1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

おひつじ座(星占い)

牡羊座
〈おひつじ座:王子プリクソスと王女ヘラー〉出典

(3月21日〜4月20日生まれの人)

テッサリアにアタマース王と王妃ネペレーの国があり、二人には王子プリクソスと王女ヘレーという子供がいました。

やがて、アタマース王はネペレーに冷淡になり離縁し、新妻イーノーをめとりました。前妻ネペレーは「新妻イーノーが、自分の子供たちに悪く当たるのではないか」と、心配になります。

そのころ、新妻イーノーはある計略を立てました。保存してあった穀物の種をあぶって芽が出ないようにし、その年を飢饉にさせたのです。

アタマース王は飢饉の原因を突き止めるため、デルポイの神託をあおごうと伝令を送りました。これを今か今かと待っていた新妻イーノー。王に隠れて伝令を買収し、「二人の子供をゼウスの生け贄に捧げよ」との嘘の神託を王に告げさせました。

二人の子供が生贄にされ、今にも殺されそうになった時です。ゼウスの使いヘルメース神が黄金の牡羊をつかわし、二人を助けさせ、天高く運びあげさせました。牡羊は東へと飛んで行きます。

「おひつじ座(星占い)」続きへ

ニューエントリー3

ピュグマリオンも蔑視、世界最初の娼婦プロポイトスの娘たち

ピュグマリオンも蔑視、世界最初の娼婦プロポイトスの娘たち

ピグマリオンの女嫌いがわかったギリシャ神話(ローマ神話)。それにしても、不敬罪に問われても、女性の裸は罪も消してしまうのでしょうか?
アキレウスの死とポセイドーンの怒り

アキレウスの死とポセイドーンの怒り

ポセイドーンが息子キュクノスをアキレウスに殺されたときの恨みは、丸10年間近くも消えることはありませんでした。また、トロイア戦争後、オデュッセウスが諸国を放浪していた期間も丸10年間。
アキレウスと不死身のキュクノス(白鳥)

アキレウスと不死身のキュクノス(白鳥)

トロイア戦争初期のトロイア側の英雄は、ヘクトルとキュクノス。アキレウスは戦場に出るたびにに、この二人を探しました。この時出会ったのがキュクノスです。