1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈アートバイブル〉も、絵画でわかりやすい聖書です。

しし座:ネメアの獅子

獅子座
〈しし座〉出典:Zodiac Signs

獅子座(7月24日〜8月23日生まれ)

ヘラクレス 10の難行の1つ「ネメアの獅子退治」
ネメアに住んでいるこの獅子は、硬い毛皮と鋼鉄の牙や爪を持っていました。当然、剣や槍、弓矢ではその皮を貫くことができません。ヘラクレスは、素手で戦うしかありません。

この獅子が住んでいる洞くつには2つの入り口がありました。ヘラクレスは1つの入り口をふさいで、もう1つの入り口から中に入りました。そして、素手で獅子を締め上げ、倒したのです。

獅子の皮を獅子の爪で裂き、ヘラクレスは身にまといました。また、その頭を兜としてもかぶりました。そのため、絵画では、コンボウを持ったヘラクレスは、この格好で描かれることが多いのです。

ヘラクレスを憎んでいた女神ヘーラーは、ネメアの獅子をあわれみ、獅子座としました。

ヘラクレスの功業1ネメアの獅子退治

「しし座:ネメアの獅子」続きへ

つっこみ!ギリシャ神話 BLOG(2017.07.18)嫉妬するヘーラーの言い分

ニューエントリー3

嫉妬するヘーラーの言い分

【嫉妬するヘーラーの言い分】

私が残虐だって?あなたに何がわかるのよ!オリュンポス十二神の一人なんですよ。しかも、ゼウスの妻ですから、「神々の女王」すなわち「世界の女王」なんですよ。
豚飼いのエウマイオス

【豚飼いのエウマイオス】

じいさんに変身したボロをまとったオデュッセウスがエウマイオスの牧場にやってくると「さあ、じいさん、小屋に行こう。食いたいだけ食い、飲みたいだけ飲んで話そう」
オデュッセウス、故国イタケへ

【オデュッセウス、故国イタケへ】

夕暮れに出発した船は、明けの明星とともにイタケの島へ。オデュッセウスは、20年経ってやっと故国イタケに帰ってきたのである。