1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

ギリシャ神話ホームBest3シリーズ|そんな〜軽率すぎる神話 ベスト3

そんな〜軽率すぎる神話 ベスト3

(更新日:2021.10.26)

①ビーナスことアフロディーテと軍神アレスとの浮気!
夫が出かけたからといって、すぐ間男とベットインしてはいけません。
②テーセウスとペイリトオス
冥界の王ハーデースに向かって「あなたの奥さんを私の妻にください」
③あなたは〈不死〉になりたいですか?
しかし〈もう1つ〉のことをけっして忘れてはいけません。

軽率な神話 ベスト3

アフロディーテ(ビーナス)の浮気

美の象徴アフロディーテの夫はびっこで不細工、しかし、高い技術を持った神ヘーパイストス。そして、間男が軍神アレスです。

太陽神ヘリオスは、朝早く4頭の馬にひかせた馬車で天へ昇っていきます。だから、朝方までアフロディーテとアレスが一緒の浮気現場をたびたび見ていました。そんな太陽神はヘーパイストスが気の毒になって、アフロディーテの浮気を伝えました。

当然、ヘーパイストスは憤慨しました。しかし、妻に浮気を問いただすことはしませんでした。なぜか? 技術者としてワナを、ベッドの上に見えない鎖を張りめぐらしたのです。

ある朝、
ヘーパイストス「じゃ、仕事に行ってくるよ」
アフロディーテ「行ってらっしゃい、あなた」

夫を送り出したアフロディーテ。すぐに、軍神アレスがやってきました。

そして、ベッドインしたまさにその時、ヘーパイストスのワナが作動。透明の鎖が抱き合っている二人をとらえます。このワナは、ヘーパイストス以外は誰にも外せません。だから、浮気者二人は、夜になるまでそのままでした。

帰ってきたヘーパイストスは、大声で神々を召集し、浮気の証人になってもらいました。集まった神々の一人アポローンがヘルメースにささやきます。
「アフロディーテを抱けるなら、どんな恥ずかしい姿をさらしてもかまわないと思わないか!」

はてはて、あられまない姿をみられたアフロディーテとアレスの運命は?

アフロディーテ(ビーナス)の浮気】を読む

若きテーセウスとペイリトオス

テーセウスは、ギリシャ神話の大英雄です。しかし、親友のペイリトオスとの行動では、若気の至りとしか言いようがない事件を起こしました。

二人とも妻と死別した時、新しい奥さんは誰がいいか、話し合っているときのことです。
ペイリトオス「どうだ、ゼウスの娘なんか」
テーセウス「うん、ゼウスの娘いいね」

候補に上がったのが、まだ幼かったアルゴスのヘレネー。後にトロイア戦争の原因となった乙女。小さい時から可愛く美人と評判でした。だから、ヘレネーを選ぶことは普通に考えられます。

ですが、この先がいけません。なんと、もう一人に冥界の王ハーデースの現在の奥さんペルセポネーを選んだのです。
テーセウスがヘレネー、ペイリトオスがペルセポネーに決まりました。

さっそく二人はいとも簡単にヘレネーを誘拐して、テーセウスの母アイトラーにあずけました。その後、二人はふつう人間には行けない冥界に簡単に行きました。さすが、英雄テーセウスです。

そして、冥界の王ハーデースの前に詣でると
ペイリトオス
「あの~、王様の奥さんペルセポネー様をわたしの妻にください」
テーセウス
「こいつはいい奴なんで、なんとか望みをかなえてください」

自分の妻をもらいに来たと言われたハーデース。どう対処したか? 想像してみてください。

テーセウスはおっちょこちょい?】を読む

ヘレネとサイコロで遊ぶテセウスとペイリトオス
〈ヘレネとサイコロで遊ぶテセウスとペイリトオス〉

曙の女神エーオースの愛したティトノス

あなたは〈不死〉になりたいですか?
なれるとしても、〈もう1つ〉のことをけっして忘れないでください。「恋は盲目」と言いますが、この曙の女神は「恋はうっかり」でしょうか。

曙の女神エーオースは、朝早くアポローンの前で、天への道を登っていきます。この女神が愛したのが、美青年ティトノス。あのトロイアのプリアモス王の兄弟です。

トロイア王家は、美少年を多く輩出する家系。
ゼウスに連れ去られた初代の王トロースの子ガニュメデス。「神にも見紛う」と『イリアス』では表現されているパリス。パリスの兄ヘクトールも、絵画ではイケメン。そして、このティトノスも美青年です。

「ティトノスと永遠に一緒にいたい!」曙の女神エーオースはゼウスにお願いして、ティトノスを〈不死〉にしてもらいました。

しかし、時がたち......。後悔したエーオースはティトノスに見切りをつけ、彼をセミに変えてしまいました。

一体、何があったのでしょうか?

曙の女神エーオース】を読む

アウロラの出発
ルイ・ジャン・フランソワ・ラルグネ〈アウロラ(エーオース)の出発〉

前のページへ 次のページへ