1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

イリアス第四歌前編:メネラオス射られる

神々の饗宴
コルネリス・ファン・プーレンブルフ〈神々の饗宴〉

(イリアス 第四歌 前編)

ゼウスの提議

神々はトロイアを見下ろしながら、宴を開いていました。ネクタルを注いで回るのはへべ、ゼウスとヘラの娘です。

そんな中、ゼウスは話し始めました。
「ギリシャのメネラオスには、二人の神がついている。アテネとヘラお前だ。一方、パリスにはアフロディテがつきっきりで守っている。今まさに、死を覚悟したパリスを救ってやったところだ。勝利は明らかにメネラオスだ。さて、我らはこのまま戦争を終わらせ両軍に和平をもたらすか、再び戦わせるか思案せねばならぬ」
(ヘラ、お前はどうしたいのだ、トロイアを滅ぼしたいのだろ!)

ゼウスの妃ヘラの言い分

トロイアに一泡吹かせたいヘラとアテネは、口をもごもごして沈黙していました。が、ついにヘラが胸中の怒りを抑えきれずに言い出しました。
「あなた、何をおっしゃいます。わたしのこれまでの苦労を無駄にしてしまうのですか。さんざん、トロイアを痛い目にあわそうと馬も軍勢も集めさせたのに」

「ヘラよ、そなたはトロイアを滅ぼしたいと望んでおる。しかし、彼らは滅びに値するどんな悪事を犯したと言うのか? わしは、プリアモス王とトロイアの民を大切にしているものだ。まぁ、好きなようにするがよい。わしは、そなたとは争いたくはない。

しかし、言っておきたいことがある。しっかり心に留めておけ。いつか、わしがそなたの可愛がっている人間どもの国を滅ぼしたいと望んだら、思う通りにさせてくれるのだぞ。今回はそなたの言うことを聞いてやったのだからな」

「イリアス第四歌前編:メネラオス射られる」続きへ

ニューエントリー3

処女神アルテミスの厳粛なる掟

処女神アルテミスの厳粛なる掟

ギリシャ神話では、処女神はアルテミスとアテーナだけです。アルテミスのエピソードを見ていると、あまりに頑なとも言える、一途な少女のようです。
イリアス第三歌後編:パリス危機一髪

イリアス第三歌後編:パリス危機一髪

メネラオスは兜を放りなげると、パリスに踊りかかろうとしました。が、女神は濃い霧とともにパリスをさらって、彼の寝所に運び入れてしまいました。
イリアス第三歌前編:パリスとメネラオスの決闘

イリアス第三歌前編:パリスとメネラオスの決闘

「誰でも良い、私と一騎打ちしてみよ」パリスがトロイア軍の前に出て、ギリシャ軍を挑発しました。「これぞ、姦夫を懲らしめる好機」と狂喜したメネラオス。