アートバイブル
アートバイブル 1話5分で読める聖書
井の頭公園
井の頭公園

1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードを絵画から分かりやすくまとめています。ギリシャ神話は美術を鑑賞する時、必ずあなたの役に立ち想像力を羽ばたかせてくれます。

アフロディーテ

【ウェヌス(ヴィーナス):ローマ神話】ギリシャ神話の愛と美の女神アフロディーテ。エロースの母。天空神ウラノスの男性器を海に投げた時、発生した泡から生まれたといわれる。

ピグマリオン

ピグマリオン

ピグマリオンは祭礼の務めを果たした後、祭壇の前に立ってささやきました。「神さま、お願いです。私にお授けください、あの像に似た乙女を」。さすがに、「あの像の乙女を」とは、言えませんでした。
アドニス アネモネの花

アドニス アネモネの花

槍は見事にイノシシの脇腹に命中。が、イノシシはこのキズごときでは倒れません。猛然とアドニスに向かって駆けてきます。そして、逃げ出したアドニスの脇腹をその牙が貫きました。
アフロディーテ(ビーナス)の誕生

アフロディーテ(ビーナス)の誕生

クロノスが、その父ウラノスの男根をアダマスという金属の鎌で刈り取り、大海原に投げ入れました。落ちたところから白い泡がわき立ち、その中から女神アフロディーテ(ヴィーナス)が誕生しました。
エロースとプシュケー1

エロースとプシュケー1

その美しさを一目見ようと、たくさんの人々がこの国にやってきました。そのため、美の女神アフロディーテの神殿を訪れる人も少なくなり、プシュケーは女神の嫉妬を買ってしまいました。
エロースとプシュケー2

エロースとプシュケー2

その夜はこっそりランプとナイフを持って寝室に入っていました。エロースが寝入るのを確かめると、プシュケーは手にナイフをもち、ランプを掲げて、エロースを見てしまったのです。
エロースとプシュケー3

エロースとプシュケー3

「夕方までにそれぞれの山にしておくように」「あの森の水辺にいるヒツジの毛を取ってきて、羊毛の見本を持ってくること」「冥界の女王ペルセポネーから、肌のツヤが出る化粧品をもらってくること」
ウェルトゥムヌスとポーモーナ

ウェルトゥムヌスとポーモーナ

お嬢さんに相応しい神様を知っています。私が仕えている季節の神ウェルトゥムヌス様です。彼は手当たり次第に女を口説くような神ではありません。
アタランテー

アタランテー

ヒッポメネースは、最後の「黄金のリンゴ」を、横に遠く投げました。ゴールに近かったのですが、女神の力もあり、アトランテーは「黄金のリンゴ」を拾いに行きました。
アーキスとガラテイア

アーキスとガラテイア

ガラテイアは話し始めました。「両親にとても愛されていたアーキスは、まだ十六になったばかりの若者でした。でも、私の愛のほうがご両親よりも大きかったのです」
ヘーローとレアンドロス

ヘーローとレアンドロス

塔の上から見ていたヘーローは、胸騒ぎがして走り出しました。そして、人々をかき分けて中に入っていくと、大きな叫び声をあげました。「あぁ、レアンドロス様」
アフロディーテ(ビーナス)の浮気

アフロディーテ(ビーナス)の浮気

「アフロディーテ(ビーナス)を抱けるなら、どんな恥ずかしい姿を晒してもかまわない」このとき集まった神々はアレースをうらやましがったという。