1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

ディオニュソス、テーバイへの凱旋 2

ディオニュソスの祭りには、女信者が多いそうです。そして、ペンテウス王の母、叔母2人も祭りに参加して踊り狂っています。そんな祭りに、ディオニュソスを引っ捕えようと出かけるペンテウス王。しかし、踊り狂う母と伯母2人に……
ところで、ペンテウス王はなぜディオニュソスとその祭礼を嫌うのでしょうか。ディオニュソスとペンテウス王は「いとこ」であることが関係しているのかもしれません。

バッカス祭
ニコラ・プッサン〈バッカス祭〉プラド美術館

神ディオニュソスの出現

少年はブドウの冠をかぶり、手には槍を持っていました。虎が足元にはべり、まわりには山猫と豹がたわむれています。少年は神としてディオニュソスの姿を現したのです。船員たちは驚き恐れ、慌てて海に飛び込みました。すると、その手は鰭(ヒレ)に、その足は先が三日月になった尾を持つイルカに変身してしまいました。

私がブルブル震えていると、神は「何も心配しなくていい、船をナクソス島に向けなさい」とおっしゃいました。船の舵をとると、船員はすでに誰もいませんが、自然と船が動き出しました。

ここまで聞くと、ペンテウス王は叫びました。

「詰まらぬ話に時間を取られた。即刻処刑せよ!」

家来たちはアコイテースを牢に入れると、処刑の準備に去って行きました。すると、アコイテースの手や足を縛っていた鎖は自然にはずれ、牢の扉も自然に開きました。家来が戻ってきた時には、アコイテースの姿はありませんでした。これは、全てデイオニュソスの警告でした。

ペンテウス王、キタイロン山へ

警告を無視したペンテウス王は、自分自身で裁こうとディオニュソスの祭りが行われているキタイロン山に出かけました。山では信者たち、特に女信者の声が響き渡っています。この騒音は、ますますペンテウス王の怒りに火をつけました。

ペンテウス王が祭りの中心地にくると、彼を見つけた女信者や群衆が襲ってきました。

「あすこに森を荒らすイノシシがいる!
姉妹たち、みんな来ておくれ。
あのイノシシをやっつけるんだ!」

なんと、叫んだのはペンテウス王の母アガウェーでした。

恐れたペンテウス王は今までのことを弁明し、罪を認め、許しをこいました。
しかし、女信者たちには、ペンテウス王の声はイノシシの吠え声にしか聞こえません。王はその間にも傷つけられて、信者の中に見つけた伯母たち2人に助けを求めました。が、叔母アウトノエーとイーノーは、王のそれぞれの腕をつかみ、引き裂いてしまったのです。

ペンテウス王の死

「勝った!勝った!私たちのお手柄だ!」

ペンテウス王の母アガウェーは、狂乱の中で叫んでいました。

ところで、ペンテウス王はなぜディオニュソスとその祭礼を嫌うのでしょうか。セメレーとアガウェーは姉妹です。セメレーはゼウスの子ディオニュソスを、アガウェーはペンテウスを生みました。人間・ペンテウスは、神・ディオニュソスに嫉妬していたのかも知れません。

← ディオニュソス、テーバイへの凱旋1

引き裂かれるペンテウス
ポンペイ壁画〈引き裂かれるペンテウス〉

【ディオニュソス関連記事】