1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈絵画で分かりやすい旧約聖書・新約聖書

カワセミの話 アルキュオネー

アルキュオネー
H. J. ドレイパー〈アルキュオネー〉

ケーユクスとアルキュオネー

テッサリアの国王ケーユクスは、暁の明星へスポロスの子。アルキュオネーは、風の支配者アイオロスの娘。二人は輝かしいばかりの美貌と幸せに包まれていた夫婦でした。

ケーユクスの兄ダイダリオーンは娘の死を嘆き、パルナッソスの断崖から飛び降りました。この不幸な出来事のために、ケーユクスはイオニアのアポローンの神託を伺おうと決意しました。

テッサリアからイオニアに行くには、エーゲ海をわたる長い船旅になります。ケーユクスの決意を聞いたアルキュオネーは、何とかやめさせようとしました。風の支配者である父から、風の恐ろしさを知っていたからです。

「私も連れて行ってください。一人にしないでください」

しかし、アルキュオネーまで海の危険にさらすわけにはいきません。ケーユクスは妻をなんとか説得して、残すことにしました。
「わが父、明けの明星に誓って、月が二度みちるまでには帰ってこよう」

ケーユクス、エーゲ海の嵐の中で逝く

航海がエーゲ海の中ほどまできたある日。夜になると稲妻が光り、風も強くなり、海も大きくうねり荒れてきました。船は高く波の上に持ち上げられ、水面に叩き付けられます。水夫たちは疲れ果ててしまいました。ケーユクスもただただアルキュオネーのことを思い、連れてこなかったことを喜びました。

そして、ついに稲妻が帆柱を砕き、高い波が船を打ちくだきました。死が近づいたケーユクスは、波が自分を故郷に運んでくれるよう祈りました。

一方、アルキュオネーは、こうした恐ろしい出来事を知らず、ケーユクスの帰りを指折り数えて待っていました。夫の新しい着物をそろえたり、神々に祈りを捧げていました。とりわけ夫婦愛の神ヘーラーには香を絶やしたことがありません。
「無事でありますように。生きて帰ってこられますように。旅先で好きな女に会いませんように」
この最後の祈りだけは、唯一かなった願いでした。

女神ヘーラーは、すでに死んだケーユクスに対するアルキュオネーの祈りに絶えられなくなってきました。そこで、虹の使者イーリスを呼んで、命じました。
「イーリスよ、眠りの神ヒュプノスの館に行って、ケーユクスの死んだことを夢枕に立って伝えてもらうように」

眠りの神ヒュプノスを訪れるイーリス
〈眠りの神ヒュプノスを訪れるイーリス〉

眠りの神ヒュプノスの館

七色の衣をまとうイーリスは、大空に虹をかけながら出かけていきました。ヒュプノスの館は、どんよりとした空気に包まれ、静寂に支配されています。門もなく、館の中央に黒檀(こくたん)でできた長椅子が一つおいてあり、黒い羽布団がしかれ、黒い垂れ幕がかかっています。

イーリスは、まとわりつく夢を追いはらい言いました。
「ヒュプノスよ、もの静かな神よ、心のしずめ役、悩み疲れた胸のなぐさめ役よ、アルキュオネーのところに行って、ケーユクスの死とその遭難のありさまとを知らせなさい」
イーリスは伝えると、よどんだ空気、眠気が全身に忍びよってくるのを感じて、その場をすぐ立ち去りました。

ヒュプノスには、人間に変身するのが得意なモルペウス、鳥獣に変身するイケロス、岩や木、水に変身するパンタソスなどの息子がいます。ヒュプノスはモルペウスにイーリスの命令を伝えると、ふたたび枕に頭をのせ、心地よい眠りに身をまかせました。

ケーユクスに変身したモルペウス
〈ケーユクスに変身したモルペウス〉

モルペウス、ケーユクスの影となって

モルペウスは羽音ひとつさせずテッサリアに飛んでいきました。着くとケーユクスに変身し、アルキュオネーの枕元に立ちました。その顔は死人のように青ざめ、髪は水をふくみ、水がしたたり落ちています。そして、かがみ込んで、涙を流しながら言いました。
「この変わり果てたケーユクスが分かるかね?不幸な妻よ、これはお前の夫の影なのだ。アルキュオネーよ、お前の祈りも通じず、私は死んでしまった。嵐が船を沈めてしまったのだ!さぁ、起きて、私の冥福を祈っておくれ」

「待ってください!あなたは何処へ行かれるのですか?私もいっしょにお供をさせてください」
夢の中でアルキュオネーは叫びました。その大きな自分の声で目をさました彼女は、胸をたたき、着ているものを引き裂きました。

一羽のカワセミ

翌朝、アルキュオネーは夫が出発した海岸に行きました。ふと海の上に目をやると、得体の知れぬものが浮いています。波が近くに運んでにくると、難破した人間の体とわかり、彼女は言いました。
「お気の毒なお方、あなたにも奥さまがあり、奥さまもお気の毒に」

死体がもっと近づいてくると、それがケーユクスのものだと分かりました。その瞬間、アルキュオネーの体は宙を飛んでいました!あの小さな"カワセミ"となって。

アルキュオネー
〈アルキュオネーの上に2羽のカワセミが飛んでいます。〉