1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈絵画で分かりやすい旧約聖書・新約聖書

さそり座

さそり座イメージ
〈さそり座イメージ〉出典

さそり座:10月24日〜11月22日

オリオンの自慢
オリオンはポセイドーンの息子で巨人ですが、巨人には珍しい美男子で、かつ腕のたつ狩人でした。

ある時、仲間と酒を飲んで酔っぱらい、上機嫌になってしまったオリオンは、
「天下に自分ほどの腕の良い狩人はいない。足の速い鹿だって、獰猛な熊やライオンだって、赤ん坊のようなものだ。俺から逃げられる獣はいない」と、自慢していました。

大地女神ガイアの怒り
それを聞いた神々は、思い上がりの激しいオリオンに怒りました。特に大地女神ガイアの怒りは激しく、
「一年中獲物が捕れるのは、誰のおかげだと思っているのか。大地女神である私が、大地に恵みをもたらし、その恵みによって大いに獣が繁殖しているからだ。なのに、なんという傲慢で奴だろう」と怒り、一匹のさそりに「刺し殺しておしまい」と命令し、オリオンのもとに送りました。

さそりはオリオンに忍び寄り、猛毒の針を突き刺すと、オリオンもその毒にはひとたまりもありません。息絶えてしまいました。この手柄により、さそりは星座となり天に上げられました。

死せるオリオンとアルテミス
ダニエル・サイター〈死せるオリオンとアルテミス〉

女神アルテミスの願い
思いをよせていたオリオンの死を憐れんだ女神アルテミスはゼウスに願い、オリオンも天の星座となりました。しかし、今でも、さそり座が東の空から昇ってくると、その恐怖からオリオン座は逃げるように、西の地平線に沈んでいきます。

一説には、オリオンが狩りの自慢をしたために、狩りの女神であるアルテミスがさそりをオリオンに送ったということです。また、オリオンの死はさそりが刺したからではない物語もあります。
オリオン座〉参照

さそり座

参考サイト:さそり座の性格チェック!今すぐわかる、性格、恋愛、行動パターンから

さそり座・基本性格
・無口で何事にも控えめな性格
・どちらかと言えば印象が薄い
・内面には激しい情熱を秘めていて、執着心も強い
・困難に打ち勝つ忍耐強さとバイタリティーがある
・何を考えているのか、性格がつかみにくい

さそり座・恋愛感
・さそり座の愛は妖精のような吸引力と魔性を秘めた愛
・寡黙だが、沈黙のうちに相手の心を読みとる
・静かに深く潜行する秘密の恋愛を好む
・愛しかたは本能的。幻想的な官能の世界を強く好む

さそり座行動パターン
・徹底してひとつのことにのめりこむ
・一度始めたことはどんな問題があっても乗り越える
・実行力があり、約束は必ず履行する

さそり座・響く言葉と嫌がられる言葉
〈響く言葉〉
誠実、努力家、心が強い、探究心豊か
〈嫌がられる言葉〉
執念深い、陰湿、根に持つ

さそり座・裏の顔
・SF、オカルト、異端的な宗教を好む傾向がある
・方向性を誤ると世間一般から逸脱してしまう
・なかなか他人を信用しないため、人と仲良くなるまでに時間がかかる

気になりましたら、こちらのサイトもご覧ください。
さそり座2017年の星模様|石井ゆかりの12星座占い 今週の星模様