1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

木になった神話 ベスト3

(更新日:2021.02.17)

今回の3シリーズは、すべてアポローンが関係しています。
①若き日のアポローンの過ち月桂樹になったダプネー
②ポプラの木になった息子パエトンの姉妹ヘリアデス(ヘーリオスの娘たち)
③アポローンの愛した糸杉になったキュパリュッソス
※ヘーリオスはアポローンと同一視されます。

木になった神話 知っておきたいベスト3

月桂樹になったダプネー

ベルニーニの傑作「アポローンとダプネー」。大理石でこんなにも繊細な人間が表現できるのかと思わせる、その肉体の柔らかな質感。この彫刻は、宙に浮く感じがあまりに繊細なため、崩れないよう補強されているそうです。

大蛇ピュトーンを弓矢で退治したのが、若きアポローン。そのことを得意に思っていた彼は、小さいエロースが弓矢を持っているのを見て言いました。
「おい、いたずら坊主。弓矢なんを持つんじゃない!
弓矢は、私のような怪物を倒した者が持つ武器なんだ」

「アポローンさん、ボクの矢は
あなたの胸にだって刺さるんですよ」

そう言うと、エロースはアポローンに恋心を燃やす〈黄金の矢〉を放っただけでなく、ダプネーの胸には恋をはねつける〈鉛の矢〉をも放ちました。

それにしても、アポローンは若い乙女が大好きです。しかし、どういうわけか、正式な妻にした乙女や女神は一人もいません。また、美少年も大好きです。二刀流のプレイボーイ、それがアポローンなんです。

アポローンと月桂樹になったダプネー】を読む

アポロンとダプネー

ポプラの木になったパエトンの姉妹ヘリアデス

パエトンの神話は、このサイトでも人気があります。が、意外に知られていないのが、パエトンの姉たちがポプラの木になったこと。パエトンの神話では最後にちょっと触れられる程度ですから、姉妹たちが有名でないのは仕方ありません。また、パエトンの母の名「クリュメネー」も知っている人は少ないと思います。

パエトンの死後、姉妹ヘリアデスは墓の前で長い間嘆き悲しんで、琥珀(こはく)の涙を流し続けました。遠縁のパエトンの友だちも、ツルになりました。彼はゼウスを恨んで雷火を思わせるものには近づきません。また、ツルがパエトンの墓がある水辺が好きな理由です。

パエトンの姉妹ヘリアデス、ポプラの木に】を読む

ポプラの木になったパエトンの姉妹ヘリアデス

糸杉になったキュパリュッソス

アポロンが愛した少年の一人がキュパリュッソス。
ケオス島のカルタイアの野のニンフに捧げられた金色のツノを持った大鹿がいました。首には宝石をちりばめた首輪、額にはお守り、耳には真珠の飾りがたれていました。

この大鹿を可愛がっていたキュパリュッソス。理由は定かではないのですが、彼は誤って槍でこの大鹿を殺してしまったのです。その悲しみが忘れることのないよう、「いつまでも嘆いていたい」と神アポローンにお願いしました。やがて、悲しみのために血もかれて、その体はひからびて緑色になり、糸杉になったのです。

【糸杉】(学名:Cupressus、英:Cypress)は、西洋ではきれいな円錐形になるため、クリスマスツリーに使われます。が、死の象徴でもあるため、墓地によく植えられています。イエス・キリストが磔にされた十字架は、この木で作られたという伝説もあります。

【花言葉】は、死・哀悼・絶望。死や喪の象徴とされています。文化や宗教との関係が深く、古代エジプトや古代ローマでは神聖な木として崇拝されていたほか、キプロス島(Kypros, 英: Cyprus)の語源になったとされています。(ウィキペディアより)

キュパリッソス 糸杉になった少年】を読む

糸杉になったキュパリュッソス

前のページへ 次のページへ

【ギリシャ神話の本を集めました】