1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

テセウスの子ヒッポリュトス前編[エウリピデス作]

テセウスの息子ヒッポリュトスは人間でありながら、処女神アルテミスと供に狩りに行くのが日課。そんな彼は、女には全然興味がありません。
この女に興味がないことが、愛の女神アフロディテを敬わないことになり、ヒッポリュトスは女神の怒りを買ってしまいます。

愛の女神アフロディテ(ビーナス)
〈愛の女神アフロディテ(ビーナス)〉

恋の女神アフロディテ、ヒッポリュトスに怒る。

(アルゴスのトロイゼン王宮前の広場。
アフロディテ、舞台の上方の神座に姿を表す)

アフロディテ
私は女神アフロディテ。私に向かって思い上がった振る舞いをするものは、神であろうと人であろうと必ず打ち倒す。
テセウスの息子ヒッポリュトスは、私を忌まわしい神と呼び、愛の喜びを卑しめて独身を守っている。さらに、アポロンの妹である処女神アルテミスを最高の神とあがめ、狩りの供をしている。

だから、私がテセウスの妃パイドラを彼に恋するように仕向けたのである。
さらに、私はパイドラの恋をテセウスに知らしめよう。テセウスは、息子ヒッポリュトスを呪うであろう。海神ポセイドンがテセウスに三度までかなえるとした呪いによって。
そのヒッポリュトスめがやってきた。彼が、この世で陽を仰ぐのも今日限りになろう。
(アフロディテ、退場)

若きヒッポリュトスの驕り

(ヒッポリュトス、従者を連れて登場。アルテミスの神像に花輪を捧げる)
ヒッポリュトス
この花冠は、徳を持ったものしか摘むこが許されない「純潔」の原から摘んだ花から作りました。さあ、愛しい女神よ、黄金の髪飾りとしてお受け取りください。
(従者の中の老僕が、ヒッポリュトスの前に出てくる)
老僕
若様、この爺やのご忠告をお聞きください。
ヒッポリュトス
言うまでもないこと。
老僕
では、アフロディテの神像にもお参りください。
ヒッポリュトス
(アフロディテの神像に遠くから軽く頭を下げ)
おれは、色恋に染まぬ人間。あの神様には、遠くからご挨拶しておこう。
老僕
しかし、この世では、勢いのある尊い神様ですよ。
ヒッポリュトス
神であっても、好き嫌いのあるのはしょうがない。
(ヒッポリュトス、従者と共に王宮の中に退場)
老僕
アフロディテ様、若さに気負うて、失礼なことを申しましたがお許しください。
(老僕、退場)

アレクサンドル・カバネル『パイドラ』
アレクサンドル・カバネル〈パイドラ〉

やつれ果てたテセウスの妃パイドラ

コロス:15人のトロイゼンの女たち、登場)
コロス
お妃様は、何も召し上らなくなってもう3日になるそうな。それに、死出の旅までしていると。
テセウス様が、不倫の恋に酔いしれておいでなのだろうか。
コロスの長
おや、乳母の方がやつれたお妃様を宮殿からお連れしてこられます。
(乳母と数人の侍女が、宮殿の中よりパイドラの臥す床を運び出してくる)
パイドラ
私を起こして。山へ連れってちょうだい。狩りの犬が鹿を追って駆けめぐる、もみの林に登りましょう。さあ、早く。この右手に持った投げ槍を、投げてみたい、あの方のように。
乳母
姫様、なんとまた、とりとめもないことを。
パイドラ
不幸せな私。どの神様の祟りで、私は狂ってしまったのかしら。ああ、恥ずかしい、婆や、顔を隠してちょうだい。
乳母
はいはい、お顔を隠してあげましょう。
コロスの長
もし、乳母の方。パイドラ様はどんなご病気なの。教えてくださいませ。
乳母
私も存じません。いくらお訪ねしても、お答えになりません。何が原因なのか、分かりかねています。
コロスの長
テセウス様は、黙って見てておいでなのですか。
乳母
殿様は、あいにくご不在なのです。
コロスの長
では、あなた様が、何とか聞き出さねばなりませんね。
乳母
あらゆる手立てを尽くしたのですが。このまま奥様が隠れになってしまえば、あのアマゾンの子ヒッポリュトス様に仕えることになります。
(パイドラ、急に顔を上げ)
パイドラ
えっ、なんですって!
息が止まるような気がしたわ。
婆や、お願いだから、あの人の名前は、二度と私の前で呼ばないで。
乳母
姫様、お気をしっかり持って、お腹の子のために、ご自身のためになることをなさってください。
パイドラ
私の悩みは、別にあるのです。心に穢れがあるのです。
私を苦しめているのは、とても親しい人。
乳母
まさか、テセウス様がお妃様に何かひどいお仕打ちでもなさいましたか。
パイドラ
いいえ、私の方があの人に間違ったことをせねば良いと思うばかり......。
乳母
では、打ち明けてくださいませ。婆やがなんとかいたしましょう。
パイドラ
どうしよう、話すことはできない、でも、話しましょう。

パイドラの恐るべき告白

パイドラ
お気の毒なパーシパエお母様、牡牛を愛してミノタウロスを生んでしまった。
悲しい妹アリアドネー、テセウス様に置き去りにされて酒神ディオニュソス様に嫁いだ。
そして、三度目はこの私。惨めに滅んでいくのでしょうか。
ところで、婆や、世間では恋とはどんなものと言っているのでしょう。
乳母
何よりも楽しいもの。けれどまた辛いものだと申してます。
パイドラ
私は楽しいものはなく、辛いことばかりだわ。
乳母
姫様、なんとおっしゃいました。恋をしておいでなのですか。いったい、どのお方に?
パイドラ
それは、あの......アマゾンのお子の......
乳母
ヒッポリュトス様?
パイドラ
(両手で顔を隠して、床に崩れ伏す)それを言ったのは婆やですよ。私ではありませんよ。
乳母
コロス:トロイゼンの女たちに)みなさん、こんな恐ろしいことには、私は死んでしまいます。
操正しい方でありながら、姫様を不倫の恋に陥らせるアフロディテ様は、ホントに恐ろしい。
コロスの長
皆さん、お妃様の口から恐ろしいことをお聞きしました。
私ならば、そんな苦しみを味わうよりは死ぬのが本望。おいたわしいクレタのお妃様。
今日一日、これからどんなことが起こりますやら。

前のページへ 次のページへ

【ギリシャ悲劇関連記事】