1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

【第6歌】前編:ヘクトル、パリスを叱る

ヘクトル、パリスを叱る
ピエール・クロード・ドロルム〈ヘクトル、パリスを叱る〉

(イリアス 第6歌 前編)

第6歌には、絵画でもよく取り上げられた2つの有名なシーンがあります。
「ヘクトル、パリスを叱る」(前編)と
「ヘクトルと妻アンドロマケとの別れ」(後編)です。

ギリシャ軍、トロイア軍を攻める。

ギリシャ軍とトロイア軍は、シモエイスとクサントス両河の間で戦っています。

メネラオスはアドレストスを生け捕りにした時、彼は助けを懇願しました。
「わしの家は裕福だから、生かしておいてくれ。私が無事でいることがわかれば、父は莫大な身代金を必ず払う」
メネラオスの家来がアドレストスを連れて行こうとしたその時、メネラオスの兄アガメムノンが
「なんたる弱気か、メネラオスよ。彼らトロイア勢は、このイリオスから根絶やしにしなくてはならぬ」
そう言い放つと、二人でアドレストスをその場で処刑しました。

占者ヘレノスの提言

一方、トロイアの王プリアモスの子である占者ヘレノスは、アイネイアスと兄ヘクトルに
「アイネイアスとヘクトルよ、戦いはそなたたち二人にかかっている。全軍を奮起させてくれ。けっして、城門の中に逃げ込ませてはならぬ。それから、ヘクトルよ、長老や妻たちに伝えてくれ、アテネにアキレウスをしのぐ戦いをしているディオメデスを退かせてくれるよう祈願してくれと。さすれば、アテネの神前に子牛12頭をお供えするとも」
この提言がなければ、トロイア軍は壊滅の危機に陥っていたかもしれません。

アイネイアスとヘクトルは陣中を叱咤激励してまわると、トロイア軍も盛り返しはじめました。ヘクトルは、
「トロイア勢よ、応援に来てくれた方々よ、男子の名にかけて戦ってくれ。わしはいったん戻り、長老と妻たちに女神アテネに願をかけるよう伝えてくる。あの鬼神のごときディオメデスをなんとかせねばならぬからな」

ディオメデスとグラウコスは祖父の代からの知り合い

この頃、ディオメデスとピッポロコスの子グラウコスが相対していました。ディオメデスは、グラウコスの勇敢ぶりに感服し、彼に素性をたずねます。すると、
グラウコスの父ピッポロコスは、あのキマイラ退治で有名なベレロポンテス(ベレロポン)でした。一方、ディオメデスの祖父はベレロポンテスを20日間も家でもてなしたこともあります。だから、二人は戦わず、お互いの武具を交換しようとし、戦車を降りて友情の誓いを交わしました。この時、ゼウスはグラウコスの頭を狂わし、ディオメデスの青銅の武具に対して、はるかに価値のある黄金の武具を交換させました。

ペガソスを駆るベレロポン】参照

ヘクトルの母ヘカベ、アテネに祈願する。

ヘクトルは城門から中に入ると、母ヘカベに女神アテナへの願いをたのみます。
「長老と妻たちにアテネに貢物を捧げ、あのディオメデスを引き下がらせようお願いしてください。私はこの戦争の原因パリスの邸に行きます。あいつが地獄に落ちれば、トロイアの民も安堵するに違いありません。それなのに、あいつは引き下がってまま、戦いに出てこぬ腰抜けです」

長老や妻たちを集めたヘカベは女神アテネの祭壇で願います。
「女神の中でもひときわ美しいアテネよ、どうかディオメデスの槍をへし折り、城門の前で果てるようお計らいください。かなうならば、今すぐ子牛12頭をお供えいたします」
アテネが、この願いを聞き入れるはずはありません。

ヘクトル、パリスを咎める
リチャード・クック〈ヘクトル、パリスを咎める〉

ヘクトル、パリスを叱る。

ヘクトルはパリスの邸に入ると、パリスは豪華絢爛な武具をみがいているところ。
「お前はなんという男だ。何をぐずぐずしている。今この時にも、兵士はどんどん死んでいる。みんなお前のせいだ」
「兄者が、私を責めるのはもっともなこと。私は無念の思いをかみしめていたのです。ヘレネーが、再び私を戦場に立たせようとしてくれました。武具をつけるまで、しばらく待ってください。先に行っててくれれば、すぐに後を追います」

ヘレネーもヘクトルに
「こんな悪女を妹にして、お気の毒な兄上。わたしは生まれた日に死んでしまったらよかったのです。しかし、今の不幸は神々がそのようにお定めになったのなら仕方ありません。兄上、この椅子にお掛けください。恥知らずなわたしとパリスのために、兄上は誰よりも心を痛めておりました」
「ヘレネーよ、そうしているわけにはいかぬ。私は、今トロイア勢を守らねばと気が急いている。彼らは、私を持っている。もう戻れぬかもしれぬので、これから妻と子に会いに行く」

ヘクトルは最後の別れになるとも知らず、妻アンドロマケと子に会いにその場を去りました。

【イリアス】一覧へ

【イリアス関連記事】