1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈絵画で分かりやすい旧約聖書・新約聖書

トロイア戦争後のヘレネー 後編

メネラオスの宮殿の嘆くテレマコス
〈メネラオスの宮殿で嘆くテレマコス〉

それから、ヘレネーは静かに語りはじめました。

「この場にふさわしいオデュッセウス殿の手柄話をいたします。
パラディウム(アテーナの木像)を奪うために、オデュッセウス殿はわれとわが身を傷つけ、ボロをまとい奴隷のごとき風体でトロイアの都城に侵入したのです。それに気付いた者は一人もおりませんでした。私だけが正体を見破り、彼に質問したのです。

オデュッセウス殿は、最初はうまくはぐらかしておりました。でも、彼をお風呂に入れて、ギリシャ軍の陣地に帰り着くまでは、決してその正体をトロイア人に明かしたりせぬと固く誓った時、侵入した任務を話してくださいました。その任務は成功して、パラディウムを盗んで帰られたのです。その際、幾人かのトロイア人が殺され、その家族が泣きました。

ですが、私の気持ちは帰国に傾いておりましたのでうれしく思いました。アフロディーテによる心の迷い、かわいい娘も夫婦の寝所も、心も姿も非の打ちようない夫を捨て、女神に導かれるままに故国を後にし、トロイアまで来てしまった自分の迷いが口惜しくてならなかったのです」

パラディウム(アテーナの木像)
パラディウムとは、都市の安全を守るとされた古い像のこと。
パリスの死後、オデュッセウスはトロイア王プリアモスの息子で予言者ヘレノスがトロイアを去るのを見つけとらえました。そして『パラディウム(アテーナの木像)がある限り、トロイアは陥落しない』ことを聞き出したのです。これを盗むために、オデュッセウスはディオメデースとトロイアの都城に忍び込んだ。

ヘレネー
ガストン Bussière〈ヘレネー〉モダーンな雰囲気の絵ですね。

メネラオス王が続けて語りました。
「奥の言うことはもっともだ。今まで多くの英雄や豪傑をみてきたが、オデュッセウスほどの根性を持った男をかつて見たことがなかった。あの木馬の中にじっと隠れていた時のことだ。トロイアに味方する精霊が奥をそそのかして、だれかが隠れているかもしれないと、ギリシャの武将の奥方の声をまねさせ、外から呼びかけていた。

我らはそれに答えようと気がはやったがなんとか押し黙った。が、若いアンティクロスが今にも声を出して答えようとした。そんな彼の口をおおい、押さえつけ、我らアカイア(ギリシャ)勢の危機を救ったのがオデュッセウスだったのだ。パラス・アテーナが、その場から奥を引き離してくださるまでな」

オデュッセウスの息子テレマコスは答えた。
「ゼウスの愛を受けたメネラオス王よ、そのようなお話を伺うと、まことに口惜しい気がいたします。しかし、今はもう、我らは寝室に引き下がらせていただけませんか」

こうして、メネラオス王とヘレネーも一緒に幸せな寝室に引き上げたのです。多くの死んだ兵士のことを考えると、なんともやるせない思いがこみ上げてきます。

オデュッセイア 第二十三歌
オデュッセウスの帰国を20年間も待った、貞淑な妃ペネロペイアは、ヘレネーについてこう語っています。
「ゼウスを父とするあのアルゴスのヘレネーにしても、勇猛なアカイアの子らが、やがて自分を故国へ連れ戻すことになると知っていましたら、パリスと契って愛欲に耽ることもなかったでしょう。
あの女が恥ずべき罪を犯したのは、神様がそそのかされたからです。それまでは、ヘレネーもあの恐ろしい心得違いを胸の内に持っていたわけではありますまい。その心得違いのゆえに、わたしらまでが悲しい目にあったのですが」

ヘレネーとパリス
ジャック=ルイ・ダヴィッド〈パリスとヘレネー〉