※本ページにはプロモーションが含まれています。

ヘラ、ヒプの酢の力を借りる〈ヘラに力を貸す眠りの神ヒュプノス〉

ケストスをつけたヘラに欲情するゼウス

ヘラは、まずゼウスにここにきた嘘の理由を語ります。
「オケアノスとテテュスに会いに行く許しを、あなたから得るためにここにきました」

アフロディテのケストスの威力があり、ゼウスはヘラを口説きます。
「会いに行くのは明日でいいだろう。今はここで愛の喜びを味わおう」

さらに、ゼウスは有頂天になり、今のたかぶる気持ちをヘラに伝えます。
「ペルセウスの母ダナエ、ヘラクレスの母アルクメネ、デュオニソスの母セメレやアポロンの母レトに抱いた気持ちより、また初めての時のヘラよりも、今のヘラにどうにもならぬ気持ちにさせられたのだ」

「ここで愛の契りをしたならば、ここは高所ですからオリュンポスの神々に見られてしまい、恥ずかしくて館に帰れません。何と言われることか。どこか秘めた寝所はありませんか」

「見られることなぞ案ずることはない。わしが厚い黄金の雲を周りにめぐらす」
こうして、ゼウスはヘラと交わり満足して、ヘラの思惑どおり眠りに落ちました。

ゼウスを眠らせた眠りの神ヒュプノスは、地上に降りていくとポセイドンに告げました。
「ヘラが愛の交わりをした後、ゼウスには深い眠りをふりかけておいた。ポセイドンよ、今こそギリシャ軍を奮起させ、彼らに勝利の栄誉をあたえられるがよい」

ポセイドンは戦いの第一線に躍りでると
「アキレウスがいなくても、最大の楯と輝く兜をかぶり、手に槍を持ち突撃するぞ。わしが先頭に立つ」
すかさずアガメムノン、オデュッセウス、デュオメデスは傷をものともせず戦列を整えます。

ヘクトル、大アイアスに敗北!

彼はアイアスに向かい真っ先に槍を投げます。直後ヘクトルは味方の中に下がろうとしました。

しかし、楯で槍を防いだアイアスは大石を持ち上げ、すかさずヘクトルに投げつけました。ヘクトルは首と胸の間に大石を受けると、地に倒れ気を失ってしまいました。

ギリシャ勢は、ヘクトルを捕らえるべく多くの槍を投げつけました。が、アイネイアス、アゲノル、サルペドン、グラウコスらが楯をヘクトルの前に並べました。ヘクトルは助けられ、戦車まで運ばれました。

彼らは清きクサントス河までくると、へクトルを車から降ろし、水をかけました。目をひらいたヘクトルは膝をついて座りましたが、黒い血を吐き、また気を失いました。

こうして、ギリシャ軍はヘクトルなきトロイア軍に襲いかかったのです。戦いは白熱し、両軍の名だたる武将が多数死んでいきました。