1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

【第1歌】前編:オリュンポスの会議にて、女神アテネ訴える。

オデュッセウスをず〜っと擁護してきた知恵の女神アテネ。ギリシャ第一の知恵者オデュッセウスには深い親近感を持っています。その気持ちは、オデュッセウスの息子テレマコスにも向けられます。
オデュッセウスがトロイアに出征して20年目、いよいよ故郷イタケへの帰還が、オリュンポスの神々の会議で決定されます。

天界の戦いよりアテーナ
〈天界の戦いよりアテーナ〉

(オデュッセイア 第1歌 前編)

魔女キルケは、忠告しました。
「けっして陽の神エエリオス・ヒュペリオンの牛を食ってはならない」
しかし、オデュッセウスが探検に出かけているすきに、空腹のためにその禁を破ってしまった家来たち。エエリオスがゼウスに訴えます。ゼウスは海を荒らし、オデュッセウスは海難で家来を全て失います。そして、彼が漂流後たどりついたのが、仙女カリュプソのオギュギエ島。オデュッセウスは、ここに7年間住んでいます。仙女との間に子供もふたり生まれています。トロイア戦争に出征してから20年もたっていました。

アガメムノンの息子オレステスの復習

ギリシャの総大将アガメムノンはトロイア戦争からアルゴスに帰郷した日、自分の館で妻クリュタイメストラと姦夫アイギストスに殺されてしまいます。二人は、その後7年間アルゴスを統治していました。しかし、アガメムノンの息子オレステスが母クリュタイメストラと姦夫アイギストスに復讐しました。そんなオレステスへの賞賛がギリシャ中に広まっていました。

アガメムノン 前編】参照

オリュンポスの神々の会議にて、女神アテネが訴えます。

ポセイドンはエチオピアを訪れていて不在です。
ゼウスがアガメムノンの例を取り上げ、人間を怒ります。
「いやはや人間どもが神々に罪を着せるとは、なんたることか。アイギストスにはヘルメスによって伝えておいたはず。『けっしてアガメムノンを殺害し、その妻クリュタイメストラを奪ってはならぬ。オレステスに報復されるとな』それをアイギストスは自分の運命をかえりみず、禍はわれら神々のせいで起こると申していた」

オデュッセウスの擁護神アテネが答えます。
「まことに、アイギストスは当然の報いを受けました。それはそれで、私はオデュッセウスのことを思うと、胸が痛みます。仙女カリュプソは、オデュッセウスを惑わし故郷を忘れさせようとしています。オデュッセウスはもはや死さえ望んでいます。
オリュンポスの大神よ、あなたの御心は動きませぬか。オデュッセウスはトロイアの地でもあなたに供物を捧げていました」

ゼウス、不在のポセイドンを気にしつつ...

ゼウスが答えて言うには
「困ったことにポセイドンが怒りをおさめぬのだ。オデュッセウスに息子ポリュペモス(一つ目巨人キュプロプスの一人)の目をつぶされたからだ。しかし、ポセイドンがオデュッセウスを殺すことはない。故国を遠く放浪をさせているだけだ。今こそ、オデュッセウスをどうするか協議しようではないか。ポセイドンもたった一人で我らに反対して争うことはしまい」

オデュッセウスの屋敷に向かう女神アテネ

「では、早速ヘルメースをオギュギエ島に遣わして、仙女カリュプソに神々の決議を伝えさせようではありませんか。私はイタケへ行きます。驕慢な求婚者たちに毅然と接するよう、息子テレマコスの胸に勇気を吹き込んでやりましょう。また、ネストールの住むピュロスやメネラオスの住むスパルタにも行くよう、助言してきます」
そう言うと、女神アテネはサンダルをはき、手には槍を持ってオリュンポスを下っていきました。

オデュッセウスの屋敷では、驕慢な求婚者たちが肉を食らい、卓上ゲームに興じています。客人としてタポスのメンテスに姿を変えた女神アテネは、そんな求婚者に憤りを感じます。そんな客人にいち早く気付いたのはテレマコスです。

テレマコスは、騒々しい求婚者の声や姿が見えない場所に客人を招き入れました。

次のページへ