ」
王である父は喜んで、
「娘よ、行くがよい。すぐにしっかりした馬車を用意させよう」
母アレテは、食物とぶどう酒、水浴した後に塗る上等なオリーブ油もナウシカアにもたせました。王女は馬車の手綱を取り、出発します。女中たちがその後を歩いて行きます。

やがて、ナウシカア一行は美しい流れの河につきました。女中のひとりは馬を馬車から放つと、水辺の新鮮な草を食べさせました。また、女中たちは洗濯物を河に運び、足で踏んで洗います。
きれいになった洗濯物は、水辺のきれいな石の上に広げます。その後、洗濯物が乾くまで、ナウシカアと女中たちは水浴し、オリーブ油を体に塗り、食事を取りました。

img alt="オデュッセウスとナウシカア" src="http://greek-myth.info/images_up/Ulysses__Nausicaa1.jpg" width="620" height="auto">
ピエール=アンリ・ド・ヴァランシエンヌ〈オデュッセウスとナウシカア〉

娘たちの声に目覚めるオデュッセウス

食事がすむと、ナウシカアたちは歌いながら、マリ遊びを始めました。そんなナウシカアは、まるでニンフたちの中でもひときわ目立つ女神アルテミスのよう、その美しさは際立っています。

ここで、女神アテナは思いつきました。
ナウシカアのけったマリが女中から外れ、河の中に落とさせました。女中たちは大きな声をあげました。その声で、眠っているオデュッセウスは目を覚まします。

「なにやら、若い女たちの声がする。それともニンフたちの声であろうか。今度は、私はどんな国に来たのであろう。どんな試練が待っているのであろうか」
そう思ったオデュッセウス。今は着物さえ持っていない、助けを必要とするみすぼらしい身です。

裸の彼は小枝を折ると葉で陰部を隠し、女たちの前に進み出ました。その姿は海水に浸かっていたために見るも恐ろしい、まるで山の中の熊や猪のようです。彼を見ると、女中たちはみんな馬車の陰に隠れました。
しかし、ナウシカアだけは逃げなかったのです。それもそのはず、女神アテナが王女に勇気を吹き込んでいたからです。

後編:オデュッセウス、パイエケス国へ〉】を読む

前のページへ 次のページへ