1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈絵画で分かりやすい旧約聖書・新約聖書

プロメテウス

縛られたプロメテウス
トマス・コール〈縛められたプロメテウス〉

アイスキュロス作:ギリシャ悲劇「縛められたプロメテウス」は、こちらから

プロメテウスは、ティーターン族イーアペトスとオーケアノスの娘であるクリュメネーとの子。したがって、あのアトラスとは兄弟になる。

スキュティアの聳え立つ岩山

プロメテウスは、〈権力〉神と〈暴力〉神に引っ立てられ、岩山の頂上につれてこられました。
後ろには、鍛冶(かじ)の神ヘパイストスがついています。ヘパイストスは、プロメテウスを岩山につなぐ枷(かせ)とクサリを持っています。

〈権力〉は、言いました。
「さっさとプロメテウスを岩山に縛り付けよ!」
ヘパイストスはあまり気乗りはしなかったのですが、父である大神ゼウスの命令では仕方がありません。

ゼウスの真意

火を盗んで人間に与えた〉という理由で、大神ゼウスに罰を与えられたプロメテウス。
実は、ゼウスにはもう1つ知りたいことがあったのです。プロメテウス(先を見るもの)だけが知っていることを。プロメテウスは、決してその秘密を明かすことはなかったのです。ゼウスが恋をしている女神との間に生まれる子が、ゼウス以上の力を持ち、彼に変わり支配者になるということを。

ゼウスは何とか秘密を知ろうとして、このような罰をプロメテウスに与えたのです。岩山につながれて、日々肝臓をオオワシについばまれます。神であるがゆえに、次の日には肝臓は元どおりになり、またついばまれる苦しみ。ゼウスの許しがないかぎり、この苦しみは永遠に続くのです。

プロメテウス
〈プロメテウス〉出典

ゼウスの秘密

〈先を見るもの〉プロメテウスは全てを知っていて、ゼウスのなすがままにしていたのです。イーオーのはるか先の子孫ヘラクレスによって、いつこの苦しみから解放されるかということも含めて。ですので、ゼウスの子、伝令の神ヘルメースがやってきて「早く秘密を明かして、楽になったらどうだ!」と言っても、プロメテウスは決して秘密を明かさなかったのです。

ゼウスに変わって支配者となるゼウスの子を生む女神とは誰なのでしょうか?それは、海の女神テティス、アキレウスの母、トロイア戦争の発端になった結婚式の花嫁です。ペーレウスとテティスから生まれた英雄アキレウス。もし、父がゼウスだったらどんなに凄い英雄、神が生まれたのか、興味がわきます。

ロックフェラーセンターの正面前にあるプロメテウス像
〈ロックフェラーセンターの正面前にあるプロメテウス像〉