1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈絵画で分かりやすい旧約聖書・新約聖書

星座の神話

ギリシャ神話における星の物語・神話です。多くの星座はギリシャ神話が元になっています。

おおくま座:カリストー

おおくま座:カリストー

すると、カリストーは両手・両足を同時に地に着けました。両腕をさしのべて哀願しようとしましたが、その腕はもう黒い毛で覆われています。
オリオン座

オリオン座

オリオンはケーダリオーンを肩に乗せると、太陽の館を目指しました。やがて館に着くと、哀れに思ったアポローンは太陽の光で彼の目を癒しました。
さそり座

さそり座

今でも、さそり座が東の空から昇ってくると、その恐怖からオリオン座は逃げるように、西の地平線に沈んでいきます。
いて座:ケイローン

いて座:ケイローン

ケイローンはゼウスに頼んで〈不死の力〉をプロメーテウスにゆずり、死を選んだ。その死を惜しんだゼウスは、ケイローンの姿を星にかたどり、いて座にしました。
やぎ座:アイギパーン

やぎ座:アイギパーン

アイギパーンがホラガイを吹き鳴らしました。それはもの凄い轟音となり、ティーターンたちはパニックを起こして逃げ出しました。ゼウスはその功績をたたえました。
みずがめ座:ガニュメデス

みずがめ座:ガニュメデス

水瓶(みずがめ)座は神々の食卓で美酒(ネクタル)を注ぐガニュメデスの姿だといわれています。両親が少年を想い浮かべられるように、ゼウスが星座にしたのです。
うお座

うお座

「うお座」は、古代メソポタミア文明に由来する星座とされています。2匹の魚とつながっているひもは、チグリス川とユーフラテス川を表しています。
おひつじ座

おひつじ座

二人の子供が生贄にされ、今にも殺されそうになった時です。ヘルメースが黄金の毛皮の牡羊をつかわし、二人を助け、天高く運びあげさせました。
おうし座

おうし座

4月21日〜5月21日。おうし座のギリシャ神話は「エウロペーの誘拐」。ゼウスは白い牡牛になり娘に近づき連れ去ります。おうし座の中のプレアデス星団の神話。
ふたご座:ディオスクーロイ

ふたご座:ディオスクーロイ

ゼウスは白鳥に化けて、鷹に襲われたようにみせかけ、レーダーのふところに逃げ込みました。彼女は2つの卵を生み、1つ卵から兄弟、もう1つの卵から姉妹が生まれました。
かに座:カルキノス

かに座:カルキノス

ヘラクレスの母アルクメネーを憎んでいた女神ヘーラーは、ヒュドラーの助けに大蟹カルキノスを送りこみました。が、ヘラクレスは簡単に踏みつぶしてしまいました。
しし座:ネメアの獅子

しし座:ネメアの獅子

ヘラクレス 10の難行の1つ「ネメアの獅子退治」。ヘラクレスは素手で獅子を締め上げ、倒したのです。女神ヘーラーは、ネメアの獅子をあわれみ、獅子座としました。
おとめ座:少女A

おとめ座:少女A

ギリシャ神話の「おとめ座」には、大神ゼウスあるいは他の神々によって、ある少女が何らかの理由で天に上げられ「おとめ座」になったというエピソードがありません。
てんびん座:アストライアー

てんびん座:アストライアー

残っていた神々も我慢の限界を超え、天界へ帰っていきました。その中で最後まで人間を信じようとした神がアストライアーであったのです。