※本ページにはプロモーションが含まれています。

ディアナ(アルテミス)とニンフの入浴ド・トロワ〈アルテミスとニンフの入浴〉

アルテミスの泉

「もう十分だね。つづきは明日にして、ゆっくりひと休みしよう」
テーバイの創建者カドモス王の孫、若きアクタイオーンは今日の鹿狩りの成果をみて、仲間の若者たちに言いました。

この山は、狩猟の処女神アルテミス(ディアナ)に捧げられていました。山の奥には、自然が作り上げた美しい洞くつがあります。その前には澄んだきれいな水がコンコンと湧き出る泉もあります。狩りに疲れると、処女神アルテミスは付き添いのニンフたちとともに、その輝く水を自らの裸体にかけて休むのです。

この日も、処女神アルテミスはニンフたちに囲まれて、泉の水で足を洗ってもらったり、髪をとかしてもらったりしていました。

そこへ、仲間たちとはぐれていたアクタイオーンが、やってきました。ニンフたちは大パニックになりながらも、処女神アルテミスのまわりにあつまり、女神の裸体を隠しました。

ディアナとアクタイオンティツィアーノ〈ディアナとアクタイオン〉

アルテミスの裸を見たとふれまわるがよい!

処女神アルテミスの顔は、怒りで赤く染まりました。

すると、アクタイオーンの頭にツノが生えてきました。首は伸び、耳はピンと長くなり、手足は細い4本の足となり、全身は斑点のある毛皮で覆われてしまいました。鹿に変身させられてしまったのです。

「ああ、なんと惨めな姿なんだ!」
泉にうつった我が身を見ると、アクタイオーンは情けなくなりました。

しかし、言葉にはならず、うめくだけです。
「王宮に帰ろうか?それともこのまま森の中にとどまろうか?」

ワン!ワン!ワォーン!
そこへ、かつては自分が鹿にけしかけていた犬たちが、吠えながら猛然とやってきました。彼はとっさに逃げ出しました。

「私はアクタイオーンだ。お前たちの主人だ、分からないのか!」
と叫びましたが、人間の言葉にはなっていません。

アクタイオーンの最後

一匹が背にとびつき、一匹が肩にかみつきました。他の犬たちも、かつての主人の体に牙をめり込ませ、八つ裂きにしてしまいました。

「お〜い、アクタイオーン、りっぱな鹿をとらえたぞ!どこにいるんだ?」

アクタイオーンはうすれていく意識の中で、仲間の声を聞きましたが、最後の言葉は聞こえませんでした。

かくのごとき生真面目さと過酷さを持ちあわせているのが、処女神アルテミスなのです。