アートバイブル
絵画でイメージしやすい! アートバイブル 聖書
井の頭公園
井の頭公園アートマーケッツ・キャスト情報ではNo.1

1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードを絵画から分かりやすくまとめています。ギリシャ神話は美術を鑑賞する時、必ずあなたの役に立ち想像力を羽ばたかせてくれます。

うお座

うお座
〈うお座〉出典

2月20日から3月20日生まれの人

オリュンポスの神々が巨人族と戦ったギガントマキアの時のことです。神々がナイル川沿いで宴会を開いていました。このとき、チュポーンが現れて、オリンポスの神々はナイル川に飛び込みました。アプロディーテとその子エロースも飛び込み、離ればなれにならないように、お互いをひもで結びました。その姿が、星座になりました。

やぎ座〉参照

バビロニアでは
「うお座」は、古代メソポタミア文明に由来する星座とされています。2匹の魚とつながっているひもは、チグリス川とユーフラテス川を表しています。

上の二つを合わせたような神話もあります。
アプロディーテとその子エロースがユーフラテス川のそばを歩いていたところ、突然、怪物テュポーンが現れました。驚いた2人はニンフに助けを求めて川に飛び込みました。そして、2匹の魚が2人を背負って避難させました。また、ある神話では女神たち自身が、魚の形になって逃げたともあります。

「うお座」全文を読む

ニューエントリー3

魔女キルケ2 キツツキの話

【魔女キルケ2 キツツキの話】

キルケは杖でピクス王に三度触り、呪文を唱えました。「なぜ、いつもより早く走っているのか!」ピクス王は「キツツキ(ピクス)」に変身していたのです。
ローマ建国の祖アイネイアース2

【ローマ建国の祖アイネイアース2】

アイネイアース、シケリア島へ。そして、嵐によりアフリカ・リュビアへ。リュビアの女王ディドとの出会いと別れ、再びシケリア島へ。亡き父アンキセスを墓にとむらった。
ローマ建国の祖アイネイアース1

【ローマ建国の祖アイネイアース1】

アイネイアースは女神アフロディーテとトロイアのアンキセスの息子。トロイア陥落時、彼は父親アンキセスを背負い、息子アスカニオスの手を引いて逃げました。