1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

ペルセポネーの略奪

ペルセポネーの略奪
ウルピアーノチェコ〈ペルセポネーの略奪〉

ギガントマキア(巨人戦争)の勝利の後、大神ゼウスがアイトナ山に閉じこめた巨人たちが騒ぐと大地がゆれます。今回の地震は特に大きかったので、冥界の王ハーデースは二輪車に乗り、地表との裂け目がないか視察して回っていました。

女神アフロディーテの企み

ハーデースを山の上から見ていたアフロディーテは、息子エロースに命じました。
「ハーデースの胸に、一本射っておやり。知恵の女神アテーナや狩りの女神アルテミスは、恋にしか関心がないと私をバカにしているのです。豊穣の女神デーメーテールの娘ペルセポネーも二人をまねして...。あぁ、いまいましい!」
ハーデースにペルセポネーを恋するように仕向けたのです。息子エロースは、黄金の矢をハーデースの胸に放ちました。

その時、ペルセポネーは友達とユリやスミレの花を摘んでいました。ハーデースは、その姿を見つけるや、彼女を無理やりさらっていきました。ペルセポネーは、母や友人に助けを求めて叫びました。が、冥界の王ハーデースが相手ではなす術もありません。飛び散った花々が、あどけない彼女の心を悲しくさせました。

ハーデースはキュアネー河まで来ると、三またの槍で堤を撃ちます。大地に裂け目ができると、冥界へと入っていきました。

「ペルセポネーの略奪」続きへ

ニューエントリー3

パエトンの墜落

パエトンの墜落

なんという素晴らしさ!今、この闇を切り開いているのは、アポローンの子の僕パエトンなんだ!この僕を見れば、もう誰も僕がアポローンの子ではないと言う友はいないはずだ。
ラオコーン〈トロイアの運命〉が決まった瞬間

ラオコーン〈トロイアの運命〉が決まった瞬間

ヴァチカン美術館の古代ギリシャ彫刻ラオコーン像は見たことがあるかと思います。が、なぜ、ラオコーンの親子がウミヘビに襲われているか、知っていますか?
パンドラの壷

パンドラの壷

オリンポスの神々は、飾りや着物、手芸や料理の技術、悪い心までもこの女に贈りました。それで、「パンドラ」(すべての神々からの贈り物)と名付けられたのです。そして、大神ゼウスは、"壷"をパンドラに授けました。

一望百景