1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

ニオベーの悲哀、誇りから女神の怒りをかう

子供たちのために嘆き悲しむニオベー
ブルーマールト〈子供たちのために嘆き悲しむニオベー〉

「ひとりだけは、この一番下の子だけは助けてください。お願いです」
ニオベーは、最後に残った末っ子の娘を抱きしめたまま叫びました。なぜこうなってしまったのか、彼女にはわかっていました。が、その後に起こったことにより、彼女の意識は遠のいていきました。

テーバイの王妃ニオベーの誇り

ニオベーの両親は、ゼウスの子タンタロスと女神ディオーネー。類まれなる美貌の彼女には、夫であるテーバイ国王アンピーオーンの名声もありました。そして、なにより誇りにしていたのが、7人の息子と7人の娘でした。ですので、誰もがうらやむ幸福な母親になれたはずです。が、ありあまる誇りが、女神への不遜な態度をとらせてしまいました。

母神レートーを祝う例年の祭り

黄金と宝石で光り輝く衣装を身につけたニオベーは、群衆の前で言い放ちました。

「なんとばかげたことであろう!お前たちは目の前に立っている私より、まだ目にしたこともない女神レートーのほうを崇めると言うのか。どうして女神などが崇拝されて、私にはなんの敬意も払わないのか?
私には7人の息子と7人の娘がいる。が、女神にはアポローンとアルテミス、たったの2人しかいないではないか。さぁ、お前たち、こんな女神の祭りをやめて、さっさと立ち去るがよい!」

人々はニオベーの言葉に従い、祭りを途中でやめて帰ってしまいました。

女神レートーの怒り

それを天界から見ていたレートーは憤慨して言いました。

「私は今日までお前たち2人を誇りにしてきました。大神ゼウスの妃ヘーラーを除いては、けっして他の女神に劣らぬと思っています。その私が、今や自分はほんとうに女神なのかと疑い始めています。お前たちが母さんの尊厳を守ってくれないと、人間たちの崇拝をうばいとられてしまいます。あの人間の女が...」

「母上、それ以上おっしゃいますな。話は処罰を送らせるだけですから」
息子アポローンは母がそれ以上言うのをさえぎると、妹アルテミスとともにテーバイの塔の上に降り立ちました。

ニオベの子供たちの死
ジャン・フランソワ・ド・トロイ〈ニオベの子供たちの死〉

7人の息子を射るアポローンとアルテミスの矢

街の若者たちは、戦争のまねをして遊んでいました。その中にニオベーの息子たちもいました。長男イスメーノスは、手綱を取り二輪戦車を駆っていました。が、
突然「あっ!」と叫び地上に倒れました。
矢に射られたのです。もうひとりの息子はそれを見て、戦車を飛ばして逃げようとしました。しかし、矢はなんなく追いついて、彼をも殺したのです。

もう2人の息子は、運動場で格闘技をしているところを、1本の矢が2人ともに貫きました。それを見ていた2人の兄弟は、助けようと近づきましたが、彼らもまた射殺されてしまいました。
「助けてください、神々さま!」
最後に残ったイーリオネオスは、両腕を天にさしのべ叫びました。が、アポローンは彼を助けてやりたいと思ったのですが、矢はすでに放たれていて、どうすることもできません。

街は恐怖で混乱しましたが、二オベーには何が起こったのか分かっていました。が、神がそのようなことをするとは、とても信じられません。そして、夫アンピーオーンはこの打撃に耐えられず、自ら命を絶ってしまいました。

それでも、私には7人の娘がいる!

ニオベーは死んだ息子たちに接吻をすると言いました。
「残酷なレートーよ、私の苦悶で、お前の残忍な心を満足させるがいい。
それでも、私には7人の娘がいる!」

娘たちは死んだ兄弟の前に集まっていました。その時です、またもや弓の音と矢の走る音が聞こえました。娘たちは逃げようとした娘も、隠れようとした娘も、ただおろおろしている娘たちも次々に矢に射殺されてしまいました。
こうして、娘たち6人がまたたく間に死んでいったのです。

ニオベーと末娘
〈ニオベーと末娘〉

「ひとりだけは、この一番下の子だけは助けてください」

ニオベーは、最後に残った末っ子の娘を抱きしめたまま叫びました。その願いもかなわず、神の放った矢は、末っ子を射抜きました。娘は死んだまま母の足を抱きしめていました。

子供14人と夫に死なれたニオベー。
彼女の神経は麻痺し、風が吹いても髪の毛は動かず、頬には色つやもなく、もはや生きている気配もありません。その場に立ちすくんだまま、もはや動くこともありません。

あの饒舌だった口も動かず、首は曲がらず、手足も動かず、血液も流れを止め、とうとう彼女は石になってしまいました。が、その目からは涙が止めどなく流れています。

石になったニオベーは、一陣の風により故郷の山の上に運ばれていきました。今でもそこにあり、止めどなく水が流れているということです。

アポローンの残虐

リューディア地方のシピュロス山にあるニオベーの泣き岩
〈リューディア地方のシピュロス山にあるニオベーの泣き岩〉

アロンザ