アートバイブル
絵画でイメージしやすい! アートバイブル 聖書
はとバス・日帰りバスツアー 私の体験記
はとバス・日帰りバスツアー 私の体験記

1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードを絵画から分かりやすくまとめています。ギリシャ神話は美術を鑑賞する時、必ずあなたの役に立ち想像力を羽ばたかせてくれます。

ヘーローとレアンドロス

ヘーローとレアンドロス
ウィリアム・エッティ〈ヘーローとレアンドロス〉

風もおさまった次の日の朝、海辺で街の人々がざわめいていました。塔の上から見ていたヘーローは、胸騒ぎがして走り出しました。そして、人々をかき分けて中に入っていくと、大きな叫び声をあげました。
「あぁ、レアンドロス様」

ヨーロッパとアジアを隔てているヘレスポントス海峡(現ダーダネルス海峡)。ヨーロッパ側のセストスという街にはアフロディーテの女神官ヘーローが、アジア側の街アビュードスにはレアンドロスという若者が住んでいました。

「私は神官ですので、恋は禁じられています」と、ヘーロー。
「二人が結ばれることをアフロディーテ様は許してくださる。なんといったって愛の女神様なんだから」
最初は拒んでいたヘーローも、レアンドロスの言葉に愛を受け入れることにしました。

しかし、昼間は人目がありますで、毎夜レアンドロスか海峡を泳いで渡り、会いに行くことになりました。ヘーローが塔の上で火をともし、レアンドロスはそれを目印にしたのです。夏や秋はまだ風も強くなく、海も凪いでいることも多く、彼は海峡を泳ぎ渡ることができました。

ある冬の嵐の夜のことでした。こんな夜には会わなければ良いと思うのは大人の考えですが、若い二人には通用しません。レアンドロスは今夜も海峡に飛び込んだのです。

「まぁ、どうしましょう!」
ヘーローが火を灯しても、すぐ強い風がその火を消えてしまいます。彼女はレアンドロスのことが心配で心配で、ただただ暗い海峡を見ているしかありません。

ヘーロ−の最後の眺め
フレデリック・レイトン〈ヘーロ−の最後の眺め〉

レアンドロスは最初はいつもの通り、まっしぐらに対岸の塔にむかって泳いでいました。が、荒れた暗い海の中、彼は高い波の上に持ち上げられたかと思うと、真っ逆さまに落とされます。何度もなんども荒波に弄ばれ、方向も見失い、とうとう力尽きてしまったのです。

「今夜は、この嵐ではこれないのね。きっと引き返したのだわ」
しばらくしてもレアンドロスが現れないので、ヘーローは休むことにしました。

風もおさまった次の日の朝、海辺で街の人々がざわめいていました。塔の上から見ていたヘーローは、胸騒ぎがして走り出しました。そして、人々をかき分けて中に入っていくと、大きな叫び声をあげました。
「あぁ、レアンドロス様」
彼女は泣き叫び、髪をかきむしり、彼に抱きつきました。しばらくそうしていましたが、彼女はいきなり立ち上がると走リだし、塔の上に駆けのぼると、そのまま身を投げてしまったのです。

※レアンドロスがヘレスポントス海峡を泳いで渡れるはずがないという人々に対して、詩人バイロンは片足が悪いにかかわらず、約1時間10分で海峡を泳ぎ渡ったということです。

ヘーローとレアンドロス
ルーベンス〈ヘーローとレアンドロス〉