アートバイブル
絵画でイメージしやすい! アートバイブル 聖書
はとバス・日帰りバスツアー 私の体験記
はとバス・日帰りバスツアー 私の体験記

1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードを絵画から分かりやすくまとめています。ギリシャ神話は美術を鑑賞する時、必ずあなたの役に立ち想像力を羽ばたかせてくれます。

麗しのネーレイデス

ネーレイデス
ガストン Bussière〈ネーレイデス〉

〈1話5分で読めるギリシャ神話〉は、できるだけ絵画をいれて、神話の世界をイメージしやすくしています。

ですが、美しい絵画があっても、神話として面白い物語がない場合もあります。主菜ではなくて副菜といったら良いのでしょうか。ネーレイデスは、副菜としてはよく出てきますが、主菜としての神話がほとんどないのです。それでも、絵画のモチーフとしては、たくさんの画家に刺激を与えているようです。

ネーレイデス
ネーレイデスは「海の老人」ネーレウスとオーケアノスの娘ドーリスの娘で、不毛の海の中に生まれました。エーゲ海の海底にある銀の洞窟で父ネーレウスとともに暮らし、イルカや半馬半魚の海馬ヒッポカムポスの背に乗って海を移動します。

主なネーレイデスには、ポセイドーンの妻であるアムピトリーテー、英雄アキレウスの母テティス、キュクロプスのポリュペモスに愛されたガラテイアがいます。
ペルセウス伝説では、カシオペアが「わたしの娘アンドロメダーのほうがネーレイデスよりも美しい」と言ったことが、妻を侮辱されたようでポセイドーンを怒らせてしまいました。

『ウィキペディア』やヘシオドスの『神統記』で〈ネーレイデス〉を調べても、多くの名前が出てくるだけで、物語が出てきません。そこで、今回はネーレイデスの絵画だけを多くご紹介いたします。

ネーレイデス
エドゥアルド Veith〈ネーレイデス〉

ぜウスとテティス
ドミニク・アングル〈ぜウスとテティス〉
オリンピックの起源〉参照

アムピトリーテー
ユーグ Taraval〈アンピトリーテー〉
ポセイドーン〉参照

カリプソ
アンリ・レーマン〈カリュプソ〉
カリュプソ島の船出 前編〉参照

ガラテイア
ギュスターブ・モロー〈ガラテイア〉
アーキスとガラテイア〉参照

アルペイオスとアレトゥーサ
〈アルペイオスとアレトゥーサ〉
アレトゥーサの告白〉参照。同じような神話〈アポローンとダフネー

最後に、ネーレイデスがその背に乗るヒッポカムポス(半馬半魚の海馬)です。

ヒッポカムポス(半馬半魚の海馬)に乗るポセイドーン
ヒッポカムポスに乗るポセイドーン