1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈絵画で分かりやすい旧約聖書・新約聖書

ゼウスとテティスの神慮

アガメムノンの使い
ドミニク・アングル〈アガメムノンの2人の使い〉

(イリアス 第一歌 後編)

老将ネストルの仲介

アキレウスは、アガメムノンに最後の言葉を放ちました。
「必ずや、いつの日か、全てのギリシャの兵士の胸に、このアキレウスの不在を嘆く想いが湧き起こるであろう。一騎当千のヘクトルの手にかかり、多くの兵士が殺される時、あなたがいかに心を痛めようとなんの役にも立つまい」
見かねた老将ネストルが、
「ああ。情けない!ギリシャの両英雄が争っているのが知れたら、喜ぶのはトロイアの人々だ!」
と、二人に助言しましたが無駄に終わり、軍議は終了しました。

その後、アガメムノンは二人の使いをアキレウスの陣屋に送りました。アキレウスの命で、親友で部下のパトロクロスは、悲しげなプリセイスを二人に引き渡しました。

アキレウスと母テティス

アキレウスは悶々としていました。そこへ、母テティスが現れました。
「母上よ、もしあなたにその力があるならば、どうかご自分の息子をお守りください。
かつて、ヘラ、ポセイドン、オリュンポスの神々、あのアテネまでもが買うわ割、ゼウスを縄にかようとした時、ゼウスを助けたのは神々の中で母上お一人であったとか。その時、あなたは100の手を持つ怪物を呼び寄せ、その縄を解かせ、ゼウスを守らせたとか、そのことをゼウスに思い出させて、お願いくださいませんか」

「ゼウスとテティスの神慮」続きへ

ニューエントリー3

アキレウスの怒り

アキレウスの怒り

アキレウスが剣に手をかけようとした時、ゼウスの妃ヘラが遣わしたアテネが舞い降り、後ろから彼の金色の髪をつかみました。その姿は、アキレウスにしか見えません。
いて座:ケンタウロス族ケイローン

いて座:ケンタウロス族ケイローン

ケイローンはゼウスに頼んで〈不死の力〉をプロメーテウスにゆずり、死を選んだ。その死を惜しんだゼウスは、ケイローンの姿を星にかたどり、いて座にしました。
夜の女神ニュクス

夜の女神ニュクス

夜の女神ニュクスは、原初のカオスから生まれた古くからの女神です。天界の歴代の支配者ウラノス、クロノス、ゼウスさえも恐れたました。