1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

テセウスの子ヒッポリュトス中編[エウリピデス作]

パイドラとヒッポリュトス
ジョゼフ・ゲールナート〈パイドラとヒッポリュトス〉

パイドラの迷いとためらい

パイドラ
(気を取り直して)私は、最初ずっとこの気持ちを隠していました。
そして、女の操を思ってはこの煩悩を克服しようとしたのです。
しかし、愛の女神アフロディテ様には勝てぬとわかった時、死ぬしかないと思ったのです。
夫(テセウス)ばかりか、私が産んだ子供たちまで辱めた私の罪。
いつ明るみに出るかもしれない思うと、ほんとに生きた心地がしないのです。
コロスの長コロス:15人のトロイゼンの女たち)
操正しくあることは、いつの世にも尊いこと。人々にも崇められましょう。
乳母
姫様、恋するものが死なねばならぬのなら、理不尽でございます。
そして、よからぬことは伏せておく、それが世間の知恵でございます。
姫様、この恋にお心をお決めなさいませ。
コロスの長
パイドラ様、乳母の方の申されましたことも方便かと思います。
しかし、お妃様のご決心の方が尊いものに存じます。
パイドラ
その通りです。このような恋は、栄えた国を傾けさせ、家を亡ぼすのです。
乳母
そんな説教じみた話はおやめください。
ヒッポリュトス様に一刻も早くお伝えして、どうお出になるか探らねばなりません。今は姫様のお命を救うかどうかの大事な瀬戸際。
パイドラ
まあ、なんと恐ろしいことをお前は言うの。
乳母
名よりも実、貞淑の誇りをもって死をお選びになるよりも、お命をお取りなさいませ。
パイドラ
止めて。私は今恋のとりこになっているので、お前の言葉に乗ってしまそうになります。
乳母
そういうご決心なら、初めから恋などなさらねばよろしゅうございました。
私の言うことをお聞きなさいませ。
私は、家に恋に聞く魔薬を持っています。姫様さえよければ、この魔薬がすべて解決してくれます。
ただし、ヒッポリュトス様の髪の毛とか、着物の切れ端とかを手に入れねばなりませぬ。
パイドラ
その魔薬とは、飲み薬なの? 塗り薬なの?
乳母
それは、わかりませぬ。姫様は知ろうとは思わずに、ただ助かりたいと思ってなさいませ。
パイドラ
心配です。お前がテセウス様の御子に、なにか漏らしたりはせぬかと思うと。
乳母
さあ、私にお任せなさいませ。婆やが上手にとりはからいましょう。
(立ち去りながら、アフロディテの像の前に来ると)
アフロディテ様、私にお力をお貸しくださいませ。
(乳母、宮殿の中に入る)

パイドラの悲劇と絶望

パイドラ(宮殿の中の様子に聞き耳を立てている)
みなさん、静かに......。ああ、私はもう駄目。
コロスの長
パイドラ様、何か悪いことでも起きましたか?
パイドラ
だまって...まあ、なんという因果な私。私はもう立つ瀬がありません。
大声で叫んでいるのは、ピッポリュトス様。婆やをののしっておいでです。
コロスの長
叫ぶ声が聞こえますが、何と言っているのかはっきりとは聞き取れませぬ。
パイドラ
『忌まわしいとりもち婆め、主君の閨(ねや)を犯すものだ』と。
ああ、何という私の不運。婆やがあの人に私の苦しみを打ち明けてしまったのです。
コロスの長
乳母の方の告げ口が仇となりました。お妃様、どうなさります、この難しいお立場を。
パイドラ
もう、一刻も早く死ぬだけです。

(ピッポリュトス、追いすがる乳母、宮殿より登場)
ピッポリュトス
おお、なんという怪しからぬ言葉を聞くことであろう。
乳母
若様、人に聞かれませぬように。私を哀れと思し召してください。
ピッポリュトス
ああ、ゼウス様、どうして、あなたは人間のために、女という偽りに満ちた禍いをこの世にお使いなさいました。人間の種族を増やすおつもりであったならば、女によらずになさるべきでした。
(乳母に向かい)この女も、ふれてはならぬ父の閨に誘いをかけた。
父上がお留守の間は、おれは屋敷を出て行く。父上が帰られたら、おれも帰ってくる。
(乳母とパイドラに)お前たち二人がどんな顔をして、父上を迎えられるか見物するとしよう。
コロスの長
乳母の方のはかりごとがすっかり外れて、取り返しのつかぬことになりました。
パイドラ
(乳母に向かって)この人でなし。なんということをしでかしてくれたの。
お前の考えを見通して、黙っていてちょうだいと言ったのに。
あの人は腹を立てて、テセウス様にも、祖父のピッテウス様にも話してしまうに違いない。国中に悪い噂が立ってしまう。お前は、死んでしまうがよい。
乳母
私は、小さい頃からお嬢様のためを思って......うまくいっていれば、私は賢い女と言われたに違いありません。
今からでも、まだ助かる道はございます。
パイドラ
もう、何も聞きたくはありません。とっとと引き下がって。自分のことは自分で片をつけてみせます。
(乳母、退場)

それから、トロイゼンの皆様、このことは決して口外なさらぬよう、お願いいたします。
コロスの長
決して、他言いたしませぬ。ゼウスの御娘アルテミス様にかけて誓います。
パイドラ
ありがとうございます。私に残された手立ては、もうひとつしかありません。クレタの実家に泥をぬったり、テセウス様の前に出たりはできませぬ。
コロスの長
では、お妃様は容易ならぬお覚悟でございますか。
パイドラ
でも、私は死ぬかわり、もうひとりの人もひどい目に合わせます。あの高慢な鼻をへし折ってやります。
(パイドラ、侍女に寝台の床を運ばせながら退場)

コロス (歌い踊る)
お妃様が女神アフロディテのお遣わしの
道ならぬ恋に落ちてしまわれた。
耐え難いお悩みに打ちひしがれて
お妃は花嫁の間に垂らした紐を
白いうなじに巻こうとなさる。

パイドラの死

(王宮の中より)
侍女
大変です!お妃様が、首を吊っておいでです。
どなたか、紐を切る刃物を持ってきてください。
コロス
どうしたものでしょうか。
(テセウス、従者を従えて登場)
テセウス
女ども、召使が宮中で騒いでいるのはどうしたことか。
ピッテウス老に何かあったのではあるまいな。
コロスの長
殿様、お妃様がお亡くなりになりました。なんとお悔みもうし上げてよいのやら。
テセウス
なんと、妃が死んだと申すか。どうしたわけだ。
コロスの長
自ら首をつってお果てになりました。私たちもつい今しがた来たばかりで、理由は存じ上げません。
テセウス
おい、門を開けよ。あれに先立たれては、生きがいがなくなってしまった。
(門が開き、寝台に横たえられたパイドラの亡骸が見える)
テセウス
妃よ、どうしてまた、死のうなどと思いつめたのだ。ああ、そなたを失ってしまった......おれの運命も極まったのか。誰か、ことの次第を話してくれ。
コロスの長
この上、また何か悪いことが起こりはせぬか、それが気がかりです。

前のページへ 次のページへ

【ギリシャ悲劇関連記事】