1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

第二十三歌:パトロクロスの葬送(オリンピックの起源)

パトロクロスの葬送
ダヴィッド〈パトロクロスの葬送〉

アキレウスの凱旋

トロイアの市民が悲嘆にくれている中、アキレウスはヘクトルを戦車につないだまま自陣に帰ってきた。アキレウスとミュルミドネス勢は慟哭しながら、パトロクロスの遺体の周りを三度回った。アキレウスの母テティスもその場にいた。
「パトロクロスよ、冥王の館にあっても機嫌よく暮らしてくれ。ヘクトルは討ち取った。また、トロイアの12人の立派な若者の首も、そなたを焼く火の前で首を切ろう」

その後、アガメムノンは、アキレウスに浴びた血と砂ぼこりを落とすよう促したが、彼は拒んだ。
「パトロクロスを火葬にし、墓を築いて髪を切って弔うまでは湯水を浴びることはない。アガメムノンよ、明日になったら、葬儀の一式を揃えてもらいたい。今はまだ食事をする気も起こらないが、みなと食事を取ろう」
一同は、食事をとることにした。

パトロクロスの亡霊

食事をとると、さすがのアキレウスも今日の戦いの疲れが出て、うとうとしはじめた。すると。パトロクロスの亡霊が現れて、彼に語りかけた。
「アキレウスよ、私を忘れたのか。一刻も早く冥府の門をくぐれるよう、弔ってくれ。さもないと、亡霊たちが私を受け入れてくれないのだ。それから一つお願いがある、私の骨は、いずれ死ぬあなたの骨と一緒の壺に納めてもらいたい」
「大切な友よ、なぜそのようなことをいう。そなたの言う通りすべて執りおこなう。さあ、近くに来て語り明かそう」
そう言うと、アキレウスは手を伸ばしたが、パトロクロスの亡霊は地下に消えていった。

「第二十三歌:パトロクロスの葬送(オリンピックの起源)」続きへ

ニューエントリー3

第二十二歌:アキレウス、ヘクトルを討つ。

第二十二歌:アキレウス、ヘクトルを討つ。

〈アキレウスの凱歌〉 アキレウス、アポロンに騙される。 アキレウスはアゲノル(アポロン)を、クサントス河まで追いかけた。 「アキレウスよ、なぜ人間の分際で神を追う。トロイア勢は、すでに城門の中に逃げ...
第二十一歌後編:神々の戦い アテネvsアレス

第二十一歌後編:神々の戦い アテネvsアレス

〈アテナとアレス〉 今度は神々同士が戦いはじめた。ゼウスはこれを見ると、我が意を得たりとその戦いぶりに高笑いをする。 アテネ vs アレス アレスがアテネに躍りかかり、槍でアイギス(楯)を突いた。ア...
てんびん座:アストライアー

てんびん座:アストライアー

残っていた神々も我慢の限界を超え、天界へ帰っていきました。その中で最後まで人間を信じようとした神がアストライアーであったのです。