1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

ザグレウス、2人いたディオニュソス(バッカス)

ディオニュソスと付添人
〈ディオニュソスと付添人〉

ザグレウスは、ゼウスとペルセポネーの子

ゼウスは冥界の王ハーデースの妻となったペルセポネーに蛇となって近づきました。なんと、ゼウスは自分の娘に近づいたのです。そして、生まれたのがザグレウス(第一のディオニュソス)です。

ゼウスはザグレウスを寵愛し、自分の後継者にしようと考えていました。また、ザグレウスも大蛇の姿で、ゼウスに付き従っていました。

当然のごとく、ゼウスの妃ヘーラーは嫉妬し怒ります。ヘーラーはザグレウスを亡きものにしようと、邪悪なティーターン(またはギガンテス)を彼に送りました。ザグレウスは色々な動物に変身して対抗しました。が、牛に変身した時に捕らえられ、殺されてしまいました。
その後、ティーターンはザグレウスの四肢をバラバラにして、煮て食べてしまったのです。

ただし、ザグレウスの心臓だけは女神アテーナによってゼウスに届けられました。ゼウスはザグレウスの心臓を呑み込んでセメレーと交わり、第二のディオニュソスが生まれたのです。

また、怒ったゼウスは雷霆をティーターンに落とし焼き殺し、灰にしてしまいました。その灰から造られたのが、人間です。だから、人間はティーターンの邪悪さを受け継いでいるのです。しかし、ティーターンに食べられたザグレウスの肉も一部あり、それが人間の善良な部分になっているのです。

オルフェウス教のモザイク
〈オルフェウス教のモザイク〉

ザグレウスとオルフェウス教

冥界に妻エウリディケーを取り戻しに行った詩人オルフェウスを開祖と見なしている密儀宗教。

このオルフェウス教に登場する少年神がザグレウスです。このザグレウスを惨殺したティーターンをゼウスは憎み、その雷霆で彼らを打ち、灰としました。その灰から人類が誕生。この灰にはティーターンの肉とザグレウスの肉(喰らったため)が混ざり合っています。

そのため、ザグレウス(ディオニュソス)の要素から発する霊魂が神性を有するにもかかわらず、ティーターン的素質から発した肉体が霊魂を拘束することとなりました。つまり、人間の霊魂は「再生の輪廻」に縛られ、死んでもこの輪の中に引き戻されてしまいます。この輪を脱するには、オルフェウス教ではその本源であるディオニュソスに帰依し、その教義を守る必要があるとされます。

ギリシアでは、「生きたまま牡牛を捕まえた狩人」のことを「ザグレウス(zagreus)」と呼ぶそうです。

前のページへ 次のページへ

【ディオニュソス関連記事】