アートバイブル
絵画でイメージしやすい! アートバイブル 聖書
はとバス・日帰りバスツアー 私の体験記
はとバス・日帰りバスツアー 私の体験記

1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードを絵画から分かりやすくまとめています。ギリシャ神話は美術を鑑賞する時、必ずあなたの役に立ち想像力を羽ばたかせてくれます。

キュパリッソス 糸杉になった少年

アポロン神とキュパリッソス
クロード・マリー・ドゥブエフ〈アポロン神とキュパリッソス〉カルヴェ博物館

アポロンに愛された少年

アポロンに愛され水仙になったヒヤキントスは有名ですが、キュパリッソスはあまり知られていません。西洋でよくみられる糸杉、それが彼の変身した後の姿です。キュパリッソスは、まれにみる美少年。アポロン神からも愛されていました。

ケオス島のカルタイアの野のニンフに捧げられた金色のツノを持った大鹿がいました。首には宝石をちりばめた首輪、額にはお守り、耳には真珠の飾りがたれていました。

この大鹿には恐怖心も臆病さもなく、良く村にやってきていました。村人はみんなこの大鹿をかわいかって、頭をなぜてあげました。とりわけ、キュパリッソスはこの大鹿を誰よりもかわいがっていました。彼は大鹿を新しい草を食べさせに行ったり、澄んだ泉に水を飲みにも連れて行きました。花輪を編んではツノにかけたり、大鹿の背中に乗って遊んだりしていました。

「キュパリッソス 糸杉になった少年」全文を読む

ニューエントリー3

おひつじ座

【おひつじ座】

二人の子供が生贄にされ、今にも殺されそうになった時です。ヘルメースが黄金の毛皮の牡羊をつかわし、二人を助け、天高く運びあげさせました。
ガランティス イタチのお話

【ガランティス イタチのお話】

ヘーラーの敵意が働いていると気づいたのが、アルクメネーの侍女ガランティス。けっして、良家の出ではなかったのですが、機転のきく賢い金髪娘でした。
菜食主義の父ピタゴラス

【菜食主義の父ピタゴラス】

菜食主義の父ピタゴラス。ベジタリアンという言葉は、1847年にイギリスのベジタリアン協会から広まった。その語源は「活気のある、健全な」を意味するラテン語 vegetus です。