1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

カワセミの話 アルキュオネー

アルキュオネー
H. J. ドレイパー〈アルキュオネー〉

ケーユクスとアルキュオネー

テッサリアの国王ケーユクスは、暁の明星へスポロスの子。
アルキュオネーは、風の支配者アイオロスの娘。二人は輝かしいばかりの美貌と幸せに包まれていた夫婦でした。

ケーユクスの兄ダイダリオンは娘の死を嘆き、パルナッソスの断崖から飛び降りました。この不幸な出来事のために、ケーユクスはイオニアのアポローンの神託を伺おうと決意しました。

テッサリアからイオニアに行くには、エーゲ海をわたる長い船旅になります。ケーユクスの決意を聞いたアルキュオネーは、何とかやめさせようとしました。風の支配者である父から、風の恐ろしさを知っていたからです。

「私も連れて行ってください。一人にしないでください」

しかし、アルキュオネーまで海の危険にさらすわけにはいきません。ケーユクスは妻をなんとか説得して、残すことにしました。

「わが父、明けの明星に誓って、
月が二度みちるまでには帰ってこよう」

「カワセミの話 アルキュオネー」全文を読む。

ニューエントリー3

神々に愛されたタンタロスの奇妙な行動と永遠の罰

神々に愛されたタンタロスの奇妙な行動と永遠の罰

タルタロス(地獄)では、タンタロスは沼の上に枝を広げた樹に吊されています。沼の水は増えてくると、タンタロスは沼の水を飲もうとし口を出します。すると、あっという間に水は引いてしまいます。
映画『アンダーワールド』の狼男ライカンは、リュカオン

映画『アンダーワールド』の狼男ライカンは、リュカオン

アルカディアのゼウス・リュカイオス祭には人身御供が行われ、それに参加したものは犠牲にされた人間を食って、オオカミになります。その後、8年人肉を食って、9年目に人間に戻るということです。
おおくま座:カリストー

おおくま座:カリストー

すると、カリストーは両手・両足を同時に地に着けました。両腕をさしのべて哀願しようとしましたが、その腕はもう黒い毛で覆われています。クマに変身していたのです。