1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈アートバイブル〉も、絵画でわかりやすい聖書です。

パエトンの姉妹 ヘリアデス

パエトンの哀愁
サンティ・ディ・ティト〈パエトンの哀愁〉

パエトンの母クリュメネー

ここに パエトンが眠っている
父なる神の 車駕をあやつり
力及ばずして 逝く
その大いなる 雄図虚しく

パエトンが死んだ時、母クリュメネーはその亡骸を求めさ迷いました。やっとエリダノスの流れに、川の精が建てたパエトンの墓を見つけました。母はわが子の墓を涙で濡らしながら、胸元を広げて抱きしめました。

パエトンの姉妹、太陽神ヘーリオスの娘たち ヘリアデス
(ヘーリオス:アポローンのローマ神話名)

彼女たちも日夜パエトンの名を叫んでは涙を流し、墓に伏します。月が四度満ちても、彼女たちは習慣のようにそうしていました。

あるとき、長女のパエトゥーサは地に伏せようとして、自分の足がこわばって動かなくなっていました。色白のラムペティエが姉のそばに駆け寄ろうとすると、これまた、動けなくなっていました。つぎの妹は、いつものように髪の毛を掻きむしろうとすると、その手は木の葉をつかんでいました。他の娘たちも、足が木の幹になっていたり、腕が木の枝になっていたりしました。

姉妹は何が何だかわからず、恐怖に囚われていました。すると、樹皮が下腹部を包み、腹部、胸部、肩、顔を覆っていきました。口が樹皮に覆われる前に、姉妹は母親に助けをもとめました。

「パエトンの姉妹 ヘリアデス」全文へ

ニューエントリー3

縛られたプロメテウス 後編

【縛られたプロメテウス 後編】

ヘルメース「気が狂った者の思案や言葉に聞こえる。いったいどこが狂人のと違うというのだ、この男の高言が。どうしたら、狂気からさめよう」
縛られたプロメテウス 中編

【縛られたプロメテウス 中編】

オーケアノス「御身は知恵分別に富んでいようが、身の程をよくわきまえて、新しい王に調子をよく合わせることだ。ゼウスはきっと、御身の言葉を聞いていよう」
縛られたプロメテウス 前編

【縛られたプロメテウス 前編】

聳え立つ岩山のふもと「権力」と無言の「暴力」とヘパイストス、プロメテウスを引ったてて登場。「一度鋼の枷(かせ)に縛られては、二度と自由にはならないぞ」