※本ページにはプロモーションが含まれています。

3面体のへ力テ〈3面体のへ力テ〉

【ギリシャ神話の3処女神】のひとりへ力テ

ギリシャ神話の神々は男神も女神もみな好色で、たくさんの子供をもうけています。しかし、ヘカテは、アテナ、アルテミス女神と同じく処女神で子供がいません。

女神アテナとアルテミスについては、カテゴリーでも取り上げていますので、女神ヘカテについて調べてみました。

3面3体の姿をしたへ力テ

ホメロスは女神ヘカテについて一切語っていませんが、ヘシオドスは《テオゴニア》で熱烈な称讃を与えています。ヘシオドスによれば、へ力テはタイタン神族アステリアとペルセスとの娘で『ペルセーイス』のひとりと言われています。

へ力テは、人間に富、会議での雄弁、戦と競技での勝利、馬術、漁業、家畜の飼育での成功、育児など、あらゆる面での幸を与えます。

ティタノマキア(タイタン神族とオリュンポスの神々との戦い)で勝利したゼウスですが、タイタン神族のへ力テを尊び、彼女の本来の力をなに一つ奪わず、天上、地上、海中での力を与えました。

モロー『ゼウスとセメレ』の中のへ力テモロー〈ゼウスとセメレ〉の中のへ力テ

呪法の女神へ力テ

ヘラクレス誕生の際、へ力テはイタチに変えられてしまったガランティスを憐れみ、自分の召使の聖獣としました。

また、へ力テはギガントマキア(巨人族とオリュンポスの神々の戦い)にも参加しており、ギガースの一人クリュティオスを松明の炎で倒しています。

ギガースの1人を倒しているのはオリュムポスの12神の神々以外ではヘカテと運命の女神モイライのみであり、ここでも別格の扱いを受けています。

しかし、へ力テは後に冥界と関係づけられ、あらゆる精霊、呪法の女神となり、炬火(たいまつ)を手にし、吠えたける地獄の犬の群を従えた恐ろしい姿で表されています。

そして、へ力テは十字路、三叉(または二叉)の道に現われるもの、あるいは牝犬、牝馬、牝狼となって人に姿を現わすとも考えられるようになりました。

ウィリアム・ブレイクのヘカテブレイク〈ヘカテ〉

へ力テの彫刻は3つの身体を有し、三叉の道のおのおのを眺める姿が代表的なものです。このような道の交叉点で、彼女に毎月供物が供えられ、貧民の食事となりました。

た、へ力テは婦人たちの女神、また、夜の女神として、しばしば月神のアルテミスやセレーネーと混同されています。

ヘラクレスの妻アルクメネの侍女ガランティス、イタチになる

【ティタノマキア】オリュンポスの神々vsタイタン

→ 【ギガントマキア】オリュンポスの神々vs巨人族

へ力テ