1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

第十二歌:防壁をめぐる戦い

鷲と赤い大蛇
〈イメージ〉

(イリアス 第十二歌)

防壁に迫るトロイア軍

トロイア軍はギリシャ船団の防壁の前の濠まで迫ってきていた。濠の両側には、先の尖った杭がびっしり打ちつけられていた。

プリュダマスがヘクトルに提言した。
「ヘクトルよ、将軍たちよ、この濠は馬や戦車で渡るのは無謀というもの。われらは徒歩となり、全軍一同ヘクトルについて行こう」
その提言に、真っ先にヘクトルは戦車から飛び降りると、アイネイアス、サルペドンと名だたる武将がみな同じように戦車から飛び降りた。

巨漢アシオスの死

ただ一人ヒュルタコスの子アシオスのみ戦車から降りなかった。そして、彼は船陣の左翼にむかっていた。ここには、ラピタイ族の豪勇ポリュポイテスとレオンテウスが立ちはだかっている。ギリシャ勢は、雨あられと石を投げ落とした。対して、トロイア勢は無数の弓矢を射かける。が、石はトロイア勢の兜と楯を打ち砕いていった。

アシオスは悲痛な声をあげて、自分の腿を叩いた。
「父神ゼウスよ、あなたが嘘をつくのがお好きなことがよくわかった。ギリシャ勢がこれほどまでにわれらの猛攻を防ぐとは思わなかった。わずか二人の軍でありながら、撃つか撃たれるかするまで、一歩も退かぬ気でいるとは」
ヘクトルのことしか頭にないゼウスは、アシオスの言葉など聞いていなかった。アシオスは、イドメネウスの槍に討ちとられた。

「第十二歌:防壁をめぐる戦い」続きへ

ニューエントリー3

第十一歌後編:パトロクロスの運命の扉が開く!

第十一歌後編:パトロクロスの運命の扉が開く!

母テティスか神のお告げでアキレウスが動かぬならば、パトロクロスよ、おぬしがアキレウスのミュルミドネス軍を率いて出陣すれば良い。ギリシャ軍は奮いたち、トロイア軍はひるむ。
第十一歌前編:総大将アガメムノン奮戦す!

第十一歌前編:総大将アガメムノン奮戦す!

総大将アガメムノンは武具を身につけると、出撃を命じた。彼は凄まじい戦いを演じ、ヘクトルとトロイア軍を城壁まで押し戻していく。
第十歌後編:トロイア方の偵察者ベロン

第十歌後編:トロイア方の偵察者ベロン

「アキレウスの馬と戦車が欲しくて、ヘクトルの指示でギリシャ軍の動向を探るために来ました」「あの馬と戦車は、女神を母に持つアキレウスにしか乗れないのだぞ」