1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈アートバイブル〉も、絵画でわかりやすい聖書です。

蓮の花になったドリュオぺー

蓮の花
〈蓮の花〉

ガランティス イタチのお話」は、ヘラクレスの母アルクメネーが息子ヒュッロスの嫁イオレーが妊娠していたので、自分のお産の思い出を語ったものでした。
すると今度は、イオレーが自分の身の上話をはじめました。
「でも、お母さま。そのイタチに変身した娘は私たちの縁者ではありません。私のお姉さまの不思議な話をしたら、どうお思いになるでしょう。思い出すと涙が出てきて、うまく話せるかどうか分かりませんが...」

アポロン神に純潔を奪われたドリュオぺー

イオレーには腹ちがいの姉ドリュオペーがいました。オイカリアでは一番の美人との評判を得ていました。アポロン神に純潔を失っていましたが、カリュドーンの王アンドライモンに妻に迎えられ、二人は幸せに暮らしていました。

ある日、イオレーと1才になった子供を抱いたドリュオペーは湖の岸辺にやってきました。その岸辺には、蓮が花を咲かせています。ドリュオペーは、この蓮の花を子供に与えようとして、一輪摘みました。イオレーも花を摘もうとして、

「えっ!血が?」

花から血のしずくが落ち、長くのびた茎がブルブルふるえているのです。
実は、ローティスという妖精がみだらなプリアポスの欲望から逃れるために、この蓮(ロータス)に変身していたのです。ドリュオペーはそれに気づかず、花を摘んでしまったのでした。

プリアポス
ギリシア神話における羊飼い、庭園および果樹園の守護神で生殖と豊穣をつかさどる。男性の生殖力の神。絵画ではその象徴として、果物と巨大な陰茎が描かれる。

男性の生殖力の神プリアポス
〈男性の生殖力の神プリアポス〉あまりに露骨なので修正

妖精ローティスの呪い

ドリュオペーは引き返そうとしました。しかし、足が動きません。根が生えてしまっていたのです。引き抜こうとしますが、動くのは上半身だけです。しかも、下の方から緑の茎がその上半身をおおってきます。ドリュオペーは驚いて、手で髪の毛をつかもうとしました。しかし、その手はもう大きな葉になっています。

ドリュオペーの子供は乳を吸おうとしますが、茎でになってしまった乳房からは乳は出てきません。イオレーは姉の体を抱きしめ、自分もいっしょに蓮になりたいと思いました。そして、大声をあげて、ドリュオペーの夫アンドライモンと父エウリュトスを呼びます。やってきた二人は、ドリュオペーの子供が蓮の茎にしがみついているに驚きました。イオレーは、蓮を指さします。もうかろうじて、茎の上に顔だけが残っているだけです。

「花は、みんな妖精が姿を変えたもの。だからもう、花は摘まないで」

ドリュオペーは涙で目をうるませ、水玉となって落ちます。
「神にかけて誓います。私はこのような罰を受ける罪は決して犯していません。しかし、話すことも、もうすぐできなくなりますので、申し開きもできません。せめて、この子だけは乳母にあずけてください。そして、ここで、この子に乳をあげてください。大きくなったら、『この蓮の花の中に、母さんが入っているの』と教えてあげてください。また、湖に近づいても、教えてあげてください。

『花は、みんな妖精が姿を変えたもの。だからもう、花は摘まないで』と。

さよなら、あなた。さよなら、妹よ。そして、お父さまもさようなら。わたしの坊やを抱き上げてください。まだ、ぬくもりがあるうちに、口づけをさせてください」

夫アンドライモンは、子供を抱き上げ差し上げました。その口づけがかなうと、その顔は花に変わってしまいました。

イオレーの驚くべき不思議な話を聞くと、アルクメネーは涙を流しながらも、イオレーの涙を拭ってやるのでした。

蓮華草(レンゲソウ)
一般的にドリュオペーは蓮華草になったという話が、多く出ています。が、この話の元オウィディウス『変身物語』では、蓮(の木)と出ています。どうして、あの小さな花の蓮華草になったのかは不明です。蓮の花に似ていることから、「蓮華草」という名が付いたということだけです。また、話に出てくるローティス「Lotus」の名も、レンゲソウの英訳「Astragalus sinicus」とは違います。
英名「lotus」はギリシア語由来で、元はエジプトに自生するスイレンの一種「ヨザキスイレン Nymphaea lotus」です。

蓮華草
〈確かに蓮の花と似ている蓮華草〉