1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈アートバイブル〉も、絵画でわかりやすい聖書です。

テレマコスの帰還

テレマコスのルート
〈テレマコスのルート:ピュロスからスパルタへ、そして帰還〉

〈オディッセイア 第十七歌〉

テレマコス、イタケに帰る

テレマコスが館に帰ってきたのに気づくと、乳母エウリュクレイアはわっと泣き出し、彼のところに駆けよってきた。他の女中も喜び、彼のまわりに集まってきた。母ペネロペイアは涙を流しながら、息子を抱きしめた。
「よく帰ってきてくれた。もはや、再び会えるとは思いませんでした。そなたは、かけがえのない光です。父上の消息について、すべて見たこと、聞いたことを話しておくれ」

「母上、求婚者の企みを逃れて帰れましたが、先にすることがあります。これから、私は帰るとき同行した客人を迎えに、集会場へまいります。ペイライオスのところで世話をしてくれるよう頼んでおいたのです」

テレマコスが集会場に行くと、求婚者たちが彼を取りまいた。が、槍の名手ペイライオスが客人とともにやってくると、テレマコスは難なく二人の元へ行き、客人を館に連れて帰ってきた。それから、母ペネロペイアが聞きたいことを語った。

メネラオス王の話

「ピュロスのネストール殿は父上の消息を知りませんでしたが、スパルタのメネラオス王を訪ねよと助言してくれました。メネラオス王に事情を説明すると、王は『無法な求婚者めが、勇者オデュッセウスの寝所に入って、夫人と寝ようなどと大それた気を起こすとは』と怒り、父上については海神ネーレウスの話をしてくれました。『オデュッセウスは、無理に引き留めている仙女カリュプソのもとにいて、船もなく船員もいないので帰る手段がないと大そう悩んでいるのを見かけた』ということでした」

ペネロペイアは夫の消息に動揺した。すかさず、客人である預言者テオクリュメノスは
「オデュッセウス王はすでに帰っておいでになる。やがて、求婚者に鉄槌を下しましょう。私は船上でかかる予兆を示す鳥を見、テレマコス殿に声をかけました」
「客人よ、どうかあなたが仰る通りになって欲しいもの。さすれば、そなたは歓待とたくさんの贈り物をわたしから受けましょう」

「テレマコスの帰還」続きへ

つっこみ!ギリシャ神話 BLOG(2017.08.07)ペネロペイアの独白 その2

ニューエントリー3

ペネロペイアの独白 その2

【ペネロペイアの独白 その2】

一緒にトロイアに出かけた家来の誰一人帰ってきていないので、夫オデュッセウスの話しかありません。嘘かどうかの確認のすべがない。真実なんて、どこにもないのです。
テレマコス、父オデュッセウスに会う

【テレマコス、父オデュッセウスに会う】

女神アテーナはオデュッセウスを連れ出し、黄金の杖でふれ、元の体に戻した。「オデュッセウスよ、全てをテレマコスに話して、求婚者どもをやっつける思案をせよ」
ペネロペイアの独白 その1

【ペネロペイアの独白 その1】

わたしペネロペイアもアラサーも半ば過ぎ、女としての魅力もだんだんなくなる恐怖の毎日。時々、体も疼くしね。あらやだ、何言ってるの私。今言ったことは忘れて。